JRAグランプリだけじゃない! 池添謙一「北海道シリーズ」のキーマン! 夏競馬のキモ

19kikkashou_ikezoe01
先週で上半期の戦いが終わり、いよいよ本格的に夏競馬に突入する。競馬を今年から始めた方も、G1以外のレースも多く楽しんだ方も、このまま夏競馬を楽しみたいものだ。

 

 G1級の馬が少ない夏競馬では、やはり頼りになるのは「ジョッキーの腕」だろう。

 

 そこで昨年の夏競馬のデータから、今年も活躍が見込めそうなジョッキーを導き出してみた。すると池添謙一騎手の名前が上がってくる。夏は北海道を主戦場としており、毎年コンスタントに良い成績を上げているジョッキーだ。

 

 今年の北海道の開催はすでに函館が行われており、7月25日から8月30日までは札幌競馬場で行われる。

 

 昨年、池添騎手が6月15日から9月1日までの北海道で騎乗した際の複勝率は.355と高い数字であった。競馬場別のコースで見ると、函館ではダートでの活躍が目立っている。

 

 騎乗機会は23回で【4.3.3.13】で連対率.304、複勝率.435という成績は、ひと際目立っている。1番人気は3回あったが【1.1.1.0】だ。

 

 次に函館の芝では、45回騎乗して【7.5.1.32】で連対率.158、複勝率.267。まずまずの成績だが、これを「人気」で区切ると状況がはっきりする。

 

 6番人気以下の馬に騎乗した時の成績は【1.0.0.18】とかなり悪い。しかし、1〜5番人気の馬なら【6.5.1.12】で連対率.458、複勝率.500と高い率に跳ね上がる。なお、1番人気は6回あって4勝している。

 

 続いて札幌では、芝の活躍が目立っている。

 

 50回騎乗して【6.5.6.33】で、連対率は.220とまずまずだが、複勝率は.340と好調。これも人気「人気」で区切ると、6番人気以下の馬に騎乗した時は【0.0.0.19】と全く勝負にならない。だが、1〜5番人気の馬ならば【6.5.6.13】となり、連対率.366、複勝率.566と高い率に跳ね上がる。

 

 最後に池添騎手は、昨年の函館の新馬戦に2回騎乗して2勝し、どちらも1番人気で、木村哲也厩舎の馬だった。ちなみにその2頭はダ―リントンホール、オーソリティで、その後クラシック路線へ向かった馬たち。今年も池添騎手が新馬戦で木村厩舎の馬で出てきたら、勝負掛かりかもしれないので要注目だ。

 

 このように池添騎手は、北海道シリーズと相性の良いジョッキーだ。あくまで昨年のデータではあるものの、今年は安田記念を制し、日本ダービー3着、宝塚記念3着と人気薄で存在感を示した勢いがあるので、今年も北海道で暴れてくれるに違いない。

 

 この夏も池添騎手の手綱捌きに注目だ。