JRA「不運の乗り替わり」から1か月……。あの若手騎手が北の大地で大暴れ! 秋にはコントレイルを脅かす可能性も!?

19sapporokinen_sappro05

 菊花賞(G1)で3冠を目指すコントレイルにとって、強力なライバルとなるかもしれない……。

 

 2日、札幌8Rの積丹特別(1勝クラス・芝2600m)はビーマイオーシャン(牡3歳、栗東音無秀孝厩舎)が勝利した。

 

 夏の北海道で頭角を現したビーマイオーシャン。前走、芝2600mの未勝利戦を7馬身差で圧勝したことも評価され、積丹特別では単勝1.3倍の断トツ1番人気の支持を集めた。道中は3番手からレースを進めたが、3コーナーで早くも先頭に立つ。最後の直線ではさらにもうひと伸びを見せ、2着に3馬身半差をつけて連勝を飾った。

 

 団野大成騎手は「すごくスタミナがあります。直線に入ってもうひと伸びしていますし、最後の持久力もあります。クラスが上がっても力は通用すると思います」とビーマイオーシャンの能力を評価した。抜群の長距離適性を示したことからも秋の大舞台に向けて、期待の1頭となりそうだ。なお、次走は22日の札幌日刊スポーツ杯(2勝クラス)を視野に入れている。

 

 実はこの日、団野騎手は7~9Rで3連勝を挙げる絶好調だった。7Rは良血馬シャムロックヒルで勝利、9Rは7番人気セイユメアカリで穴を空けている。前者は19年のマーメイドS(G3)を勝利したサラスが半姉にいる良血で、今後の内容次第では秋華賞(G1)挑戦もあり得るだけに、3歳の牡馬、牝馬でこの秋に期待のパートナーを勝利に導いたことになる。

 

「ビーマイオーシャンは2600m戦で続けて強い勝ち方をしているので、菊花賞出走となればおもしろい存在になりそうですね。最近では夏の上がり馬のキセキやトーホウジャッカル菊花賞を勝っているので、コントレイルもうかうかしてられないかもしれないですよ。

 

団野騎手と言えば、『不運』の乗り替わりで初重賞制覇を逃してしまっているだけに、次こそは心強いパートナーとともに重賞を沸かせてほしいですね」(競馬記者)



 今年のラジオNIKKEI賞(G3)を勝利したのは内田博幸騎手のバビット。当初は団野騎手が騎乗する予定だったが、同日の7Rで落馬負傷した結果、無念の乗り替わりとなってしまった。結果的にはバビットが勝利し、さらに阪神競馬場で行われたCBC賞(G3)では同期の斎藤新騎手が初の重賞制覇を飾った。団野騎手にとって初の重賞制覇を逃すと同時に、同期にも先を越されてしまったのだ。

 

 レース後、内田騎手は「いい競馬をして団野騎手にバトンタッチしたいと思っていた。まだこれからチャンスはいっぱいある。これをバネにがんばってもらいたい」と団野騎手にエールを送った。

 

 それから1か月、団野騎手は北の大地で3連勝を飾り、今年リーディング10位タイにつける43勝と大活躍。初重賞を逃した悔しさを糧に飛躍していると言えるだろう。

 

 秋競馬は夏の上がり馬とともに団野騎手が次なるステップへと駆け上がっていくかもしれない。