2020-10-15から1日間の記事一覧

JRA秋華賞(G1)リアアメリアは「ファインモーション級」か!? 前走「完全復活」が“裏目”に出る意外な理由とは……

18日、京都競馬場では注目の秋華賞(G1)が開催される。デアリングタクトが無敗の牝馬3冠を目指す一方、他陣営の合言葉は『打倒デアリングタクト』。その筆頭格が前走のローズS(G2)で復活の勝利を飾ったリアアメリア(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。 1…

甘デジ新台 『魔法少女まどか☆マギカ』初打ち感想は?「万発はコンスタントに」「ハードルが高い」など「強力すぎるRUSH」に賛否両論…

数々の魅力的なパチンコ機種を世に送り出してきた実力メーカー京楽産業.。最近では『Pぱちんこ仮面ライダー轟音』がホールに導入され、「正義の時短」と「強力ST」を武器に多くのユーザーを虜にした。 更に甘デジ分野でも『ぱちんこ新・必殺仕置人 TURBO』が…

中沢和志、低調セットも総合力で踏ん張る/戸田

<戸田ボート>◇前検日◇14日 中沢和志(44=埼玉)が、戸田選抜の1枠に組まれた。ただ、45号機は複勝率19・2%、ボート33番は同23・3%の低調セット。「全体にもう少しかな」と手応えは芳しくない。それでも同班から「ナカちゃん(中沢)が良さそう」との声…

松田大志郎が優勝戦1枠「足は全体にいい」/福岡

<福岡ボート>◇5日目◇14日 松田大志郎(32=福岡)が優勝戦1枠の座を手にした。準優12Rではコンマ12のスタートを決めて押し切った。 「足は全体にいい」と節一の仕上がりだ。それでも、準優は少し調整が合っていなかった。「スリット後に伸びていたので手前…

【新台】P新日本プロレス 設定付きパチンコ | スペック ボーダー 止め打ち 信頼度

新日本プロレスのパチンコが登場。 ・スペック・ボーダー・止め打ち・演出信頼度 などの情報を随時更新していきます。 目次 機種情報 基本情報 導入日 スペック 概要 振り分け ボーダー 止め打ち 演出信頼度 まとめ 機種情報 基本情報 機種名 P新日本プロレ…

JRA武豊を惑わす「騎乗馬問題」ジャパンC(G1)「ちょっと待ったコール」でキーファーズ参戦!? “こだわり”が織りなす「三つ巴」に発展か

秋のG1開催が幕を明け、その初戦となったスプリンターズS(G1)は、「鞍上問題」で揺れに揺れた。 1番人気のグランアレグリアが、池添謙一騎手からC.ルメール騎手へ。3番人気のダノンスマッシュも三浦皇成騎手から川田将雅騎手へと乗り替わり。さらには、福…

平尾崇典が今年2度目優勝 中へこみ動じず/浜名湖

<浜名湖ボート:マスターズリーグ>◇G3◇最終日◇14日 平尾崇典(47=岡山)がイン逃げで8月丸亀に続く、今年2度目の優勝を飾った。 やや中へこみのスリット隊形となったが、慌てることなく1Mを先マイして決着をつけた。「5日目までの成績を信用して、最終日…

吉川昭男が貫禄の2連対も「まだ70点」/びわこ

<びわこボート:秩父宮妃記念杯>◇G2◇初日◇14日 地元の総大将が黙っていない! 吉川昭男(47=滋賀)が2連対の好スタートを切った。 2コースに入って挑んだ前半4Rは、滋賀支部の後輩是沢孝宏のまくり差しに踏ん張って2着。後半9Rは6枠吉田俊彦が2コースを奪…

是沢孝宏がまくり差して地元勢初勝利/びわこ

<びわこボート:秩父宮妃記念杯>◇G2◇初日◇14日 是沢孝宏(35=滋賀)が、地元勢の初白星を飾った。 1回走りの4Rは1枠に田頭実、4枠に同じ滋賀支部の番長・吉川昭男と強豪がそろったが、是沢は落ち着いて吉川を迎え入れ3コース戦。コンマ04のトップスタート…

河合佑樹は連勝スタートにも納得せず…/びわこ

<びわこボート:秩父宮妃記念杯>◇G2◇初日◇14日 河合佑樹(33=静岡)が連勝発進を決めた。 開幕戦の前半1Rは、鋭発を決めた地元片橋幸貴に乗って冷静に艇間を突き、インで迎えた後半5Rは逃げて後続を突き放した。前回に米田隆弘が駆って優出5着の47号機は…

JRAサートゥルナーリア「評価急落」のしくじり。アーモンドアイ“忖度”の一員になり下がった超良血馬……。1年前に「破綻」した壮大な計画とは

11月1日、東京競馬場で天皇賞・秋(G1)が開催される。今年の注目は何と言っても、JRA史上初の芝G1・8勝をかけて出走するアーモンドアイだろう。 今年のヴィクトリアマイル(G1)を制し、最多タイの芝G1・7勝を挙げたアーモンドアイ。次走の安田記念(G1)は…

JRA秋華賞(G1)岡田代表デアリングタクト、「ファンが望めば」熱い想いに競馬ファンも大興奮……コントレイルとの対決や凱旋門賞(G1)も視野!?

18日、京都競馬場では秋華賞(G1)が行われる。牝馬3冠の最終章のレースで、史上初となる無敗の牝馬3冠に挑むのがデアリングタクト(牝3、栗東・杉山晴紀厩舎)だ。 競馬史上、これまで牝馬3冠に輝いた馬は1986年メジロラモーヌ、2003年スティルインラブ、10…

元JRA藤田伸二氏と笠松競馬元調教師が異例のコラボ!? あの“事件”の真相が明らかになるか

あの“事件”の真相が語られるのか……!? 6月23日、笠松競馬は「笠松競馬関係者から、競馬法第29条違反(馬券購入)の疑いで警察の捜索を受けた旨報告がありました」と発表。後日、佐藤友則騎手、島崎和也騎手、山下雅之騎手、そして尾島徹調教師の4人が、任意で…

JRA松山弘平に襲い掛かる「ダブルパンチ」。秋華賞(G1)デアリングタクトの3冠達成に「黄信号」の理由とは

18日(日)、京都競馬場では牝馬3冠の最終戦、秋華賞(G1)が開催される。主役はもちろん無敗の牝馬3冠を目指すデアリングタクト(牝3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)だ。 鞍上はデビュー戦から手綱を取る松山弘平騎手が務める。3月に30歳を迎え、すでに自己ベスト…

JRA武豊「不在」の中、“全弟”厩舎からキタサンブラック全弟がデビュー。初戦から名コンビならずも、鞍上は兄弟ゆかりのアノ騎手

18日、京都競馬場で秋華賞(G1)が開催される。史上初となる無敗の牝馬3冠がかかるデアリングタクトに多くのファンが熱い視線を送ることだろう。 先週の開催から指定席限定で競馬場への観客入場が再開。抽選でプラチナチケットをゲットしたファンは現地で歴…

高橋悠花が予選突破、デビュー初優出を狙う/徳山

<徳山ボート:ヴィーナスシリーズ>◇4日目◇13日 高橋悠花(29=岡山)が、8Rでカドまくりを決めて勝負駆けに成功した。 得点率6・57で5人が並んだが、3勝の固め打ちが実り、上位着順の差で予選15位となり、ベスト18入りを果たした。 「全然、意識はしていま…