中年太郎の競馬ニュースまとめ

ギャンブル速報&ニュースまとめの中から競馬関連を抜粋した内容のみ投稿をしていきます!

JRA武豊、プロキオンS(G3)「元相棒」エアスピネル劇的復活をチラリ!? 「勝ったと思ったけどね……」コンビ再結成の可能性が低い理由

17sapo_easupineru04
12日、日曜阪神のメインはダート重賞のプロキオンS(G3)が行われ、松若風馬騎手の5番人気サンライズノヴァが勝利。2着に8番人気エアスピネル、3着に9番人気ヤマニンアンプリメが入り、人気馬は総崩れ。馬連は2万2160円、3連単は82万6670円の波乱の決着に終わった。

 

 サンライズノヴァは59キロのトップハンデだったとはいえ、直線最後方に近い位置取りながら末脚一閃。昨年のプロキオンS以来、1年ぶりのコンビを組んだ松若騎手は「久々の右回りがどうかと思いましたが、リズムよく走れていたし、最後の直線でもいい反応をしてくれました」とG1ホースの力を再確認したようだ。

 

 レースはラプタスが逃げ、トップウィナーが2番手につけるとヤマニンアンプリメが外目の3番手から4番手でこれらを追う形。先行争いが続くタイトな流れとなったことも後方待機のサンライズノヴァにとって展開が向いた。

 

 勝ち馬の強さが目立ったのは確かだが、一際異彩を放ったのは今回初ダートとなったエアスピネル(牡7、栗東笹田和秀厩舎)の2着だろう。初コンビとなった鮫島克駿騎手も「1年ぶりでこのメンバーの中、これだけ走れたのは地力の強さだと思いますし、今後に向けて良い内容のレースでした」と実力馬を好走に導いた。

 

 エアスピネルは16年のクラシックで皐月賞(G1)4着、日本ダービー(G1)4着、菊花賞(G1)3着と、惜しくもG1勝利には届かなかったが、古馬になってマイル路線に切り替えて素質が開花。17年のマイルCS(G1)では2番人気に支持された。

 

 19yayoi_takeyutakaki-fa-zu01
しかし、直前に主戦の武豊騎手が調教中に落馬して負傷するアクシデントが発生し、状況は一変。陣営は「中途半端な状態では乗って欲しくない」とR.ムーア騎手への乗り替わりが発表された。”実質”降ろされた格好となった武豊騎手は、同レースで他馬の背中からペルシアンナイトの2着に敗れるエアスピネルを見届けた。コンビを復活した次走のマイラーズC(G2)の3着を最後に同馬と袂を分かつこととなっている。

 

「重馬場を得意にしていましたし、父もダート適性の高いキングカメハメハでしたから注目の1頭でした。最近でもエアアルマスやモズアスコットが芝からダートに転戦して結果を出していましたし、今回のエアスピネルの好走にも驚けないです。

 

外枠で、この日のダートは稍重とスピードを求められる状態だったことも向きましたね。ただ、コンビ解消の経緯が穏やかではなかった印象が強いだけに、武豊騎手とのコンビ再結成の可能性は低そうです」(競馬記者)

 

 奇しくもこの日のプロキオンSで「元お手馬」が2着に敗れる姿を3着ヤマニンアンプリメの背中で見届けた武豊騎手。レース後には「勝ったと思ったけどね……」と現相棒ヤマニンアンプリメの好走を称えたが、ゴール前で外にいる“元相棒”エアスピネルをチラリと確認したように見えるシーンも。名手の胸中はどのような思いだっただろうか……。

 

 1年ぶりに帰って来た「G1級素質馬」の次走に注目したい。