JRA宝塚記念(G1)北村友一「悲劇の強奪」武豊に鬱憤晴らす6馬身!? クロノジェネシス「本当に強かった」圧勝劇で“最後の砦”死守!

19oukashou_kuronojeneshisu
「本当に強かったです。はい」

 

 最後の最後に、歓喜の瞬間が待っていた。

 

 28日に阪神競馬場で行われた宝塚記念(G1)は、2番人気のクロノジェネシス(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が優勝。主戦の北村友一騎手にとっても、嬉しいG1・4勝目となった。

 

 18頭立てで行われた芝2200mのレース。稍重で幕を開けたこの日の阪神だったが、途中で良馬場に回復したものの、宝塚記念の1時間ほど前になって、再び激しい雨。結局、レースは元の稍重で迎えることとなった。

 

 ただでさえ、馬場が痛んでいる中での開催。天候が二転三転し、騎手にとっても難しい中でのレースだったが、北村友騎手は「もう馬場とか周りの馬とか気にせず、自分の馬だけ信じて乗れればいい」と腹を括っていた。

 

 レースは、そんな北村友騎手の強い決意が表れたかのような内容だった。中団の外目を進んだクロノジェネシスは3、4コーナーで外から猛然とまくりを仕掛ける。前走の大阪杯(G1)でクビ差だけ逃がしてしまったラッキーライラックに今度こそリベンジを果たすべく、最後の直線入り口ではライバルに並び掛けていた。

 

 そこからの伸び脚は、北村友騎手が「手応えが十分でした。絶対伸びてくれると思った」と振り返った通り、まさに圧巻だった。あっという間に後続を突き放すと、最後は2着のキセキに6馬身差をつける圧勝劇。人馬共に、最高の形で上半期の競馬を締めくくった。

 

「雨が降ったり止んだりの難しいコンディションでしたが、最後は重馬場(発表は稍重)らしいタフなレースになりましたね。重巧者のクロノジェネシスの適性も大きかったことは確かですが、それ以上に馬の力を信じた北村友騎手の強気な姿勢が光ったレースでした」(競馬記者)

 

 振り返ればこの2020年上半期は、北村友騎手にとって決して輝かしいものではなかった。



 19oosaka_kitamurayuuichi02
昨年、初のG1制覇を含むG1・3勝、重賞7勝と大ブレイクを果たした北村友騎手。トップジョッキーの仲間入りが期待された今年はここまで2度も騎乗停止になるなど、年明けから54連敗と大きく出遅れた。

 

 そんな中、昨年の2歳女王に輝いたレシステンシアが前哨戦のチューリップ賞(G2)で単勝1.4倍を背負いながら、まさかの敗戦……。北村友騎手は主戦降板となり、本番の桜花賞(G1)には武豊騎手とのコンビで挑むことが決まった。

 

 さらに高松宮記念(G1)で3着したダイアトニックも、武豊騎手に乗り替わりとなって先週の函館スプリントS(G3)を快勝。昨年85勝を上げた騎手がここまで16勝と、北村友騎手にとってはあまりにも辛過ぎるシーズンとなっていた。

 

「今年2月の始動戦で京都記念(G2)を勝ったクロノジェネシスですが、これが北村友騎手にとっては2020年の2勝目でした。本当に苦しい上半期だったと思いますし、そういった意味でも最後の最後に結果が出て嬉しいでしょうね。2着がレシステンシアやダイアトニックを“獲られた”武豊騎手だったのも、何か因縁めいたものがあります」(別の記者)

 

 この日のクロノジェネシスには、キセキを復活に導いた武豊騎手も「勝ち馬が強かった」と白旗。6馬身差の完敗とあっては、勝者に称賛を送る他なかったようだ。

 

「たくさんの支持を頂いて結果を出せてよかったです。嬉しいの一言。感謝の言葉に尽きます」

 

 レース後、そう喜びを全開させた北村友騎手は「クロノジェネシスにフォーカスを当てて、褒めて欲しい」と最愛のパートナーに賛辞を求めることも忘れなかった。レシステンシアやダイアトニックとコンビを組むことはもうないかもしれないが、“最後の砦”だけは誰にも渡さない。