2020-10-29から1日間の記事一覧

小原聡将、水上バイク世界一の技で準優だ/びわこ

<びわこボート>◇3日目◇28日 びわこ初登場の小原聡将(26=東京)は、デビュー初の準優進出を目指す。この日3R、初めてのイン戦は4着に敗れたが「乗り味が良くて、起こしてからのスピードも悪くない」と、12号機に手応えを感じている。師匠の若林将と相談し…

松井洪弥、連勝で準優の最善枠を目指す/びわこ

<びわこボート>◇3日目◇28日 松井洪弥(27=三重)が準優入りへあきらめない。この日は1Rを逃げ切ったものの、11Rは展開なく5着。それでも「伸びは良かったし、出足もいい。中の上はある」。引き揚げてきた松井の表情は明るかった。準優進出ボーダーは低め…

JRA第2の“デアリングタクト”誕生も!? セレクトセール「6億馬」が1050万で売却! 大盛況ノーザンファーム繁殖牝馬セールで「黒歴史」再び?

27日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで、「ノーザンファーム繁殖牝馬セール」が開催された。 昨年からノーザンファームは、上場頭数が多くなりすぎたなどの理由から自社でのセールを開催している。初年度はプリメラビスタ(未供用、4歳、父オルフェ…

松尾夏海デビュー初V狙う 優勝戦は誕生日/常滑

<常滑ボート:ヴィーナスシリーズ>◇5日目◇28日 松尾夏海(28=香川)が、デビュー初優勝を狙う。準優12R、鎌倉涼との2着争いに競り勝ち、今年4回目の優出を決めた。 「足は直線が良さそう。スタートも勘通り。優勝戦はダッシュ戦で良かった」と力強いエー…

遠藤エミが優勝戦1枠ゲット!当地初V狙う/常滑

<常滑ボート:ヴィーナスシリーズ>◇5日目◇28日 予選トップ通過の遠藤エミ(32=滋賀)が、準優12Rでただ一人、ゼロ台の踏み込みから逃げて、優勝戦1枠を得た。 「エンジンがいい。回ってから押す感じがある」と、納得の仕上がり。今節はイン戦で3勝の安定…

田口節子2枠優出「行き足を改善できれば…」/常滑

<常滑ボート:ヴィーナスシリーズ>◇5日目◇28日 田口節子(39=岡山)が、準優11Rで逃げて優出を決めた。 「行き足になっていない。乗り心地は許容範囲。伸びは上位です。行き足を改善できれば出足が良くなる」と思案する。近況は蒲郡、徳山と2節連続優勝中…

大滝明日香が当地連続Vへ「展開を突きたい」/常滑

<常滑ボート:ヴィーナスシリーズ>◇5日目◇28日 大滝明日香(41=愛知)が、準優10Rを2コースから差して2着で優出。当地連続優勝の挑戦権を得た。 「乗り心地が良くなっている。出足は悪くない。スタートコンマ10を全速で行って展開を突きたい」とレースの…

元JRA細江純子さん「アーモンドアイ限界説」示唆!? 天皇賞・秋「正直、あれ?」「今までとは少し違う」大記録目前も拭えないロードカナロア産駒の傾向

28日、前人未到の芝G1・8勝目を目指す女王アーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)が、天皇賞・秋(G1、11月1日)に向けての最終追い切りを行った。 美浦のWコースで3頭併せ馬を行ったアーモンドアイは、僚馬2頭を追い掛ける形で5ハロン64.4秒、ラスト12.…

【アルテミスS】無傷のV3狙うウインアグライア想定外の爆発力

【アルテミスS(土曜=31日、東京芝1600メートル)POGマル秘週報】2020年の2歳新馬戦の幕開けは6月6日。そう、GⅢアルテミスSに出走するウインアグライアは、東京競馬場で行われた今年最初の新馬戦(芝1600メートル)を制した記念すべ…

【天皇賞・秋】スカーレットカラー好調のバロメーターは体重ではなく「物見」

【天皇賞・秋(日曜=11月1日、東京芝2000メートル)栗東トレセン発秘話】馬体重の発表。これこそがレース前に競馬ファンが一喜一憂する大きな盛り上がりどころです。発表された数字に大きな増減があった馬がいれば、より目を血走らせてその体をチェ…

