JRA横山武史「ベタ惚れ」エフフォーリアはメジロライアンの再来!? 父・横山典弘を作り上げた名馬と、管理する調教師たちの「奇妙な共通点」とは

jSCcMZyZwZAOxEI1598236632_1598236637

 23日、札幌競馬場で行われた新馬戦(芝2000m)は、1番人気のエフフォーリア(牡2歳、美浦鹿戸雄一厩舎)が優勝。最後の直線で早め先頭に立つと、2番人気エスコバルとの競り合いを制して単勝1.4倍の人気に応えた。

 

「調教通り走れば、絶対に勝ち負けになると思っていました」

 

 1週前追い切りで、2歳馬ながら同日の札幌記念(G2)に出走したトーラスジェミニに先着するなど、併せ馬では負け知らずだったエフフォーリア。それだけに鞍上の横山武史騎手の期待も相当なものだったようだ。

 

「どういう競馬をすれば勝ち負けになるか、考えて乗った」と初戦から“負けられない戦い”を制し、その口調もいつになく滑らかだったという。

 

「2着エスコバルとの着差は3/4馬身差でしたが、着差以上にスケールを感じる走りでした。

 

レース後に横山武騎手が『これまでは調教では良い所しか見えなかったけど、実戦で課題も見つかった』と話していた通り、まだ粗削りな部分もありますが鹿戸(雄一)調教師も『八分くらいのデキ』と言っていましたし、騎手も『その分、成長する余地がある』とかなり高い評価を与えていましたよ」(競馬記者)

 

 今夏、函館リーディングを獲得し、札幌に舞台を移してもリーディングジョッキーのC.ルメール騎手と熾烈な争いを繰り広げている横山武騎手。デビュー3年目ながら61勝は、堂々の関東リーディング。「今、一番乗れている若手」と述べても決して過言ではないだろう。

 

 そんな横山武騎手が次に目指すのは、G1勝ちの勲章に違いない。

 

 昨年の日本ダービーでG1初騎乗を果たし、今春はフローラS(G2)で重賞初制覇。自身が常々目標と語る偉大な父・横山典弘騎手も同じようにデビュー3年目で重賞初制覇を飾り、5年目にはG1ジョッキーとなった。

 

 その上で、この日デビュー勝ちを飾ったエフフォーリアは、横山武騎手にとって“大仕事”を目指すパートナーになるはずだ。

 

 ちなみに今から31年前の1989年。横山典騎手が今の横山武騎手と同じ21歳の時に出会ったのが、メジロライアンだった。



 当時G1では二ケタ人気の馬にしか乗ったことがなかった横山典騎手だったが、翌年3月には本馬とのコンビで弥生賞(G2)を制覇。本番の皐月賞(G1)では2番人気に支持された。結局、G1を勝ったのはメジロライアンが5歳の宝塚記念と大いに苦戦したが「今の自分があるのはメジロライアンのおかげ」と振り返るほど、騎手人生にとって大きな存在だったという。

 

 実は、このメジロライアンとエフフォーリアには奇妙なつながりがある。

 

メジロライアンを管理し、結果が出ない若き横山典騎手を起用し続けた奥平真治調教師が勇退した2007年。同日に騎手を引退したのが、後にエフフォーリアを管理することになる鹿戸雄一騎手(当時)だった。

「どれだけ活躍するか、この先が楽しみです」

 そんな奇妙なすれ違いから13年。若武者がただならぬ期待を懸けるエフフォーリアは、横山武騎手にとっての“メジロライアン”になれるのだろうか。もし、本馬と横山武騎手が来年のクラシックに勝てば、尊敬する父よりも1年早くG1ジョッキーとなる。今後も注目したいコンビだ。