JRA「鞍上問題」勃発か!? グランアレグリアのスプリンターズS(G1)直行でアノ騎手の騎乗馬が注目の的に

18yasuda_guranareguria03-sam
今年の安田記念(G1)で8冠達成を目論んだアーモンドアイを下したグランアレグリア(牝4、美浦藤沢和雄厩舎)が、スプリンターズS(G1)からの始動を予定していることが24日、『スポニチ』の取材によって明らかになった。また、昨年のスプリンターズS勝馬タワーオブロンドンも同レースに参戦を予定しているようだ。

 

 そこで注目となるのがグランアレグリア、タワーオブロンドンそれぞれの鞍上だ。

 

mFxbiWJJrBIe4451598263895_1598263901

 

 グランアレグリアの主戦はデビューからC.ルメール騎手が任されていた。しかし、アーモンドアイでドバイ国際競走に遠征するため、池添謙一騎手とのコンビで高松宮記念(G1)に出走して3着に敗れた。次走に予定していたヴィクトリアマイル(G1)は熱発によって体調が整わず、同レースを回避。安田記念(G1)に挑戦することとなった。

 

 2頭の主戦を務めるルメール騎手にとっても誤算だっただろう。高松宮記念からの直行となった安田記念ヴィクトリアマイルを制したアーモンドアイも参戦を表明したことにより、お手馬同士の対決となってしまったのだ。アーモンドアイに絶対の信頼を寄せるルメール騎手は当然ながら継続騎乗を選択、グランアレグリアの手綱は引き続き池添騎手に託された。

 

 だが、安田記念ではグランアレグリアが、単勝1.3倍の圧倒的支持を集めたアーモンドアイを破って優勝。秋の始動戦に注目が集まっていたのである。

 

19supurinta-zu_tawa-oburondon01

 

 そして、同じくスプリンターズSに出走を予定しているタワーオブロンドンの主戦もルメール騎手だ。「ルメール×藤沢厩舎」が蜜月関係にあることは周知の事実だとしても、グランアレグリアに騎乗して安田記念で最高の結果を残した池添騎手としては、秋も継続騎乗を望んでいるはずだ。

 

 自身が配信している『netkeibaTV』の冠番組『謙聞録-kenbunroku-』では、安田記念騎乗の際、藤沢調教師から「アーモンドアイ負かすつもりがないんだったら乗せないからな」と言われたことを明かしている。

 

「グランアレグリア安田記念を敗れていたならルメール騎手ですんなりだったかもしれませんが、勝ったことで藤沢調教師ら関係者も鞍上には頭を悩ませているかもしれません。

 

池添騎手のG1での勝負強さには定評がありますし、このまま継続騎乗が丸く収まるようにも思えます」(競馬記者)

 

 仮にルメール騎手がグランアレグリアに騎乗するとなると、今度はタワーオブロンドン陣営が鞍上を探すことになってしまう。

 

 安田記念のレース後には満面の笑みで池添騎手を出迎え、大金星の喜びを分かち合った藤沢調教師だけに、池添騎手とのコンビ継続にも期待が出来そうだ。