2020-09-11から1日間の記事一覧

水摩敦、5コースまくり差しで機力に確信/宮島

<宮島ボート:宮島チャンピオンカップ>◇G1◇初日◇10日 イン逃げ10本と堅い決着が続いた初日、波乱を演出したのが水摩敦(34=福岡)だ。6Rは5コースから鋭くまくり差してイン佐藤翼をとらえた。 「狭いところを割って出られたんだから、出足はいいと思いま…

峰竜太がドリーム快勝 今節も主役は譲らん!/宮島

<宮島ボート:宮島チャンピオンカップ>◇G1◇初日◇10日 初日12R「厳島ドリーム1st」は峰竜太(35=佐賀)がインから逃げて完勝、しっかり人気に応えた。 前検から好気配をにじませていたが、「出足も伸びもいい。エンジンにパワーがある」とレース後も納得の…

中村かなえが波乱「足いいのがばれている」/浜名湖

<浜名湖ボート:ヴィーナスシリーズ>◇3日目◇10日 3日目7Rで中村かなえ(27=東京)が6コースから大まくりを決めた。 3連単は5万円を超えるビッグ配当。「10万舟かと思った。足がいいのが、ばれてるのかな(笑い)」と、うれしそうに話した。4日目の出番は3…

絶好調・広中智紗衣が予選1位通過目指す/浜名湖

<浜名湖ボート:ヴィーナスシリーズ>◇3日目◇10日 広中智紗衣(39=東京)が、2日目から4連勝した。 トータルでも6戦5勝2着1回と準完全ペースで、得点率トップに立った。「これだけ1着を並べると、だんだんとプレッシャーが…。緊張してきます」と胸の内を語…

JRA紫苑S(G3)マルターズディオサ「No.1」の実績はここでも通用!? 敗因ハッキリのクラシック2戦「完全休養」で状態に自信

12日(土)、中山競馬場で行われる紫苑S(G3)に、マルターズディオサ(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎)が出走を予定している。 新馬戦こそ敗れたものの、次の未勝利、サフラン賞(1勝クラス)と2連勝。阪神ジュベナイルフィリーズ (G1)2着、続くチューリップ…

前田将太、水面の苦手意識を吹き飛ばす!/平和島

<平和島ボート>◇前検日◇10日 前田将太(32=福岡)が前検1番時計、6秒62をたたき出した。 足合わせでも「前田選手に行かれた」と選手間で評判。前田自身は「同班で北山(康介)が目立ってました」と謙遜したが、底力を発揮できそう。平和島は「1度も優出し…

深山祐二、1着勝負の4R1枠で必勝態勢だ/尼崎

<尼崎ボート>◇2日目◇10日 深山祐二(43=佐賀)が2日目8Rでエース級の14号機を味方にまくりを放った。5枠の石川真二(50=福岡)が前付けに動いて深山は5カド。コンマ07のトップタイミングからスリット後も伸びて内の艇を一網打尽。豪快に攻め立てた。 「…

JRA「220万馬券」再現!? 京成杯AH(G3)5年前の大波乱コンビは「複勝率69.2%」「複勝回収率158%」の超お買い得

13日、中山競馬場で京成杯AH(G3)が開催される。昨年は開幕週の馬場と軽ハンデを味方につけたトロワゼトワルが優勝。逃げ切り勝ちでレコード更新という衝撃の走りを見せた。 同レースは、過去10年の3連単平均配当が28万4499円と荒れるハンデ重賞でもある。2…

赤坂俊輔、整備でエース機パワーアップだ/芦屋

<芦屋ボート>◇4日目◇10日 赤坂俊輔(37=長崎)が準優12Rを危なげなく逃げて1着。優勝戦は2枠に座る。 「エンジンはいいです。直線は上位。でも、行き足がまちまち。原因はキャブだと思うから洗浄してみる」と、整備効果で上積み狙う。相棒はエース機38号…

元気や笑顔を届けたい 寄付活動が認められ紺綬褒章

みなさま、こんにちは。1日に公益財団法人日本財団で紺綬褒章(※)の伝達式に行ってきました。日本財団の笹川陽平会長から伝達を受けました。大変、身の引き締まる思いでした。 日本財団「災害復興特別基金」に寄付を続けた功績が認められ、紺綬褒章を受章し…

JRA「34年間馬券圏外」京成杯AH(G3)スマイルカナに重くのしかかる“ジンクス”と苦手「休み明け」

13日(日)、秋競馬の開幕週を飾るのはマイルのハンデ重賞、京成杯AH(G3)だ。今年はスマイルカナとルフトシュトロームの3歳馬2頭に注目が集まっている。9日時点、『netkeiba.com』の予想オッズで1番人気に支持されているのはスマイルカナ(牝3歳、美浦・高…

JRA「武豊×清水久詞」がキタサンブラック旋風再び!? 近親にダービー馬の大物候補で名コンビが「3年ぶり」に大暴れか

今年6月、現役時代にG1・7勝を挙げたキタサンブラックが史上34頭目の顕彰馬に選出された。北島三郎オーナー(名義は大野商事)と武豊騎手のコンビで社会現象を巻き起こし、生涯獲得賞金は歴代1位の18億7684万3000円。名実ともに歴史に残る名馬である。 キタ…

JRA紫苑S(G3)池添謙一「ダービーを獲れる器」とまで語った兄への思い……忘れられない「あのコンビ」が妹で復活!

兄をG1制覇へ導いた「あのコンビ」が妹で復活する。 12日(土)、中山競馬場で行われる紫苑S(G3)に、ホウオウピースフル(牝3歳、美浦・大竹正博厩舎)が出走予定だ。 鞍上は前走の内田博幸騎手に替わり、兄ブラストワンピースをGI勝利へ導いた池添騎手が…

JRAセントウルS(G2)今度こそ「幻」ではなく「現実」のG1馬に……アノ馬の「倍返し」に期待できる”今年”だからこその理由

13日、中京競馬場ではサマースプリントシリーズ最終戦・セントウルS(G2)が行われる。過去10年、スプリンターズS(G1)で最多となる5勝を挙げているように、最も本番に直結する前哨戦といえるだろう。 だが、今年は例年の阪神競馬場ではなく、中京競馬場で…