JRA 木下優樹菜芸能界引退 一世風靡した「チョリース」松岡正海がマイネルキッツで天皇賞・春制覇後に披露も

18sapporo_matsuoka03
7月1日に芸能活動を再開したばかりだったタレントの木下優樹菜が、6日、芸能界を引退することを発表した。まさに急転直下。たった5日での心変わりについて、彼女が所属する大手芸能プロダクションのプラチナムは、「慎重に協議を続けるなかで当社として信頼関係を維持することが著しく困難であると判断した。苦楽をともにしてまいりましたが、このような結果になりまして、当社として誠に不本意でありマネジメント会社としての責任を痛感している」との声明を発表した。

 

 木下の突然すぎる引退の理由として、「新たなトラブル」、「YouTuber転身」などがあがっている。引退して一般人となった木下だが、まだまだメディアを騒がせる可能性も大いにあるだろう。

 

おバカキャラ』とサバサバした物言いがギャルを中心に人気を博していた木下。だが、競馬ファンの中には、彼女の口癖で流行語にもなった「チョリース!」で、松岡正海騎手とマイネルキッツを想起する人もいるのではないだろうか。

 

 デビュー後、長らく芽が出なかったマイネルキッツは、5歳秋から松岡騎手を鞍上に迎えることになった。コンビ結成初戦のオールカマー(G2)は4着に終わったものの、結成3戦目となる福島記念(G3)では勝ち馬からタイム差ナシの2着と好走。翌年も中山金杯(G3)、アメリカジョッキーCC(G2)でともに4着と掲示板をキープ。日経賞(G2)も7番人気ながら2着と結果を残していた。

 

 そして迎えた天皇賞・春(G1)。京都記念(G2)と阪神大賞典(G2)を連勝したアサクサキングス、前年のジャパンC(G1)を勝ったスクリーンヒーロー日経賞の勝ち馬アルナスラインらが人気を集める一方、マイネルキッツ単勝46.5倍の12番人気だった。

 

 レースではホクトスルタンテイエムプリキュアらが先行するなか、マイネルキッツは10番手で追走。だが、アサクサキングススクリーンヒーローらが2周目の4角手前から動いたのを見た松岡騎手は、マイネルキッツも早めに動くことを決意。最後の直線では、先に抜け出したアルナスラインをしぶとく伸びる脚を使って内から交わして優勝を果たし、人馬ともにうれしいG1初制覇を達成した。

 

「話題になったのはその際の勝利騎手インタビューです。アナウンサーからおめでとうと告げられた松岡騎手は、開口一番に『チョリース!』と手を挙げて挨拶。その後は相棒を称えるなど無難な受け答えを見せていましたが、また最後にもカメラに向かってポーズをしていました。

 

 これは当時、木下が出演していた『みんなのウマ倶楽部』(フジテレビ系)で、松岡騎手がG1を勝利した際に、彼女の口癖だった『チョリース』を披露すると約束していたためだと言われています。このことを知らない人からは、松岡騎手に対して『不謹慎』『不真面目』などの批判も上がりましたが、一方では『義理堅い』『約束を果たした』など、松岡騎手の人格を称賛する人もいましたね」(競馬誌ライター)

 

 松岡騎手とマイネルキッツは翌年、日経賞を勝ち、ディフェンディングチャンピオンとして天皇賞・春に挑戦。昨年とは一転して積極的に前に出て、一時は先頭に立つも、ジャガーメイルに交わされて2着。それからもコンビは継続していたが、勝利を挙げることはできなかった。

 

 芸能界ならず、競馬界にも爪痕を残していた木下。メディアの前でかつてのように元気よく『チョリース』と挨拶する日はもう訪れないのだろうか。