JRA 西山茂行オーナー動いた! 函館記念(G3)ニシノデイジー「再出発」函館デビューからこの馬を知り尽くす勝浦正樹騎手に“ラブコール”!

20AJCC_nishinodeiji-01

前走目黒記念(G2)18着に敗れたニシノデイジー(牡4歳、美浦・高木登厩舎)は、夏は休まずに函館から再出発することになり、今週19日の函館記念(G3)に出走する。

 

 今年AJCC(G2)6着、金鯱賞(G2)6着、そして目黒記念(G2)殿負けで重賞3連敗を喫し、窮地に立たされいるニシノデイジー

 

「陣営は、敗因を距離ではなくニシノデイジーの折り合い面に求めています。この馬は『馬群の中で脚を溜めたほうがいい』と田辺裕信騎手が指摘していましたが、掛かって、力んで、シャドーロールも気にして走っているというのですから、相当乗り難しい馬のようですね」(競馬記者)

 

 その後、西山茂行オーナーとニシノデイジーを管理する高木登調教師が相談し、尾関充弘元調教師からの馬具のアドバイスもあり、夏の函館記念(G3)から再出発を図ることに決めた。

 

 それに合わせて西山オーナーは、かつてニシノデイジーの主戦を務めていた勝浦正樹騎手に騎乗の再オファーを掛けた。

 

 デビューから騎乗してきた勝浦騎手は札幌2歳S(G3)、東京スポーツ杯2歳S(G3)を連勝し、クラシック候補に名乗りを上げる活躍をしていたが、結果を残すことができず。朝日セントライト記念(G2)5着を最後に、ニシノデイジーの主戦降板となった。

 

 オーナーサイドは函館で再出発するにあたり、この地でニシノデイジーの初勝利に貢献した勝浦騎手を再度騎乗させることに決めたのだ。

 

 この時のやり取りが西山オーナーのブログに書かれているのだが、実に興味深い。

 

 勝浦騎手に夜、西山オーナーが電話を入れて尋ねた。

 

函館記念、何か乗る予定の馬はありますか?」

 

19yayoi_katuura
勝浦騎手が答える。

 

「ニシノデイジーですね。乗りますよ」

 

 これだけの会話だったという。

 

 このやり取りは今年6月くらいの話で、まだ想定も何も出ていない頃。西山オーナーがまだ用件も馬名も出していない段階で、勝浦騎手が騎乗を承諾……まるで、どちらがオファーしているのか分からないエピソードだ。

 

 しかし、菊花賞(G1)はC.ルメール騎手に乗り替わりとなり、悔しい思いをしていた勝浦騎手が、ニシノデイジーの再オファーを心待ちにしていたことが、この短い会話の中からも伝わってくる。

 

菊花賞は別のジョッキーで行くと分かった時、勝浦騎手は、これまでニシノデイジーに乗せていただいた感謝や、その恩に報いることが叶わなかった悔しさ、またオーナーの馬に乗る機会があれば頑張りたい旨を、西山オーナーに告げてきたそうです」(競馬誌ライター)

 

 今回チャンスをもらった勝浦騎手は、これまでのオーナーに対する感謝の想いを結果で応えたいところだろう。また、このレースを勝てば、秋のG1戦線に向けて、大きなアピールにもなり、勝浦騎手も期するところがあるに違いない。

 

 果たして、勝浦騎手がニシノデイジーに、そして西山オーナーに、久しぶりの重賞勝利をプレゼントすることができるのか、注目したい。