JRA新種牡馬モーリス「2歳賞金首位」でも成功とはいえない理由……意外な活躍を見せたアノ馬に注目

rrFRq1k6t8hhpxJ1598950930_1598950939

先週で8月の開催も終わり、2歳戦の種牡馬成績にも傾向に変化が見えつつあるようだ。

 

 今年、大きな注目が集まったのは何といっても新種牡馬のモーリス、ドゥラメンテだった。だが、前評判の高かったモーリス産駒のブエナベントゥーラ、レガトゥス、セブンサミットが揃ってデビュー戦を敗退。ここまで勝ち上がった馬の中でも大物感のある馬が出ていないのが実情だ。

 

 ドゥラメンテにしてもアスコルターレ新馬勝ちをしたとはいえ、期待の大きかったスワーヴエルメが敗れている。ただ、モーリスとの違いは、新馬戦で見どころのある勝ち方をしたダノンシュネラやドゥラヴェルデが出たことだろう。ライバル視されやすい2頭でも、期待感としてはこちらに分がありそうだ。

 

 これらを踏まえつつ、8月までの2歳戦の傾向を振り返ってみたい。以下は2歳戦における成績上位の種牡馬成績である。

 

種牡馬名、着別度数、勝率、賞金合計
ドゥラメンテ   【9- 7- 5-44/65】 13.8%、9479万
エピファネイア  【8- 6-11-38/63】 12.7%、9333万
モーリス     【7-12- 6-38/63】 11.1%、11293万
キズナ      【7- 8- 7-54/76】 9.2%、9341万
ディープインパクト【6- 8- 5-14/33】 18.2%、7730万
ダイワメジャー  【6- 4- 3-31/44】 13.6%、6127万
ゴールドシップ  【6- 1- 2-21/30】 20.0%、5037万

 

 ドゥラメンテは1勝、モーリスは未勝利と、種牡馬失敗の声すら出ていた6月の成績からすれば大きく巻き返しているといえるだろう。ドゥラメンテは勝利数で1位の9勝、モーリスは勝利数こそ7勝と後れを取ったものの賞金では1位だ。見事な成績を挙げており、一時の危機感はかなり薄れたかもしれない。

 

 だが、やはり見逃せないのは2着の多さだ。上位陣の中でもモーリスの2着12回は群を抜いて多く、人気先行の馬が惜敗したことにも合致している。

 

 また、勝ち数では上回っていても、勝率では他馬に見劣った。モーリス産駒以外の上位馬にもいえることだが、6勝している3頭に対し、約2倍の出走数となっている。中身の濃さという意味では、ディープインパクトダイワメジャーゴールドシップの方が評価できるかもしれない。

 

「モーリスの2歳賞金首位がピンと来ない理由は、こういうところだと思います。表面的な数字では成功したかのように見えても、どちらかというと『質より量』で稼いだに過ぎません。

 

自身も古馬になってから本格化したように、早い時期から使った弊害かもしれませんが、今のところは期待外れのイメージがまだまだ根強いですね」(競馬記者)



0213go-rudosippu_tsura

 強力なライバルが多数いる中で、意外な健闘を見せているのはゴールドシップかもしれない。

 

 少ない出走数にもかかわらず、勝率はディープインパクトをも上回った。

 

 人気になりにくいこともあって平均着順が平均人気を上回っていることも、人気が先行しやすい他の種牡馬とは大きく異なる特徴だろう。

 

 配当的な魅力も十分あるだけに、2歳戦のゴールドシップ産駒は狙っても損はない種牡馬といえそうだ。