中年太郎の競馬ニュースまとめ

ギャンブル速報&ニュースまとめの中から競馬関連を抜粋した内容のみ投稿をしていきます!

元JRA細江純子さんサートゥルナーリア「距離限界」を予言!? 宝塚記念(G1)完敗で浮上した意外な「秋ローテ」とは

19koubeshinbun_sa-turuna-ria03
28日に阪神競馬場で開催された上半期のフィナーレ・宝塚記念(G1)は、2番人気のクロノジェネシスが6馬身差で優勝。雨のグランプリで、圧倒的な重巧者ぶりを見せつけてG1・2勝目を飾った。

 

 一方、勝ち馬から離されること12馬身と3/4……衝撃的な4着完敗を喫したのが、1番人気に支持されたサートゥルナーリア(牡4歳、栗東角居勝彦厩舎)だ。

 

 主戦のC.ルメール騎手が「スタートで良い位置を取れず、後ろになってしまった」と振り返った通り、中団やや後ろの10番手からの競馬となったサートゥルナーリア。最後の直線で外に出されてから追い上げを見せたが、勝ったクロノジェネシスは遥か前方だった。

 

「距離と馬場です。良い競馬ができなかった。2200mはギリギリ。2000mがベストです」

 

 レース後、ルメール騎手がそう語ったものの、サートゥルナーリアは2500mだった昨年の有馬記念(G1)2着馬だ。

 

 勝ったリスグラシューには突き放されたものの、同世代の菊花賞馬ワールドプレミア、天皇賞・春(G1)を連敗したフィエールマンといった強豪には先着しており、ファンも当時の走りを信頼して、宝塚記念の1番人気に支持したに違いない。

 

 しかし、管理する角居調教師も「(父のロード)カナロアが出てきたのかもしれない」と発言。応援していたファンにとっては、思わず「先に言ってよ」と言いたくなるコメントだろう。

 

「母シーザリオは2400mのオークス(G1)の勝ち馬ですが、兄リオンディーズ(父キングカメハメハ)は1600mの朝日杯フューチュリティS(G1)の勝ち馬。2400mの日本ダービー(G1)に出走した際、M.デムーロ騎手は『最後は止まった』と話していた通り、少し距離が長い印象でした。

 

サートゥルナーリアとリオンディーズは、同じキングカメハメハの血を父に持った兄弟ですが、サートゥルナーリアの父ロードカナロアキングカメハメハ産駒の中でもスピードに秀でた存在。サートゥルナーリアの距離適性が2000m以下にあっても、血統的には驚けませんね」(競馬記者)

 

 実は、そんなサートゥルナーリアの変化を“予言”していた人物がいる。『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)のパドック解説などで、競馬ファンにもお馴染みの細江純子さんだ。




19yasuda_padokku_hosoe01
netkeiba.com』で先週26日(金)に掲載された『プロが指摘するパドック診断』に登場した細江さん。宝塚記念に出走する有力馬の馬体チェックを行う中で、サートゥルナーリアについて「4歳となったことでパパのロードカナロアがでてきた印象。重心の低さと背中の短さから、長い距離ではなく、マイルから中距離体型となっています」とコメントしている。

 

 詳細は本記事をご覧いただきたいが、結果的に週末の宝塚記念では、見事“予言的中”の結果となったというわけだ。

 

 そんな中、今後のサートゥルナーリアについて「秋はマイルCS(G1)が目標になるかも」という話が浮上しているから驚きだ。

 

「古くから皐月賞は『速い馬が勝つ』と言われている通り、皐月賞馬が後にマイラーになることは少なくないんですよ。最近ではイスラボニータロゴタイプ、過去にもダイワメジャーやジェニュインが古馬になってマイルG1で結果を残しています。

 

それに主戦のルメール騎手からすれば、サートゥルナーリアがマイル路線に進めば、アーモンドアイとブッキングする可能性がほぼなくなります。『ルメール・ファースト』という言葉がある通り、サートゥルナーリア陣営がルメール騎手確保のため、マイル路線を選択しても不思議ではないですよ」(別の記者)

 

 確かに、仮にサートゥルナーリアがマイル路線を歩めば天皇賞・秋(G1)やジャパンC(G1)を回避することで、不安視されている東京で走る必要がなくなることも小さくはないメリットだ。

 

 グランアレグリアやインディチャンプといったマイルの強豪たちにとっては、衝撃的な「大物」の参戦となるかもしれない。