2020-07-04から1日間の記事一覧

藤丸光一が超抜パワーで攻める/徳山

<徳山ボート>◇5日目◇3日 藤丸光一(53=福岡)が超抜ムードだ。準優進出戦12Rは、2コースから冷静に差して2着を確保。準優に進んだ。スリット付近の伸びが特に目立っていて、「全部いい」と納得の表情。6日目の準優は11R3枠で登場する。「スタートもエンジ…

池田浩美、4460走目で通算1000勝/びわこ

<びわこボート:オールレディース>◇G3◇3日目◇3日 池田浩美(44=静岡)が6Rで勝ち、1098人目の通算1000勝を達成した。 同県後輩の千葉真弥が逃げ態勢に入ったが、池田がへ先をかけて2Mで冷静にさばいて決着をつけた。97年11月に浜名湖でデビューしてから22…

パチンコ「話題」の「ひげ紳士」に動き…ついに「2号店」オープン!?

パチンコホールには「優良店」と呼ばれる店舗が数多く存在する。いずれも人気が高く、ユーザーの心を鷲掴みにしている印象だ。 その中でも特に有名なホールといえば「チャレンジャー幸手店」である。 同ホールの人気には、オーナーである「ひげ紳士」が深い…

「P機最凶の激ヤバ」マシン見参!「10分で万発」のマッハ連で「10万発」も!?

マジでヤバい機種である。 今、話題の『P大工の源さん 超韋駄天』で右打ちRUSHの連チャンを味わったならば、脳が焼かれるほどの陶酔感によって瞬く間にその虜となるはずである。その魅力は圧倒的スピード感。これに尽きる。 本機の連チャンモード「超源RUSH…

JRAグランプリだけじゃない! 池添謙一「北海道シリーズ」のキーマン! 夏競馬のキモ

先週で上半期の戦いが終わり、いよいよ本格的に夏競馬に突入する。競馬を今年から始めた方も、G1以外のレースも多く楽しんだ方も、このまま夏競馬を楽しみたいものだ。 G1級の馬が少ない夏競馬では、やはり頼りになるのは「ジョッキーの腕」だろう。 そこで…

JRAディープインパクト「種牡馬リーディング」2位に“ダブルスコア”の独走! それでも偉大な父サンデーサイレンスの“足元”にも及ばず?

2020年も折り返し地点を迎え、夏競馬真っただ中のJRAでは今週末から後半戦が始まる。 今年の上半期も当たり前のようにディープインパクト産駒が大活躍を見せた。コントレイルが父以来となる無敗の牡馬クラシック2冠に輝いたのをはじめ、フィエールマンとグラ…

JRAノーザンファーム「異例のゴリ押し」が生んだ“実態なきバブル”!? 新種牡馬ドゥラメンテ「絶望的」裏事情で大暴落の危機……

日本ダービー(G1)翌週から、来年のクラシックを見据える新馬戦が開幕して早1カ月。今年も様々な良血馬がデビューを果たしているが、最も話題となっているのは、期待の高かった新種牡馬モーリスの産駒が「未だ勝ち星なし」という実態だろう。 これまで16頭…

JRA武豊も注目!? 【エクリプスS(G1)展望】世界最強馬エネイブル始動戦に豪華メンバーが集結! 最大目標・凱旋門賞を占う重要な戦い

5日、イギリスのサンダウン競馬場でエクリプスS(G1)が開催される。今年のイギリス競馬は新型コロナウイルスの影響で3月17日から中断していたが、6月1日から開催を再開した。この中断期間中には2000ギニー(G1)開催日なども含まれていたため、同レースをは…

JRA兄は「1勝馬」でも2億円獲得! 「1億7000万円」弟サンデージャックの兄超えはデビュー戦が正念場!?

2歳戦がスタートし、早1か月が経過した。 今年の新種牡馬として注目を集めているのは、ドゥラメンテとモーリスの2頭だ。ドゥラメンテ産駒はのべ14頭が出走し、1頭は勝ち上がりを見せている。だが、それ以外はすべて馬券圏外で、期待通りの活躍とは言い難いだ…

JRA近親にG1馬ズラリ! シーザリオ・エアグルーヴと肩を並べる「あの一族」が送り出す超良血、父はデアリングタクトと同じエピファネイア

今年の宝塚記念(G1)はクロノジェネシスの圧勝で幕を閉じ、昨年のリスグラシューに続く牝馬の連覇となった。 振り返れば4年前にもドゥラメンテ、キタサンブラックといった名馬を相手にマリアライトが優勝したことは、まだ記憶に新しい。8番人気と低評価だっ…

まさかの非常識F…鎌倉涼2日目で即日帰郷/びわこ

<びわこボート:オールレディース>◇G3◇2日目◇2日 優勝候補がまさかの勇み足…。5Rで鎌倉涼(31=大阪)が、1枠からコンマ05のフライングを切り、後半11Rを走った後に即日帰郷となる。 8月5日からの多摩川プレミアムG1レディースチャンピオンを走り終えた後…