中年太郎の競馬ニュースまとめ

ギャンブル速報&ニュースまとめの中から競馬関連を抜粋した内容のみ投稿をしていきます!

JRA通算1500勝達成も、問われる川田将雅の“詰めの甘さ”!? 小倉2歳S(G3)モントライゼ2着で、泥沼状態を抜け出せず……

19oosaka_kawada

 6日、小倉競馬場で行われた小倉2歳S(G3)はメイケイエールが優勝した。ミッキーアイルドゥラメンテ、モーリスをおさえて、新種牡馬で初めて重賞制覇を飾った。

 

 その一方、1番人気モントライゼ(牡2歳、栗東松永幹夫厩舎)は2着に敗れた。

 

 逃げるフリードを前に置き、2番手からレースを進めたモントライゼ。直線を向いて早々に先頭に立ち、押し切りを図ろうとするも、外から追い込むメイケイエールに交わされてしまった。

 

 新馬戦はヨカヨカとアタマ差の2着。続く未勝利戦は2着馬に大差をつけての圧勝だった。初戦に接戦を演じた相手は現在3連勝中の注目馬、2戦目の圧倒的な走りから1番人気の支持を集めたが、期待に応えることができなかった。

 

 レース後、川田将雅騎手は「スムーズなレースをしてくれましたが、馬場適性の差が1、2着の差だと思います」と敗因を分析した。

 

 この日の小倉芝コースは、良馬場で開催がスタート。しかし、昼頃から降り始めた雨の影響により、7レース時点で稍重、メインレースが行われるころには「重馬場」まで馬場状態が悪化していた。台風の接近が勝負を左右したと言えるだろう。

 

 現在、120勝を挙げて全国リーディング2位の川田騎手。6日の小倉5レースをアドマイヤザーゲで制し、史上17人目、現役8人目のJRA通算1500勝を達成した。また、土日で4勝を挙げて、今回の小倉開催の勝ち星が13勝となり、小倉リーディングも獲得。それと同時に、小倉の年間リーディングにも輝いた。

 

 佐賀県出身の川田騎手にとって、地元九州でメモリアル勝利を収め、開催リーディングも獲得できたことは嬉しかったに違いないだろう。しかし、今年の小倉開催の締めくくりとなる小倉2歳Sを惜敗したことは悔しかったはずだ。

 

「モントライゼはデビューから2戦とも稍重の馬場で勝利しています。重い馬場が苦手というわけではないでしょうから、川田騎手のコメントの通りメイケイエールがそれだけ重馬場を得意としていたはずです。

 

ただ、それ以上に川田騎手の重賞での連敗が気になりますね。モントライゼもその悪い流れが敗因とも思えてしまうぐらいです」(競馬記者)



 川田騎手が最後に重賞を勝ったのは、ダノンスマッシュで制した3月のオーシャンS(G3)。現在、「25連敗」という不名誉な記録を更新中である。その間、7回も1番人気馬に騎乗しているが、期待に応えることができていない状況。“詰めの甘さ”と言われても、無理もないかもしれない。

 

 特に、今年の重賞成績は勝率8.3%、連対率16.7%で、全体成績の勝率28.2%、連対率46.8%を大きく下回っている。重賞で結果を出せていないのが、悩みの種と言えるだろう。

 

 リーディング獲得を目標に掲げている川田騎手。リーディングトップのC.ルメール騎手とは12勝差で、まだまだ逆転も可能なはず。重賞成績の向上がリーディング獲得のカギとなるだろう。

 

 今週から始まる秋競馬で、川田騎手が巻き返すことに期待したい。