JRA武豊が凱旋門賞参戦で、国内レースは「鞍上問題」山積み。お手馬多数の秋華賞(G1)よりも、「死活問題」はアノ馬か……

19derby_padokku_takeyutaka04

 17日、武豊騎手が凱旋門賞(G1)にジャパン(牡4歳、愛・A.オブライエン厩舎)で参戦することが明らかになった。同馬をクールモアグループと共同所有するキーファーズが公式サイト『キーファーズサロン』で発表した。

 

 同サイトによると、オブライエン調教師は「距離延長、ロンシャン競馬場で条件は良くなり、馬の状態も先週のレース後問題なく、レースまでにしっかり仕上げたい」と意気込んでいるようだ。
 武豊騎手の凱旋門賞参戦はジャパンの出走次第という条件だったため、「使うのなら行きたい」と意欲を見せていた。正式に出走が決まったことで、レジェンドも一安心のはずだ。3年連続9回目の挑戦となる武豊騎手は、同レースに出走する日本馬ディアドラとともに注目を集めることになるだろう。

 だが、武豊騎手はフランス遠征をすることによって、帰国後に2週間の自主隔離が待っている。10月4日に凱旋門賞が行われるため、最低でも10月18日の秋華賞(G1)までは日本での騎乗が出来ないことになるのだ。

 そこで気になるのは、武豊騎手のお手馬の行方だろう。

 今週のローズS(G2)に出走するデゼルは権利獲得次第だが、先週の紫苑S(G3)で2着のパラスアテナは秋華賞に向かうことが決まっている。また、オークス武豊騎手が手綱を取ったミヤマザクラも直行で参戦予定のため、秋華賞は最大で3頭の出走馬の鞍上がポッカリと空くことになるのだ。

「リーディング上位の騎手は秋華賞の騎乗馬が決まっている状態です。川田将雅騎手はリアアメリア、松山弘平騎手はデアリングタクト、横山武史騎手はウインマリリンなど、お手馬がいます。紫苑Sで優先出走権を獲得したシーズンズギフトは参戦を表明していませんが、C.ルメール騎手はローズSでフアナに騎乗予定で、本番はどちらかに騎乗する可能性が高そうです。

ただ、福永祐一騎手はローズSでリリピュアハートに騎乗しますが、優先出走権が付与される3着以内に入れなかった場合は2度コンビを組んでいるミヤマザクラという可能性もあります。それでもパラスアテナの鞍上は確実に空いているので、騎乗馬が決まっていない騎手にとってはチャンスですね」(競馬記者)

 スプリンターズS(G1)はグランアレグリア、ダノンスマッシュ、ミスターメロディが主戦騎手の手綱に戻ることになった。これにより、騎乗が叶わなかった池添謙一騎手、三浦皇成騎手、北村友一騎手に、もしかするとビッグチャンスが訪れるかもしれない。また、同レースに出走予定のダイアトニックの鞍上も未定となっていることも見逃せない。

 そして、もうひとつ忘れてはならないレースが存在する。


inthitakeyutaka0224a
それはインティが参戦予定の南部杯(G1)だ。同レースは10月12日に行われるため、こちらも武豊騎手は参戦できない。



 武豊騎手とインティのコンビは[5-1-2-2]と抜群の相性を誇っている。また、川田騎手に乗り替わった昨年のみやこS(G3)は15着に大敗しており、武豊騎手が騎乗することが好走条件とも言えるほどだ。インティにとって、武豊騎手が騎乗できないのは死活問題とも言えるだろう。

 

 武豊騎手が日本人初の凱旋門賞勝利ジョッキーになれるか注目が集まる一方で、国内レースに大きく影響を及ぼすことになりそうだ。