2020-09-25から1日間の記事一覧

JRA「病み上がり多数」オールカマー(G2)は”リハビリ競走”!? 単勝回収率「347%」新パートナーでジェネラーレウーノが「快気祝い」をあげるか

27日、中山競馬場でオールカマー(G2)が開催される。G1・3勝で実績最上位のフィエールマンが回避を表明したことで、混戦となりそうだ。 今年のオールカマーの出走メンバーの特徴として、“病み上がり”の馬が多いことが挙げられる。 脚部不安により休養をして…

平田忠則が全国24場制覇へ、好セット引いた/戸田

<戸田ボート>◇前検日◇24日 初日メイン12R選抜戦1枠には、平田忠則(43=福岡)が座る。 エンジン、ボートとセットで複勝率40%超えを引き当て「伸びる感じではないけど、ターン回りは良かった」と前検の感触は悪くない。全国24場制覇へ、残すは当地のみで…

JRA武豊・凱旋門賞挑戦でマテラスカイ東京盃(G2)「代打」C.ルメール騎手とコンビ結成!! あの「騎乗停止中」若手騎手他も無念の乗り替わりが……

10月7日(水)に大井競馬場で開催される東京盃(G2)に出走予定のマテラスカイ(牡6、栗東・森秀行厩舎)の鞍上をC.ルメール騎手が務めることがわかった。コンビを組むのは2017年11月の円山特別(1000万下/8着)以来、約3年ぶりのことになる。 マテラスカイ…

祝!ウマ娘~プリティーダービー Season 2~制作決定!武豊の再出演、アーモンドアイ、デアリングタクト、コントレイルの登場は? 再放送情報も!

ウマ娘~プリティーダービー~ ティザーPVより 競馬ファン、そしてアニメファン待望のニュースが飛び込んできた。2018年に公開され瞬く間に人気を博した競馬アニメ『ウマ娘~プリティーダービー~』(Cygames)のシーズン2の制作、そして2021年の公開が発表…

芝田浩治がデビュー30年4カ月で2000勝/福岡

<福岡ボート>◇5日目◇24日 芝田浩治(48=兵庫)が通算2000勝を達成した。 7Rで握る井上大輔の展開に乗って、まくり差しを決めた。90年5月に尼崎一般戦でデビューして30年4カ月、7186走目での達成となった。 「福岡はSGで初めて優出(16年10月ダービー)し…

瓜生正義がフライング…蒲郡CCは選出除外/徳山

<徳山ボート:ダイヤモンドカップ>◇G1◇2日目◇24日 今年の獲得賞金ランキング8位の瓜生正義(44=福岡)が、6Rでコンマ03のフライングに散った。「いつもと違う位置からだったので、早く起こし過ぎた」と痛恨の表情を見せた。 11月14日までの福岡67周年終了…

6Rで3艇フライング…権藤俊光は非常識F/徳山

<徳山ボート:ダイヤモンドカップ>◇G1◇2日目◇24日 6Rで集団フライングが発生した。1枠権藤俊光(33=大阪)、3枠松尾拓(32=三重)、6枠瓜生正義(44=福岡)の3人がスリットオーバー。 このうち権藤はコンマ12の非常識なFで「気合が入り過ぎました。メン…

JRA順調コントレイルの裏に「歴代ホースマン」の英知。「厩務員が泣いた」ディープインパクト、「単勝1.0倍裏切る」ナリタブライアンが陥った夏のワナ

いよいよ、史上3頭目となる無敗の三冠を目指しコントレイル(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が、27日の神戸新聞杯(G2、中京・芝2200m)から始動する。 ここまでG1・3勝を含むデビュー5連勝。特に、皐月賞(G1)で半馬身差の接戦を演じたサリオスを3馬身突き放…

パチンコ新台『北斗無双 第3章』の勝利を確信!?「継続率90%」「圧倒的な速さ」を期待…「無双史上、最高傑作」で“覇権”を目指す!!

トップメーカーとしてパチスロ業界を牽引してきたサミー。 大金字塔を打ち立てた『パチスロ北斗の拳』の衝撃は今でも色褪せない。そんなパチスロの巨人もパチンコ界隈では長らく結果を残せずに苦戦を強いられているイメージであった。 『CRくだもの畑』や『C…

JRA武豊「チーク」で“色気”!? 凱旋門賞(G1)を直前に控え神戸新聞杯(G2)で「キーファーズ」マイラプソディに「一変」の気配

先週、武豊騎手にとって3年連続9度目の凱旋門賞(G1)挑戦が決まった。 凱旋門賞では、(株)キーファーズがクールモアグループと共同所有するジャパンで出走予定。 その1週間前となる今週27日は、神戸新聞杯(G2)でマイラプソディ(牡3歳、栗東・友道康夫…

JRA「回避」オールカマー(G2)フィエールマン「大目標ジャパンカップ」が危険のサイン!? 今秋のローテが昨夏の悪夢を呼び起こすか……

27日(日)、1着馬に天皇賞・秋(G1)の優先出走権が与えられるオールカマー(G2)が中山競馬場で行われる。中心視されるのは、天皇賞・春(G1)以来の実戦となるフィエールマン(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎)だったが、残念ながら熱発により同レースを回避…

JRAキセキ「痛恨」再教育は先延ばし!? 凱旋門賞(G1)武豊「迷いなく参戦」で京都大賞典(G2)”臨時講師”はあのダービージョッキー

17日、武豊騎手が凱旋門賞(G1)に、キーファーズが共同所有する愛国調教馬ジャパンとのコンビで参戦することが正式に決まった。武豊騎手も「近況の成績からジャパンは伏兵でしょうが、しっかり準備していきます」とコメントし、3年連続9度目の挑戦に強い…

JRAコントレイルに“ボコボコ”も「恒例行事」!? 追い切り“惨敗”ステイフーリッシュにオールカマー(G2)激走気配

27日、中京競馬場で神戸新聞杯(G2)が開催される。注目を集めるのは、菊花賞(G1)で無敗の3冠に挑むコントレイルだろう。 23日に行われた最終追い切りは栗東・坂路コースで、4ハロン51秒6、ラスト12秒5の好時計をマーク。矢作芳人調教師も「何も言うことは…

磯部誠G1初Vで18位浮上、女子は守屋美穂が猛追

<ROAD TO グランプリ&クイーンズクライマックス> プレミアムG1びわこヤングダービーは、磯部誠(30=愛知)がラストチャンスを生かして優勝。賞金順位はSGグランプリ出場圏内の18位まで上がってきた。賞金トップは唯一、1億円超えの峰竜太が快走。女子賞…