パチンコ「禁断の爆裂」が再び!?「一撃3万発も余裕」情報も話題になった「敏腕メーカー」へ熱視線!!

スペックダウンを余儀なくされたパチンコ新規則「P機」。スタートこそ厳しい意見が目立った印象だが、想像を超える“一撃”を武器に活躍を見せている機種も多く存在する。

 

 最近では『P大工の源さん 超韋駄天』や『P10カウントチャージ絶狼』の爆裂情報が話題になった。「あっという間に万発」「時速3万発に納得」といった声が続出し、改めて注目されている状況だが…。

 

 2020年の上半期を振り返った時に無視できないのは、「1種2種混合機の新たな魅力」を有した“アノ機種”だ。

 

 パチンコメーカーDaiichiを代表する人気シリーズ最新作『Pひぐらしのなく頃に~廻~』が1月にデビュー。「真・身隠しモード」と「絆結びRUSH」が出玉性能を支えており、それらを合算した継続率は約89%を誇る。

 

 右打ち中の大当りは約51%で1500発の獲得が可能と強力。「一撃3万発も余裕!?」といった声も上がるなど、その出玉性能は多くのユーザーに称賛された。

 

 そんな本機の甘デジバージョン『Pひぐらしのなく頃に~憩~』がスタンバイ。ユーザーからは熱い視線が注がれている。

 

 大当り確率1/119.81の1種2種混合&転落小当りタイプ。初当り時の大半は3R消化後に時短1回+残り保留4個の「真・身隠しモード」となる。ここで当りを引ければ、時短99回+残り保留4個「縁結びRUSH」へ突入だ。

 

 時短右打ち時の大当りは10Rが選ばれやすい仕様。さらに全て時短99回+残り保留4個が選ばれるため、確率1/20.2の転落小当りを引かない限り出玉を増やし続けることが可能だ。

 

 人気を博したゲーム性はそのままに、遊びやすくも爆発力を秘めた仕上がりへ早くも注目が集まっている。導入予定の7月が非常に楽しみだが…。

 

 そんな『Pひぐらしのなく頃に~憩~』を発表したDaiichiに関する興味深い情報が浮上。同社を代表する「アノ爆裂王」の動向を話題にする関係者が増えてきた印象だ



「Daiichi さんの新機種に関する噂はいくつかありますが、6月に入って目立つのは権利物パチンコ『ダイナマイト』を進化継承させた『ダイナマイトキング』ですね。2006年の登場から定期的に続編が発表されている人気シリーズですが、最近では『CRダイナマイトキングin沖縄』の衝撃が記憶に新しいです。

 

初当りの時点で約1900発を獲得でき、連チャンゾーン「天国モード」へは100%突入する極上スペック。その間の連チャン性能は実質約80%、大当り割合は50%で1900発と強烈な出玉感に熱狂するユーザーが続出しましたよね。

 

そんな『ダイナマイトキング』シリーズの新作に関する情報は、今年の1月時点から浮上していました。ただ、そこから続報はなかったので、期待を込めた噂だと思っていたのですが…。最近になって『開発中との情報が再浮上』と囁かれています。聞いただけでテンションが上がりますよね。『沖縄』のような爆裂を期待したいところ。動向に注目です」(パチンコ記者)

 

『CRダイナマイトキングin沖縄』は「脳を焼き尽くす?」「一撃性能は最高峰」といった高評価を獲得。敏腕メーカーが誇る超人気シリーズは、新時代でも強烈な一撃を味わわせてくれるのだろうか。続報を楽しみに待ちたい。