2020-07-11から1日間の記事一覧

パチスロ「新加速システム」実現の可能性!?「業界ビッグイベント」などヒットメーカー新情報が話題!!

パチンコ・パチスロ人気や遊戯人口の減少に、影響を与える存在として認識される「ファン参加型イベント」。 限定グッズが販売されるなど会場は大いに盛り上がりを見せるわけだが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止が発表されたイベントも…

パチスロ「超ロングAT」5号機まもなく「撤去」。最後に「幸福のチケット」を!

その看板に偽りなし。7月13日に認定期間満了を迎えるJPSの『ドリームジャンボ 幸福のチケットを君に』は、5号機史上最長ともいえる超ロングATを一撃で獲得できることで有名だ。 基本的に通常時は1枚役A(左下段デジリプ停止→ハズレ)や1枚役B(中段デジリプテン…

三角哲男、江戸川打ち切りの切り替えOK/浜名湖

<浜名湖ボート>◇前検日◇10日 初日メインの12Rドリーム戦2枠に三角哲男(53=東京)が座る。前節の江戸川G2モーターボート大賞で、予選トップ通過を果たすも、悪天候により開催が打ち切り。 優勝の可能性もあっただけに残念な結末となってしまった。「みん…

JRA七夕賞(G3)「復活」の戸崎圭太が漏らした苦しみ……落馬事故で辛かった「術後」の壮絶な闘いとは?

今週12日に福島競馬場で行なわれる七夕賞(G3)にパッシングスルー(牝4歳、美浦・黒岩陽一厩舎)で出走する戸崎圭太騎手。先週はラジオNIKKEI賞(G3)をディープキングで3着に入り、重賞で久々の活躍にファンを喜ばせた。 今年5月下旬に約半年の負傷欠場か…

RAノーザンファーム時代終焉へ「16億円」大勝負の“答え”が今週末に!? 「33億円の悲劇」から26年……日高関係者の“命運”を背負った良血がついにデビュー!

この春のクラシックでは、コントレイルとデアリングタクトという無敗の二冠馬が生まれた。それだけでも日本史上初の出来事だが、その2頭が近代競馬の「支配者」と述べても過言ではない成功を収める社台グループ・ノーザンファームの生産馬ではないことは、さ…

JRA 「霜降り明星」「元騎手藤田伸二」らが教える競馬の新しい楽しみ方!? 予想だけじゃない競馬テーマのYouTuberが熱い

増加の一途を辿るYouTuber。そんな彼らはときに競馬をテーマにした動画をアップすることもある。今回は、競馬ファンも楽しめ、予想だけには終わらない動画を投稿しているYouTubeチャンネルを紹介していきたい。 ■霜降り明星 「しもふりチューブ」 霜降り明星…

JRAモーリス産駒、今週負けると「お先真っ暗」!? 最後の切り札は「あのダービー馬」と重なる大物候補

5日、福島1Rの2歳未勝利戦に出走した2番人気 マジカルステージは勝ち馬にクビ差届かず2着に敗れた。この敗戦により、未だに勝利がないモーリス産駒の連敗記録は「21」となった。 今年の新種牡馬として大きな注目を集めたモーリス。だが、蓋を開ければ、まさ…

上滝和則エンジンで宮地元輝が得点率トップ/徳山

<徳山ボート>◇3日目◇10日 宮地元輝(33=佐賀)が6走して3勝、2着3回のオール2連対で、得点率争いのトップに立った。地元の大先輩・上滝和則から引き継いだ39号機のパワーをフルに発揮。「エンジンに馬力がある」と納得の感触だ。予選最終日の4日目は2R5枠…

びわこボートが場内入場再開、開門に列/びわこ

<びわこボート>◇初日◇10日 びわこに歓声が戻った。2月27日以来、約4カ月ぶりに本場の営業を再開した。 開門前には間隔を空けながらも列ができ、予定時刻の午前10時から10分繰り上げて開門された。新型コロナウイルス感染拡大防止策として来場者にはマスク…

【G2全国ボートレース甲子園】伝説の番狂わせ「PL学園VS池田」もびっくりの大波乱!3日目2Rで3連単12万超のビッグ配当!

47都道府県の代表レーサーが激突する『G2全国ボートレース甲子園』の3日目(9日)に、3連単12万超えの超特大ホームランが飛び出した。大番狂わせの立役者は、秋田代表の伏兵・高橋直哉(38)。一世一代のまくり差しで、梅雨空を吹き飛ばす夢舟券を演出した。…