上田龍星(24=大阪)がルーキーシリーズ第1戦(下関)、2戦(戸田)に続いて今年3回目の優勝を飾った。2着は木田峰由季、3着には山崎鉄平が粘った。

上田自身、「バックではちょっと厳しいかなと思った」と振り返るように、薄氷を踏むレースだった。2コースの羽野がスタートで立ち遅れ、事実上の壁役がいない隊形。節一の足を誇った木田がまくり差しのハンドルを送り込み、上田の懐に入ってきた。

上田は、その後が冷静だった。2Mで「まくると飛ばされると思ったから、差しを選んだ」。その判断がずばり的中。ブイ際を差して、2周1Mを先取り。きっちりと決着をつけた。「芦屋は元々、好きな水面だったけど、これでもっと好きになった」と、うれしさを表現。この優勝が9月のヤングダービー(びわこ)へ弾みとなったことは間違いない。