JRAモズスーパーフレアはスプリンターズS(G1)勝ち負け必至!? 最大のライバルはグランアレグリアよりもアノ馬か

19supurinta-zu_mozusu-pa-furea04

23日、小倉競馬場で開催された北九州記念(G3)はレッドアンシェルが優勝。スプリンターズS(G1)に直行で向かうことを表明した。

 

また同レース2着のモズスーパーフレア(牝5、栗東音無秀孝厩舎)も同様に直行する見込みだ。

 

 同馬の北九州記念からスプリンターズSのローテーションは昨年と同じ。G1有力馬の場合、セントウルS(G2)からスプリンターズSが王道とされているが、陣営にとっては予定通りのようだ。

 

 昨年、快勝したオーシャンS(G3)から中3週で挑んだ高松宮記念(G1)では15着に惨敗してしまった。このときコンビを組んだ武豊騎手がレース後に「いつものダッシュがなかった。走りが硬かったし本来の走りではなかったね」とコメント。音無調教師も「本調子になかった」と首をかしげた。

 

 この苦い経験を糧に、昨秋は中5週とゆとりがある北九州記念からスプリンターズSへ向かったことが、勝ったタワーオブロンドンから半馬身差の2着という好走に繋がったと見てもいいだろう。

 

 今年の北九州記念でも再び敗れはしたが、レース後に松若風馬騎手が「最後は止まってしまいましたが、久々の分でしょう。叩いて良くなると思います」とコメントしたように陣営に悲観の色はない。

 

 モズスーパーフレアの着実なパワーアップは、北九州記念の時計でも明らかだ。良馬場で行われた昨年の走破時計は1分08秒5の4着だった。これに対し、今年は稍重馬場で行われたにもかかわらず、1分08秒1で駆け抜けている。

 

 それもG1馬となった今年は、昨年から1.5キロ増の56.5キロを背負っての2着である。CBC賞(G3)を逃げて楽勝したラブカンプーや、アイビスサマーダッシュ(G3)の覇者ジョーカナチャンらの快速馬の出走があったにもかかわらず、スピードの違いを見せつけるように楽に先頭に立った。

 

 勝ち馬のレッドアンシェルにこそ後れを取ったとはいえ、ハイペースを味方に追い込んだ他馬を封じたことは大いに評価されていいだろう。発表された馬体重はデビュー最高となる508キロの14キロ増であり、使われての良化も期待が出来そうだ。

 

 また、この快速ぶりがスプリンターズSの行われる中山・芝1200mで大きな武器となる。モズスーパーフレア自身、この条件はこれまで重賞を含めて5戦して3勝2着2回と連を外したことのない得意条件である。

 

スプリンターズSは過去にも多くの逃げ馬が穴を開けているように、前に行った馬に有利な傾向が強いです。ゴール前に急坂があるとはいえ、直線距離は310mと短いのが特徴です。

 

勿論、力のない馬が押し切ることは難しいですが、重賞クラスの馬が楽に先手を取った場合、後続馬が捉えることは非常に困難なコースという側面もあります」(競馬記者)



19oukashou_guranareguria04
今年のスプリンターズSには、安田記念馬グランアレグリアや昨年の覇者タワーオブロンドンらの強敵も出走を予定しているが、いずれも中団から後方待機を得意としている馬である。

 

 地力強化が顕著な現在のモズスーパーフレアであれば、差し馬に有利な傾向にある北九州記念から、快速ぶりが活かせる舞台に替わり、圧倒的に条件が好転するだろう。

 

 同馬にとっての脅威はむしろ、直接対決で差し切られた相手であるレッドアンシェルなのかもしれない。春の高松宮記念(G1)と合わせスプリントG1を春秋連覇すれば、最優秀短距離馬の座も見えてくる。