2020-07-20から1日間の記事一覧

大久保信一郎が完調宣言「スタートが怖い」/丸亀

<丸亀ボート>◇2日目◇19日 8Rは、大久保信一郎(40=佐賀)が人気のイン今井貴士を4コースからまくり差して快勝。「久しぶりにエンジンがいいです」と自然に笑みもこぼれた。 初日を2、3着にまとめて手応えも十分だったが、2日目はしっかり勝ち切った。「行…

松田竜馬は予選トップ通過も、回り足に納得せず/大村

<大村ボート>◇3日目◇19日 松田竜馬(36=福岡)が3、1着にまとめて予選トップ通過を果たした。後半9Rは4コースから豪快にまくった。 ここまでオール3連対と好リズムだが「課題がありますね」と機力には納得とはいかない。「ターン回りがもう少し。グリップ…

土屋南がパワフル機ゲット「力強さがある」/住之江

<住之江ボート:ヴィーナスシリーズ>◇前検日◇19日 初日12Rドリーム戦3枠の土屋南が、複勝率41・8%の58号機を引いた。 5月のSGオールスターで徳増秀樹を優出(6着)に導き、続く一般戦でも前田聖文が優出(3着)した上昇機。「乗り心地はそんなに良くない…

萩原秀人が堂々3連勝「全部、普通よりいい」/蒲郡

<蒲郡ボート>◇2日目◇19日 萩原秀人(41=福井)の存在感が際立っている。初日後半から堂々の3連勝をマークするなど、得点率トップを快走中。 「スタート勝ちですよ」と謙遜しながらも、仕上がりに関しても「全部の足が普通よりもいい」と手応えを口にする…

中村翔平が初V挑む 準決快勝も「技量不足」/武雄

<武雄競輪>◇F2◇2日目◇19日 拾ったチャンスをものにした。チャレンジ準決3Rは中村翔平(27=福岡)が、同期の松本一志をまくって長野和弘とワンツーを決めた。 中村は予選で逃げ切れず4着。4着者4人の中で、準決に進めるのは2人。中村は競走得点の差で辛く…

鈴木庸之「地元G3で決勝に」連勝で予選突破/弥彦

<弥彦競輪:ふるさとカップ>◇G3◇2日目◇19日 鈴木庸之(34=新潟)がヒヤヒヤ? の連勝で準決行きを決めた。 予2・3Rは番手を奪って迎えた最終3角すぎ、大石剣士がわずかに空けたインを突いて1位入線。内抜きの審議が上がったがセーフだった。「バックから…

JRA「WIN5」は令和初キャリーオーバー! 15番人気アドマイヤジャスタ、最低人気メイケイダイハードの大波乱……カギを握った「最後の1票」はアノ馬だった

19日のWIN5は的中者がおらず、令和初のキャリーオーバーとなった。4億6409万1040円が次回(7月26日)へ繰り越されることになった。WIN5が的中者なしでキャリーオーバーとなったのは、昨年の3月3日以来。このときは7番人気(武庫川S)→14番人気(総武S)→5番…

JRA中京記念(G3)「単勝163倍」メイケイダイハード驚愕の完勝劇! “ハンデ職人”酒井学が語った「最下位人気でも勝てた」理由とは

19日、阪神競馬場で行われたサマーマイルシリーズ第2戦・中京記念(G3)は、最下位18番人気のメイケイダイハード(牡5歳、栗東・中竹和也厩舎)が優勝。単勝163倍の超大穴馬が1着でゴールし、三連単は330万馬券の大波乱となった。 18頭立てで行われた芝1600m…

JRA武豊「一生懸命走ってくれた」ピンクカメハメハ4馬身差圧勝デビュー! もはやただの「珍名馬」ではない!?

19日、日曜函館5R新馬戦(芝1800メートル)は先手を奪った武豊騎手の3番人気ピンクカメハメハ(牡2、栗東・森秀行厩舎)が直線で楽に抜け出した。2着にソディアックサイン、3着にはルミナスゲートが入った。 父のリオンディーズではなく、祖父のキングカメハ…

JRA藤田菜七子が千直の鬼ライオンボスを“愛完封”!? 夏の名物レースに覚醒した“鮎釣りオヤジ”も緊急参戦!【アイビスSD(G3)展望】

今週から夏の新潟開催が始まる。26日に行われるのは1年で最も早く決着がつく重賞、アイビスサマーダッシュ(G3、芝1000メートル)だ。 スピード自慢が集うJRA唯一の千直重賞は、1番人気がとにかく強い。過去10年で「7-1-0-2」、過去7年だと「6-1-0-0」という…