JRA武豊「鞍上問題」揺らぐ……秋華賞(G1)「相棒」はパラスアテナか、デゼルか。未だ「保留」であり続ける“第3の選択肢”とは

19yasuda_padokku_takeyutaka06

武豊騎手にとって嬉しい悩みの秋になりそうだ。

 

 12日、中山競馬場で行われた秋華賞(G1)トライアル・紫苑S(G3)は1着マルターズディオサ、2着パラスアテナ、3着 シーズンズギフトで決着。3頭には10月に京都競馬場で行われる秋華賞の優先出走権が与えられた。

 

 特に、前走のラジオNIKKEI賞(G3)で1番人気の支持を集めながらも、紫苑Sで10番人気の低評価だったパラスアテナ(牝3歳、美浦高柳瑞樹厩舎)は、武豊騎手とのコンビで2着に入り、能力を証明することができた。

 優先出走権を獲得できなければ、秋華賞出走が叶わない状況だっただけに、陣営も「ジョッキーが外枠をマイナスにせず、本当にうまく乗ってくれた」と鞍上の手腕を絶賛。武豊騎手も「大外枠でしたが、うまく流れに乗れました。力は見せてくれましたし、もっと良くなると思います」と、秋華賞へ大きな上積みを期待できそうなコメントを残している。

 だが、その一方、現状ではパラスアテナの秋華賞の鞍上が「未定」となっている。

「これには今週末のローズS(G2)が影響していると思われます。武豊騎手は有力馬デゼルに騎乗することが決まっており、こちらも注目の素質馬です。どちらも秋華賞に駒を進めた場合、2頭を天秤にかけることになります。そのため、現段階ではパラスアテナの鞍上は未定となっているのではないでしょうか」(競馬記者)

 デビュー2戦目のスイートピーS(L)を上がり32秒5の豪脚で制したデゼル。前残りが目立つ春の東京開催で、直線一気で制した内容は高く評価された。これにより、オークス(G1)では2番人気に推されるも、浅いキャリアで2400mの距離ということが響いて11着に大敗したが、休養を挟んでのローズSは仕切り直しの1戦となる。

 また、前走と前々走で手綱を取ったのがD.レーン騎手だったため、今回はデビュー戦でコンビを組んだ武豊騎手に再び騎乗依頼が舞い込んだ。期待馬だけにローズSの結果次第では、パラスアテナと甲乙つけ難い存在になるはずだ。

 しかし、これ以外にも武豊騎手が秋華賞で騎乗する馬が決まっていない「事情」があるようだ。


武豊騎手は10月4日にフランスで行われる凱旋門賞(G1)に騎乗するかもしれません。キーファーズが昨年の凱旋門賞4着馬ジャパンをクールモアと共同所有契約を結んだ際に、『凱旋門賞武豊騎手』というリクエストが盛り込まれていました。

 

すでに開催まで1カ月を切りましたが、まだ参戦の可能性は残っています。フランスは日本からの入国の場合、2週間の自主隔離が不要なため、渡仏することは十分にありえます。

 

ただ、凱旋門賞参戦となった場合、日本に帰国後に2週間の自主隔離が必要となります。そうなると、秋華賞が行われる10月18日は自主隔離の対象期間となり、レースに騎乗することができません。これも武豊騎手の秋華賞騎乗馬が決まっていない理由のひとつかもしれませんね」(別の記者)

 実際に、武豊騎手は7月にスポーツ功労者表彰式に出席した際、史上初の凱旋門賞3勝を目指すエネイブルの話題が上がったことに対して「自分は凱旋門賞でジャパンに乗る可能性があるから」と凱旋門賞の参戦へ意欲を見せていた。しかし、世界的に新型コロナウイルスの感染拡大は収まる気配はないだけに、海外遠征もそう簡単に敢行できないだろう。

 果たして、武豊騎手が秋華賞で騎乗するのはパラスアテナか、それともデゼルか。はたまたフランスで世界最高峰レースに挑戦するのか。レジェンドの動向に注目が集まる。