中年太郎の競馬ニュースまとめ

ギャンブル速報&ニュースまとめの中から競馬関連を抜粋した内容のみ投稿をしていきます!

元JRA安藤勝己「3歳牡馬はレベルが怪しい」ワーケア凡走にルメールも「どうしてかわかりません」 コントレイル、サリオス以外は過大評価!?

19ho-pufuru_wa-kea01
6日、新潟競馬場で行われた新潟記念(G3)は、福永祐一騎手の2番人気ブラヴァスが重賞初勝利を決めてサマ―2000シリーズ王者に輝いた。

 

 その一方で、3歳馬ながら1番人気に支持されたワーケア(牡3、美浦手塚貴久厩舎)は、スローペースの好位と絶好の位置から伸び切れずに10着に凡走した。

 

 ワーケアは昨年のホープフルS(G1)では3着、今年の弥生賞ディープインパクト記念(G2)でも2着と3歳牡馬トップクラスの馬だ。日本ダービー(G1)を8着に敗れたとはいえ、3番人気の評価を受けていた馬だけに、陣営にとってもショッキングな敗戦といえるだろう。


xQ9rpXVyi4foz6t1599541206_1599541215


 コンビを組んだC.ルメール騎手も想定外の凡走に「道中はすごく良い感じでしたし、良いポジションでリラックスできました。しかし、残念ながら直線で加速できませんでした。どうしてか分かりません」とコメントするのが精一杯だった。

 

 だが、8月の札幌記念(G2)で4番人気に支持された同じ3歳馬のブラックホールが9着に敗れたことを考えれば、単純に力負けだった可能性もありそうだ。ブラックホール日本ダービーの7着馬であり、8着だったワーケアに0秒1先着している。着順的に2頭の力に大きな差はないともいえる。

 

 これには元JRA安藤勝己氏も自身の公式Twitterにて「ワーケアは悪い運びやなかったけど、ちょっと負けすぎやね。札幌記念ブラックホールと照らし合わせても、3歳牡馬は春の2強以下のレベルが怪しくなってきた」と3歳牡馬の世代レベルを疑うコメント。

 

「コントレイルがどれだけ抜けとるのか、菊花賞後の古馬牝馬との対戦、秋は馬券的に美味しいタイミングが結構ありそうや」と続け、無敗の3冠を狙う3歳最強牡馬についても古馬との力関係を気にしていた。

 

「一昨年の新潟記念をダービー5着だったブラストワンピースが制していたことも人気を集めた理由かもしれません。ですが、直線で進路を無くす不利が致命傷となった同馬は実質ダービー馬といっても過言ではありませんでした。

 

暮れの有馬記念古馬相手に優勝したブラストワンピースと、ダービーで完敗した2頭を比べるのは無理がある話かもしれませんね。

 

ですが、過去に3冠馬が誕生した年は強力なライバル馬が少ない傾向にもありますし、世代トップクラスのコントレイルやサリオスには問題ないようにも思えます」(競馬記者)



 不甲斐ない結果に終わった3歳牡馬とは逆に、ハイレベルと見られているのが3歳牝馬だ。

 

 6月の米子S(L)で古馬と初対戦となった桜花賞3着馬のスマイルカナが、見事な逃げ切りで勝利した。

 

 このレースで2着に退けたラセットが次走の中京記念(G3)で2着、3着のミッキーブリランテは中京記念で5着、関屋記念(G3)を4着と好走。2頭を破ったスマイルカナを要する3歳牝馬の世代評価も相対的に上がることとなった。

 

 3歳牡馬の”低レベル説”を払拭するためにも、神戸新聞杯(G2)から始動するコントレイル、毎日王冠(G2)に出走のサリオスとしては、改めて強さをアピールする必要がありそうだ。