JRA藤田菜七子が千直の鬼ライオンボスを“愛完封”!? 夏の名物レースに覚醒した“鮎釣りオヤジ”も緊急参戦!【アイビスSD(G3)展望】

0706keibajikkyou
今週から夏の新潟開催が始まる。26日に行われるのは1年で最も早く決着がつく重賞、アイビスサマーダッシュ(G3、芝1000メートル)だ。

 

 スピード自慢が集うJRA唯一の千直重賞は、1番人気がとにかく強い。過去10年で「7-1-0-2」、過去7年だと「6-1-0-0」という好成績を残している。

 

 断然の人気を集めそうなのが、千直で「4-1-0-0」のライオンボス(牡5歳、美浦和田正一郎厩舎)だ。ダートも含めた5ハロンのレースでは「6-1-0-2」だが、1000mを超えると「0-0-0-8」とサッパリ。馬場を問わない1000mのスペシャリストといっていいだろう。

 

 鞍上は鮫島克駿騎手を予定している。このコンビは通算「3-1-0-1」と相性もバッチリ。唯一の着外は、中山1200mという苦手の“長距離”が舞台だった。このレース連覇を狙うライオンボス。昨年は、前日に鮫島克騎手が落馬負傷したため、田辺裕信騎手が代打騎乗して勝利に導いた。

 

 一方の鮫島騎手は7か月後、カデナ小倉大賞典(G3)を制し、重賞初制覇。 1年前の忘れ物を取りに、新潟千直の舞台でリベンジを誓う。

 

 貴重な重賞勝ちを狙うのは鮫島克騎手だけではない。1年後輩にあたる藤田菜七子騎手は、昨年12月にコパノキッキングでカペラS(G3)を制したが、それ以来の重賞2勝目を視界に入れている。

 

 ライオンボスの対抗格として、藤田騎手が騎乗を予定するラブカンプー(牝5歳、栗東・森田直行厩舎)を挙げたい。

 

 ラブカンプーは前走のCBC賞(G3)で、斎藤新騎手を背にまんまと逃げ切り、単勝配当9310円の波乱を演出した。今回は藤田菜七子騎手と2度目のタッグを組む。

 

 ラブカンプーと藤田騎手が初めてタッグを組んだのは2走前の韋駄天S(OP)。16頭立ての10番人気で7着に終わった。それまで14戦連続で1秒以上の差をつけられ負けていたラブカンプーだったが、今回と同じ舞台でライオンボスに0秒6差と大健闘。藤田騎手がCBC賞激走のきっかけを作ったといってもいいだろう。

 

“ミスター千直”こと西田雄一郎騎手が騎乗を予定するモンペルデュ(牝4歳、栗東松永幹夫厩舎)も侮れない存在だ。

 

 西田騎手は2010年と17年にこのレースを制覇しているが、ともに8番人気の伏兵で挙げた金星だった。モンペルデュにとって初の芝コースとなるが、西田騎手のマジックは見られるか。



他にも、昨年2着のカッパツハッチ(牝5歳、美浦・矢野英一厩舎)、前走の韋駄天Sでライオンボスにアタマ差2着に入ったジョーカナチャン(牝5歳、栗東・松下武士厩舎)の牝馬2頭。前走、初の芝レースで5馬身差の圧勝を演じたアユツリオヤジ(牡6歳、栗東村山明厩舎)も中1週で出走を予定している。

 

 ライオンボスが実績通りの強さを見せつけ連覇を果たすのか、それとも藤田菜七子騎手が千直の王者を“愛完封(ラブカンプー)”するのか。アイビスSDは7月26日、新潟競馬場で15時45分発走予定だ。