JRAサートゥルナーリアにとっては試練の秋!? かつての最強馬候補が直面する厳しい現実とは……

19arima_sa-turuna-ria02
宝塚記念(G1)で4着に敗れたサートゥルナーリア(牡4、栗東角居勝彦厩舎)の復帰戦が、天皇賞・秋(G1)となることが分かった。13日、同馬のオーナーであるキャロットファームの秋田博章代表が明らかにしている。天皇賞以降のレースについては結果次第で、マイルCS(G1)、ジャパンC(G1)、海外のレースなども選択肢にあがっているようだ。

 

 ホープフルS(G1)から直行で皐月賞(G1)を制し、デビューから無敗の4連勝を飾った4(3)歳春。サートゥルナーリアは最強馬候補としても名前が挙がったほどの高い評価を受けていた。

 

 だが、圧倒的1番人気に支持された日本ダービー(G1)を4着に敗れたときから、その歯車は大きく狂った。秋に神戸新聞杯(G2)こそ楽勝したものの、アーモンドアイと初対決となった天皇賞・秋(G1)で6着と完敗。有馬記念(G1)こそ2着に入ったが、勝ち馬リスグラシューの背中は遥か先の5馬身前にあった。

 

 今年初戦の金鯱賞(G2)を勝利して左回りを克服し、待望のG1・3勝目を目論んだのが宝塚記念だった。ファンも1番人気に支持したが、新たに最強馬に名乗りを上げたクロノジェネシスから12馬身以上も後方に置き去りにされる4着に終わる。

 

 巻き返しを期すサートゥルナーリアとしても天皇賞・秋で何としても勝利の2文字が欲しいところだろう。とはいえ、待ち受けているのは厳しい現実かもしれない。

 

19tennnoushouaki_a-mondoai04

 

「秋は天皇賞からの始動ということですが、昨年同様ここからの始動が濃厚なアーモンドアイとの対戦は避けられないでしょう。両馬に騎乗しているC.ルメール騎手がアーモンドアイを優先していることからも、鞍上の評価ではすでに2頭の優劣がついています。また、そうなるとサートゥルナーリアは他の騎手に乗り替わっての参戦は避けられません。

 

また、距離に不安のある3歳馬サリオスも菊花賞(G1)ではなく、天皇賞出走の可能性があるため、出て来たら相手関係は楽ではありません。意外だったのはマイルCS(G1)の名が挙がったことです。こちらには安田記念でアーモンドアイを破ったグランアレグリアが出て来る可能性も高いですから分が悪そうです」(競馬記者)

 

 中京の金鯱賞を勝ったとはいえ、好走歴のない東京とは別のコースであり、左回りへの不安を完全に払拭したと考えるのはまだ早いだろう。さらに、ジャパンC(G1)には無敗でクラシック2冠馬を制したコントレイルの出走も濃厚といわれているだけに、アーモンドアイ以上の強敵となる可能性もある。

 

 いずれにしてもサートゥルナーリアにとっては試練の秋となりそうだ。