2020-11-18から1日間の記事一覧

清埜翔子に良機「試運転は乗りやすさあった」/戸田

<戸田ボート>◇前検日◇17日 清埜翔子(29=埼玉)が、行き足に定評のある18号機を手に入れた。 「地元で久々にいいのが引けました」。戸田では低調機や数字はあっても近況下降など抽選に恵まれないことが多かったが、やっと流れが変わった。「試運転は乗り…

池田浩二が待望の初勝利「普通くらいになった」/津

<津ボート:ツッキー王座決定戦>◇G1◇3日目◇17日 池田浩二(42=愛知)が12Rを逃げ切り待望の初勝利。得点率8位タイに浮上した。 序盤は機力に不満を抱いていたが、2日目のキャリアボデー交換に正解を出して、戦える雰囲気を持ち合わせてきた。「普通くらい…

今井貴士がヘビー級王座チャンピオンに君臨/びわこ

<びわこボート>◇最終日◇17日 ヘビー級王は俺だ! 今井貴士(36=福岡)が鋭発を決めて逃げ切り、2月宮島以来、通算35度目の優勝を飾った。 江夏満が外マイで続いて福岡ワンツーを決めた。インからコンマ07のトップスタートを決めて1Mを先取り、後続を突き…

在校2位の藤森陸斗を含め地元3人がデビュー/福岡

<福岡ボート>◇前検日◇17日 今節は127期の地元3選手がデビューを飾る。藤森陸斗(21=福岡)は在校勝率6・89と2位だった。「外からのコースでも、上の着を奪える選手になりたい」とデビュー戦に気持ちを高ぶらせた。 丸山祐也(25=福岡)は「まずは半期でB…

JRA藤沢和雄まさかの「距離誤認」疑惑!? マイルCS(G1)グランアレグリア「使うところ間違えた」来年のビッグタイトル言及の裏事情とは

22日、阪神競馬場でマイルCS(G1)が開催される。翌週に世紀の一戦となるジャパンC(G1)を控えるが、G1馬8頭が集結する今週末のビッグレースも大きな注目を集めるだろう。 その中でも、1番人気が予想されるのがグランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎…

JRA福永祐一「結果だけが100点ではありませんでした」マイルCS(G1)「今年こそは……」で20年!? インディチャンプで「初挑戦」目覚めぬ「悪夢」に思うのは……

22日、阪神競馬場で行われるマイルCS(G1)に、インディチャンプ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が出走を予定している。 鞍上は福永祐一騎手。いまやクラシック三冠ジョッキーとなり、押しも押されもせぬトップジョッキーだ。ただ、マイルCSはこれまでに2着が…

宇野弥生が今年初優勝で喜びを爆発!/児島

<児島ボート:オールレディース>◇G3◇17日 宇野弥生(34=愛知)が逃げ切って今年初優勝を飾った。守屋美穂が2コースから差し迫ったが、動じなかった。バックで突き放して勝負あり。「すごく緊張していたのでホッとしました。すごくうれしい」と昨年5月多摩…

非凡な新鋭・前田篤哉が難水面でも躍動中!/江戸川

<江戸川ボート:ルーキーシリーズ第22戦>◇初日◇17日 前田篤哉(23=愛知)は、10Rで6枠ながら道中追い上げて3着だった。難水面の江戸川でも、果敢に握るレースは好感が持てる。「ペラをたたいて、前検よりも良くなっています。道中は握って回れたし、重さ…

市川健太、登玉隼百が待望のデビュー戦/尼崎

<尼崎ボート>◇前検日◇17日 127期の市川健太(23=滋賀)と登玉隼百(とだま・はやと、21=兵庫)がデビューする。市川は京都府出身で滋賀支部だが、尼崎でデビューを迎える。登玉は生粋の尼崎市出身レーサーとなる。 市川は学生時代にスキーをしていた。「…

JRA武豊アドマイヤビルゴ重賞制覇カウントダウン!? 有馬記念(G1)電撃参戦の前例も…… ワールドプレミアの動向にも注目

21日、阪神競馬場で行われるアンドロメダS(L)に、アドマイヤビルゴ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が出走を予定している。 アドマイヤ軍団で一世を風靡した故・近藤利一さんが、過去の確執を水に流して武豊騎手に託した忘れ形見とも言われる期待馬だ。同馬は2…

JRAグランアレグリアはアーモンドアイ以上!? マイルCS(G1)C.ルメールに“ムード”の呪縛。「偉業達成」へ向け「17度目」の挑戦

22日、阪神競馬場で行われるマイルCS(G1)に、グランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が出走を予定している。 グランアレグリアは2歳戦開幕週のデビュー戦を単勝1.8倍の圧倒的支持に応え快勝。勝ちタイムの1.33.6は、従来の2歳新馬レコードであった…

JRAラッキーライラック「弘法筆を選ばず」で「史上初」!? 有馬記念(G1)視野で、ウオッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナ越え「大偉業」の可能性も

「弘法筆を選ばず」 本当の名人は、道具の善し悪しなど問題にしないという意味のことわざである。これは競馬界においても同様のことが言えるかもしれない。 15日、阪神競馬場で行われたエリザベス女王杯(G1)はC.ルメール騎手のラッキーライラック(牝5歳、…

JRA苦境M.デムーロに「総裁」が救いの手!? 阪神JF(G1)ユーバーレーベンでリベンジの「好機」! 結果次第で『マイネル軍団』主戦騎手の座も?

暮れに開催される2歳女王決定戦・阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)。今年は新馬戦、サフラン賞(1勝クラス)と連勝したサトノレイナス、無傷の3連勝でファンタジーS(G3)を制したメイケイエール、サウジアラビアRC(G3)2着のインフィナイト、九州産馬の星…

JRAジャパンC(G1)「史上最高」アーモンドアイ参戦もまさかの低レベル!? コントレイル、デアリングタクトでもない…… 下馬評1番人気はあの馬

22日、阪神競馬場では秋のマイル王決定戦・マイルCS(G1)が開催される。 春の安田記念(G1)で、8冠馬アーモンドアイに土をつけたグランアレグリア、無敗の3冠馬コントレイルに次ぐ3歳NO.2の評価を受けているサリオス、その他にも昨年の春秋マイル王インデ…