JRAコパノキッキング馬主Dr.コパ「ご心配をおかけしました」 村山明厩舎火元も原因不明……「栗東トレセン火災事故」続報

keibajou
 痛ましい火災発生から一夜が明けた。14日、JRA日本中央競馬会)の栗東トレーニングセンターで火災が発生。出火元とみられる村山明厩舎が全焼し、競走馬4頭が命を落とした。

 

 亡くなったのは、いずれも村山厩舎の馬でアオイホープ(牡2歳)、ケイティレジェンド(牡2歳)、トーアキャンディス(牝2歳)、ミラクルユニバンス(牡7歳)。この内、アオイホープとミラクルユニバンスは、今週の出走が予定されていたが取り消し扱いとなった。

 

 また、村山厩舎から出走を予定していたケイアイドリー(牡3歳)、ナムラヘラクレス(牡6歳)も出走取消。隣接した中尾秀正厩舎のウェーブメジャー(牡2歳)、高柳大輔厩舎のテーオーケインズ(牡3歳)も事故の影響により出走を取り消している。

 

「火元になったということで村山調教師も『皆さんに多大なご迷惑をおかけしました』と、関係者に会うたびに頭を下げて憔悴しきっていたそうです。原因はまだ不明とのことですが、一部情報にあるエアコンの故障だとすれば、防ぐのが極めて難しい事故だったと述べざるを得ません。いずれにせよ、大きな事故になりました。まずは亡くなった馬たちの冥福を祈りたいです」(競馬記者)

 

 そういった中、重賞4勝のコパノキッキングを預託するなど村山調教師との親交が深いDr.コパこと、小林祥晃氏が自身のブログを通じて自身の状況を公開している。

 

昨夜の栗東トレセン
村山明厩舎の火災では
コパの愛馬、キッキングは
12日の佐賀のレースの後
小倉滞在でした。
今日、小倉のレースに出走する
フランクリンは昨日の朝、
トレセンから移動した後でした。
厩舎にいたラブミーボーイは
逃してくれましたが、熱煙を吸って
いて今後の経過を見守ります。
ご心配をおかけしました。copa

 

Dr.コパ オフィシャルブログより

 

 オフィシャルブログによると、幸い小林氏の所有馬は無事だったようだ。しかし、厩舎にいたラブミーボーイのように、避難できても煙を吸った影響などが懸念される馬もいる。

 

 また、ウェーブメジャーの出走を取り消した中尾調教師が「馬は無事だったけど、興奮していて出走できる精神状態ではない」と明かしたように、今後は肉体面だけでなく精神的なケアを必要とする馬も出てくるに違いないだろう。

 

Dr.コパさんと村山厩舎といえば、日本競馬史上最多となるG1(Jpn1含む)11勝を成し遂げたコパノリッキーが有名です。他にも函館記念(G3)を勝ち、有馬記念(G1)でも4着したラブイズブーシェなど、2人のコンビは競馬界でも有名。今回の事故にはコパさんも相当心を痛めていると思います」(別の記者)

 

 ブログでは最後に「ご心配をおかけしました」という言葉を残している小林氏。小倉に滞在していたため難を逃れる形となったコパノキッキングは、藤田菜七子騎手とのコンビで秋のJBCスプリント(G1)に挑戦する見込みだ。

 

 鞍上の藤田菜七子騎手にとってはG1初制覇の懸かる一戦。小林氏がコパノキッキングの「最大目標」と掲げる悲願達成には、村山厩舎の“日常”が必要不可欠だろう。1日も早い復興を祈りたい。