V候補の中田竜太「悪いってことない」/戸田

<戸田ボート>◇前検日◇28日 初日メインの12R選抜戦1枠には中田竜太(32=埼玉)が座る。 コンビを組む56号機は複勝率27・4%の低調機。これには中田もすぐにペラをたたいた。「乗りづらさはあるけど、足ですごく悪いってことはない。スタートも届かないこと…

上野真之介がペラ調整奮闘「少し重たさある」/福岡

<福岡ボート>◇前検日◇28日 上野真之介(32=佐賀)は、前検のペラ調整が何とか実りそうだ。最初に乗った時は、「全く乗れない感じだった」と即座に調整を決断。スタート特訓では悪くない動きを見せていた。 「悪くはないけど、抜けた部分はない。少し重さ…

JRAに苦情殺到「基準が不明確」「納得できない」……。コントレイル、デアリングタクト「3冠対決」に現実味も、蘇る苦い記憶

夢の対決が早くも実現するかもしれない。 28日、史上初となる無敗の牝馬3冠を達成したデアリングタクトがジャパンC(G1)に向かうことが明らかになった。引き続き、鞍上は松山弘平騎手が務める。 管理する杉山晴紀調教師は「放牧先(宇治田原優駿ステーブル…

JRA武豊を背に「2度目」のデビュー戦!? ディープインパクト産駒「大暴走」から2カ月……“怪物”再び!

あの「大暴走」から2カ月……話題の“怪物”が「2度目」のデビュー戦を迎える。 31日、京都競馬5R新馬戦(芝2000m)に、ディープモンスター(牡2歳、栗東・池江泰寿厩舎)が出走を予定している。 8月23日、小倉競馬場で行われた5R新馬戦(芝1800m)。断然の1番人…

JRA天皇賞・秋(G1)福永祐一「己との闘い」3冠ジョッキーが背負う“赤い十字架”。 15年前の「苦い記憶」払拭なるか

先週の菊花賞(G1)でコントレイルに騎乗し、クラシック3冠を達成した福永祐一騎手。 11月1日に東京競馬場で行われる天皇賞・秋(G1)には、フィエールマン(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎)に騎乗する予定だ。 いまや水色に赤のバッテンがお似合いな福永騎手だ…

JRA福永祐一争奪戦が早くも勃発!? コントレイルに続く「極上」素質馬が続々集結……本人が明かした来春クラシックのパートナー有力候補とは

史上3頭目の無敗3冠を懸けた菊花賞(G1)では、2着アリストテレスにクビ差まで追い詰められたものの、福永祐一騎手はコントレイルを無事に勝利へと導いた。 関係者によるとレース後、福永騎手は「想定外」の苦戦を強いられたコントレイルについて「正直、菊…

JRA「悪夢再び」北村友一ダノンザキッド無念の降板も「自業自得」!? ダノンスマッシュに続き、またもや川田将雅に乗り替わり……

27日、新馬戦を快勝したダノンザキッド(牡2歳、栗東・安田隆行厩舎)が川田将雅騎手とのコンビで東スポ杯2歳S(G3)に挑むことが明らかになった。 6月の新馬戦で2着に3馬身差をつける勝利を飾ったダノンザキッド。ゴール前は手綱を緩める余裕の走りには、大…

JRA天皇賞・秋(G1)の裏で「ダート最強馬」決定戦!? 松田国英厩舎の「秘密兵器」2頭が仮対決か……名伯楽が「G1級」と評した素質馬が登場

11月1日、東京競馬場では古馬のチャンピオンを決める天皇賞・秋(G1)が行われる。史上初となるG1・8冠を目論んだ春の安田記念を2着に敗れたアーモンドアイが出走することもあり、レースの行方には多くの注目が集まるだろう。 だが、同日の裏開催となる京都1…

JRAコントレイル早くも「凱旋門賞」1番人気!? 次走ジャパンC(G1)未定も……「課題クリア」の菊花賞勝利が挑戦を後押し?

JRA史上3頭目の無敗3冠馬に輝いたコントレイル(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)。今後は大山ヒルズへ放牧される予定で、担当する金羅助手は「(年長馬との戦いになる)これからは、挑戦者の気持ちでいけますね」とさらなる飛躍を期待した。 世代トップとして、こ…