2020-08-15から1日間の記事一覧

須藤博倫が連勝、逆転で予選トップ通過/戸田

<戸田ボート>◇4日目◇14日 須藤博倫(42=埼玉)が、逆転で予選をトップ通過した。この日は連勝を飾り、12Rの佐藤翼が5着に敗れたことで、首位へ浮上。思わずガッツポーズも飛び出した。 「(10Rは)8走して一番グリップ感がありました。行き足がいいですし…

平山智加はドリーム戦1枠に「正直びっくり」/丸亀

<丸亀ボート>◇前検日◇14日 PG1レディースチャンピオンを初制覇した平山智加が、地元で凱旋(がいせん)レースを迎える。 「これまで勝てそうで勝てなかった大会。もう勝てないと思ってたから、本当にうれしかった」と振り返った。 初日12Rドリーム戦は森高…

3Rで5艇がフライング…不成立に/江戸川

<江戸川ボート>◇2日目◇14日 3Rで、5艇がフライングするアクシデントが起こった。1コース吉田宗弘、3コース坂本徳克、4コース前沢丈史、5コース多羅尾達之がコンマ03、2コース柳田英明がコンマ04のスリットオーバーとなった。 レースは不成立となり、総売り…

JRA「栗東」トレセン火災発生! 出火元は村山明厩舎か……アユツリオヤジらの安否心配される

14日、午後5時40分頃、滋賀県栗東にあるJRA(日本中央競馬会)栗東トレーニングセンターで火災が起こった。 「厩舎から黒煙が上がっている」と119番があり、消防局が消火作業にあたっているが、厩舎3棟が延焼しているという。すでに消防車など10台が消火作業…

JRA「マイネル軍団総帥」岡田繁幸氏も期待の一頭!? 小倉競馬開幕で地元九州の川田将雅騎手が大反撃か

今週16日(日)の小倉1レース未勝利戦にフリード(牝2歳、栗東・西園正都厩舎)が出走する。 オーナーは「マイネル軍団の総帥」として有名な岡田繁幸氏で、今回のレースがデビューから2戦目となる競走馬だ。 岡田繁幸氏が所有する競走馬には「コスモ」の冠名…

JRA関屋記念(G3)枠順発表で「波乱の使者」が急浮上!? 「絶好枠」は兄妹ゆかりの枠番! 10万馬券必至の穴馬に要注意

16日、新潟競馬場で関屋記念(G3)が開催される。過去10年、3連単の平均配当は5万7178円と堅いレースとは言い難い結果となっている。 今年の出走メンバーではプリモシーンが1番人気になりそうだが、2番人気以下は混戦模様。例年通り、一波乱起こる可能性は十…

JRA9馬身差V“上がり馬”ロールオブサンダー戦線離脱の衝撃……「打倒コントレイル」の野望は他のエピファネイア産駒たちに託される

先月5日の兵庫特別(2勝クラス、芝2400m)で、2着に9馬身差をつけて圧勝したロールオブサンダー(牡3、栗東・橋口慎介厩舎)。菊花賞(G1)を目標に、秋は神戸新聞杯(G2)からの始動を視野に入れていた同馬が、右前屈腱炎を発症。管理する橋口師は「スポニ…

JRAフェブラリーSより魅力的!? 「総額20億円」サウジカップの賞金が開催半年を経て、ようやく一部支払いへ

“世界最高賞金レース”として新設されたサウジカップの賞金が、ようやく一部陣営に支払われることになったという。 今年2月、総賞金2000万ドル(約20億円)、1着賞金1000万ドル(約10億円)の高額賞金を目当てに、世界各国から強豪が集い、華々しく開催された…

JRA“芦毛の暴れん坊”産駒は優等生!? コスモアシュラ、父と同じ出世レースから大舞台に羽ばたけるか

2歳戦が始まって、早2カ月が過ぎた。先週の新潟開催では、函館2歳S(G3)以来となる2歳オープン競走・ダリア賞が行われた。来年のクラシックに向けて、若駒たちの戦いも熱を帯びてきた。 15日(土)、札幌10Rに行われるコスモス賞(OP)も注目のレースだ。 …

JRA 3戦3勝でも「不向き?」アストラエンブレム関屋記念(G3)で重賞初Vへ! 新潟マイルと「苦手」輸送を克服できるか

今週末は、約1か月ぶりの3場開催。16日(日)には、小倉競馬場で小倉記念(G3)、新潟競馬場では関屋記念(G3)が行われる。 2つの重賞レースに計3頭を送り込むのは、今年わずか4勝と不振を極める小島茂之厩舎だ。小倉記念には、アウトライアーズとロードク…

JRA苦渋の無観客継続も、世界のビッグレースは対応様々。凱旋門賞(G1)とは対照的に、アメリカのクラシックレースは大観衆動員か

JRAでは2月29日から始まった無観客競馬が依然として続いている。当初は、今週末の15日から新潟競馬場のみ、有観客開催の実施が予定されていた。しかし、8日に「全国規模での新型コロナウイルスの感染拡大傾向が顕著」という理由から、無観客開催が継続される…

あの小平奈緒の後輩・梅川風子がアルテミス賞を快勝! 初日ドリームの脇本雄太に続き、ナショナルチーム組が存在感!【G1オールスター競輪】

ファン投票による真夏の祭典『G1名古屋オールスター競輪』は13日、序盤の2日目を終えた。 女子のファン投票8~14位による9R「アルテミス賞」は、小平奈緒の後輩で、元スピードスケート選手の梅川風子(29・東京)が勝利。5番手から最終1角でスパートして、力…