2020-07-14から1日間の記事一覧

地元の原田才一郎がオール2連対と好調/芦屋

<芦屋ボート:ルーキーシリーズ>◇2日目◇13日 2日目が終わって地元勢の奮闘ぶりが光る。その中でも、原田才一郎(23=福岡)がオール2連対を守って得点率4位と好位置につけた。「乗り心地が良くて、回り足がいい。伸びも上田(龍星)選手とか上はいるけど、…

吉村正明が逃げて今年3度目の優勝/徳山

<徳山ボート>◇最終日◇13日 吉村正明(40=山口)が優勝した。12R優勝戦には1枠で登場。イン先制で押し切った。 シリーズを通して機力には不満顔だったが、手堅いさばきで予選1位通過。準優、優勝戦と1枠を生かして踏ん張った。 これが4月の宮島以来、今年3…

峰竜太トップSからまくり差して今年10度目V/三国

<三国ボート:第2回全国ボートレース甲子園>◇G2◇最終日◇12日 峰竜太(35=佐賀)がまくり差しを決めて全国制覇、今年10度目の優勝を飾った。2着には1枠の吉川元浩、3着には地元の萩原秀人が入った。 06年に夏の甲子園を優勝した佐賀北の、がばい旋風を完全…

登録第2014号高塚清一選手(静岡)が最年長勝利記録を更新!! ~加藤峻二元選手を抜いて歴代1位に~

本日(7月12日)ボートレース津で行われました「DMM.com 杯争奪!バッチこいカップ」第2レースにおいて、登録第2014号高塚清一選手(静岡)が逃げを決め、これまで最年長勝利記録を保持していた加藤峻二元選手の73才3ヶ月24日を塗り替え、73才4ヶ月5日の歴代…

JRA“80万超え”馬券も飛び出した「大荒れの夏競馬」で一攫千金を狙え! ギルデッドミラー&プリンスリターン3歳勢が躍進? 迷えるG1馬が波乱の立役者に!?【中京記念(G3)展望】

19日(日)に行われるサマーマイルシリーズ第2戦、中京記念(G3、芝1600m)。今年は京都競馬場改修の影響などもあり、阪神競馬場で開催されることになる。 先週は、プロキオンS(G3)、七夕賞(G3)ともに1番人気の馬が敗退。下位人気が上位に食い込んだため…

JRA武豊モンファボリに「強敵」出現か!? スプリント戦で”圧逃的”パフォーマンス! 「大差勝ち」のアノ馬がライバルに名乗り

18日に函館競馬場で行われる2歳世代最初の重賞・函館2歳S(G3)は武豊騎手で出走予定のモンファボリが断然人気になりそうだが、先週の日曜阪神で思わぬ強敵が出現した。 阪神1Rの2歳未勝利戦を川田将雅騎手のモントライゼ(牡2、栗東・松永幹夫厩舎)が2着馬…

JRA武豊、プロキオンS(G3)「元相棒」エアスピネル劇的復活をチラリ!? 「勝ったと思ったけどね……」コンビ再結成の可能性が低い理由

12日、日曜阪神のメインはダート重賞のプロキオンS(G3)が行われ、松若風馬騎手の5番人気サンライズノヴァが勝利。2着に8番人気エアスピネル、3着に9番人気ヤマニンアンプリメが入り、人気馬は総崩れ。馬連は2万2160円、3連単は82万6670円の波乱の決着に終…

JRA「地方からの怪物」ダンシングプリンス“圧逃”14年ぶり日本レコードで連勝! 「来年のドバイに」新人調教師の視線は世界の頂点へ

12日、福島競馬場で行われた彦星賞(2勝クラス)は、1番人気のダンシングプリンス(牡4歳、美浦・宮田敬介厩舎)が優勝。圧倒的なスピードで逃げ切り、単勝1.2倍の支持に応えた。 地方から帰ってきた“怪物”の快進撃が止まらない。15頭立てのダート1150mで行…

JRA横山典弘1番人気で暴走直後にまさかの「後方ポツン」炸裂! 名手が魅せた”ツンデレ”騎乗に競馬ファンも戦々恐々

12日、日曜福島10R天の川賞(2勝クラス)は横山典弘騎手のダノンファスト(牡3、美浦・菊沢一樹厩舎)が圧倒的1番人気に応えて優勝。2着ブラックヘイローを2馬身半突き放し、他馬との力の違いを見せつけた。前走の青竜S(OP)はデュードヴァンの2着に惜敗し…

【第2回全国ボートレース甲子園】史上最強への道!現役最強の峰竜太が圧巻のまくり差しで今年10回目のV!

「現役最強」峰竜太(35・佐賀)の進化が止まらない。『第2回全国ボートレース甲子園』の優勝戦が12日、石川県のボートレース三国で行われ、峰が3コースからまくり差し一撃で優勝。今年早くも10回目の優勝を飾り、史上最強への道を突き進んでいる。 やはり最…