JRA“80万超え”馬券も飛び出した「大荒れの夏競馬」で一攫千金を狙え! ギルデッドミラー&プリンスリターン3歳勢が躍進? 迷えるG1馬が波乱の立役者に!?【中京記念(G3)展望】

17hanshin_keiba19
19日(日)に行われるサマーマイルシリーズ第2戦、中京記念(G3、芝1600m)。今年は京都競馬場改修の影響などもあり、阪神競馬場で開催されることになる。

 

 先週は、プロキオンS(G3)、七夕賞(G3)ともに1番人気の馬が敗退。下位人気が上位に食い込んだため、2レースともに波乱の決着を見せたが、中でもプロキオンS3連単の払戻金が826,670円という“夏競馬らしい”大荒れの1戦となった。

 

 この中京記念でも荒れることを期待する人も多いだろう。それでも中心的存在だと目されているのが、ギルデッドミラー(牝3歳、栗東松永幹夫厩舎)。

 

 アーリントンC(G3)で2着に入ったギルデッドミラーは、NHKマイルC(G1)の優先出走権を獲得。本番では福永祐一騎手を背に6番人気に支持されると、最後の直線で内から伸びて殊勲の3着。勝ち馬ラウダシオン、2着レシステンシアには届かなかったものの、今後に期待を抱かせる走りを見せた。

 

 昨年の中京記念はグルーヴィットが勝利し、クリノガウディーが2着と、軽斤量を武器にした3歳勢が古馬相手に奮闘した。ギルデッドミラーもこれに続きたいところだが、過去10年、中京記念では3歳牝馬が馬券圏内に入ったことがない。コース替わりのため、前例が当てにならないとの声もあるが、果たして……。

 

 ソーグリッタリング(牡6歳、栗東池江泰寿厩舎)は重賞初勝利を狙う。

 

 昨年は六甲S、都大路Sとリステッド競走を2連勝。だがエプソムC(G3)、関屋記念(G3)ではともに3着。その後も惜しい競馬が続き、今年は京都金杯(G3)を4着で終えると、メイS(OP)でタイム差ナシの2着。エプソムC(G3)でもレース直前にオーナーが死去したダイワキャグニーの激走の前に敗れて2着と涙を飲んだ。

 

 安定感のある走りを見せているが、勝利は遠い。ここでは4戦2勝2着1回4着1回の成績を残している川田将雅騎手が騎乗予定。相性の良い川田騎手を背に勝利を引き寄せることができるだろうか。

 

19yasuda_keiaino-tekku01

 

 迷えるG1馬ケイアイノーテック(牡5歳、栗東平田修厩舎)は完全復活を果たしたい。

 

 18年にはNHKマイルCを勝ったものの、その後は嘘のように低迷。一時はダートレースを試されるなど迷走に迷走を重ねていた。

 

 だが今年のダービー卿チャレンジ(G3)で4着。久々に掲示板に載って復調気配を見せる。続く京王杯スプリングC(G2)こそ6着だったものの、強豪が集った安田記念(G1)では5着と健闘。出遅れて後方からのスタートになったが、早めに仕掛けて、いい意味で期待を裏切ってみせた。

 

 中京記念は新鋭・岩田望来騎手とコンビを結成。ケイアイノーテックで復活Vを達成し、自身も重賞初勝利をあげることができるか。



 上り調子のミッキーブリランテ(牡4歳、栗東矢作芳人厩舎)も怖い存在だ。

 

 前々走の錦S(3勝クラス)を9番人気ながら勝利。最後の直線で内に鋭く切り込むと、ライバルたちとの熾烈な競り合いを制してみせた。

 

 米子S(L)では後ろからの競馬を展開するも、50kgの軽斤量を武器に早めに先頭に立ったスマイルカナを捉えることができずに3着。今回も軽斤量が予想される若い牝馬がいるが、同じ轍を踏むわけにはいかない。鞍上は福永騎手を予定。

 

 あと一歩のところで重賞勝利を逃しているプリンスリターン(牡3歳、栗東加用正厩舎)。

 

 前走のNHKマイルCでは3角で受けた不利も影響して15着と大敗を喫したものの、今年に入ってからシンザン記念(G3)2着、アーリントンC3着と重賞で結果を残している。

 

 今回も新馬戦から一貫して騎乗を続ける原田和真騎手が鞍上を務める予定。今年9年目を迎えるもなかなか芽が出なかった苦労人である原田騎手にとってプリンスリターンはようやく巡ってきたチャンス。そろそろものにしたいのは当然。気合いは十分だろう。

 

 このほかにも安土城S(L)を勝ったエントシャイデン、ヴィクトリアマイル(G1)で4着に入ったトロワゼトワル、都大路S(L)の勝ち馬ベステンダンク、阪神牝馬S(G2)で3着と結果を出したディメンシオンらがスタンバイ。荒れる要素には事欠かないと見られている。

 

 今年の中京記念で笑うのはどの陣営なのだろうか。発走は19日(日)15時35分を予定している。