JRAセントウルS(G2)今度こそ「幻」ではなく「現実」のG1馬に……アノ馬の「倍返し」に期待できる”今年”だからこその理由

17hanshin_keiba09-sam

 13日、中京競馬場ではサマースプリントシリーズ終戦セントウルS(G2)が行われる。過去10年、スプリンターズS(G1)で最多となる5勝を挙げているように、最も本番に直結する前哨戦といえるだろう。

 

 だが、今年は例年の阪神競馬場ではなく、中京競馬場で開催されることが大きな特徴だ。

 

 中京開催のセントウルSとは逆のパターンだった阪神開催の中京記念(G3)を、18頭立ての最低人気メイケイダイハードが勝利するという大波乱に終わったことも記憶に新しい。


19supuringu_kurinogaudhi-01


 そして、この開催変更の恩恵を最も受けると思われるのが、クリノガウディー(牡4、栗東・藤沢則夫厩舎)だ。振り返れば今年のクリノガウディーは苦難の連続だったといえるだろう。

 

 15番人気の大穴に過ぎなかった3月の高松宮記念(G1)では、6枠11番から和田竜二騎手が果敢に先行し、逃げ粘るモズスーパーフレアを捉えて1位入線。待望のG1初制覇を成し遂げたかに思われた。だが、直線で内側へ斜行したことが進路妨害となり、無念の4着降着。初のG1タイトルは幻となった。

 

 クリノガウディーにとっての試練はこれだけで終わらない。7月のCBC賞(G3・ハンデ)では、新馬戦1着の勝利しかないにもかかわらず、課せられたハンデは58キロとまるでG1馬の扱い。

 

 トップハンデの影響も大きかったのか、後方から伸び切れずに12着と大敗。まんまと逃げ切ったのは51キロの”最恵量”ラブカンプーだった。踏んだり蹴ったりとはまさにこのことだろう。

 

 さらに痛恨だったのは、巻き返しを図った関屋記念(G3)を最下位の18着に大敗したことだ。G1で1位入線を果たした馬が、G3で最下位でファンがトーンダウンするのも無理はない話だろう。

 

 ところが、意外にもクリノガウディー陣営に悲観の色はない。

 

 藤沢則師は「ジョッキーが喉を気にしていたから検査してもらったけど、喉鳴りではなかった。ゼーゼーいったみたいで、最後は追っていなかったですしね」とコメント。力負けではなく、あくまでレース中に異変を感じたため、無理をしなかっただけのようである。



「結果的に降着となりましたが、高松宮記念は強いレースをしていました。それだけに近走の連敗は確かに気にはなりますが、CBC賞は軽ハンデのラブカンプーが逃げ切ったように、前残りの馬場とトップハンデが響いたのでしょう。

 

最下位に敗れた関屋記念にしても、ジョッキーが喉なりを心配して無理をしなかっただけと敗因は明白です。今年のセントウルSは中京開催のため、高松宮記念と同じ中京・芝1200mですから、反撃してくれないと困るくらいです」(競馬記者)

 

「ここでだめなら、スプリンターズSなんて夢のまた夢」と、セントウルSに向けて並々ならぬ意気込みを語った藤沢則師。

 

 幻のG1馬から現実のG1馬へ……。

 

 倍返しの準備は整ったといえそうだ。