JRA順調コントレイルの裏に「歴代ホースマン」の英知。「厩務員が泣いた」ディープインパクト、「単勝1.0倍裏切る」ナリタブライアンが陥った夏のワナ

19ho-pufuru_kontoreiru07
 いよいよ、史上3頭目となる無敗の三冠を目指しコントレイル(牡3歳、栗東矢作芳人厩舎)が、27日の神戸新聞杯(G2、中京・芝2200m)から始動する。

 

 ここまでG1・3勝を含むデビュー5連勝。特に、皐月賞(G1)で半馬身差の接戦を演じたサリオスを3馬身突き放した日本ダービー(G1)の走りは、陣営に「三冠」を強く意識させるものだったに違いない。



 この夏は鳥取県大山ヒルズで過ごし、今月4日に帰厩。矢作芳人調教師が「良くなり過ぎているくらい。とにかく順調に来ているよ」と言えば、1週前追い切りに跨った主戦の福永祐一騎手も「トモが春とは全然違う。いい夏を過ごせた証拠」と改めて順調さを強調。

 

 日本競馬史でシンボリルドルフディープインパクトの2頭しか達成していない偉業へ、関係者には想像を絶するプレッシャーがあったことは容易に想像できるが、極めて円滑に夏を過ごせたと言えるだろう。

 

 しかし、改めて「歴史」を紐解いてみると、これまで培われてきたホースマンたちの努力と英知が、今のコントレイルの順調さに少なからず関係していることがわかる。

 

 1994年の菊花賞(G1)を7馬身差で圧勝し、史上5頭目の三冠を達成したナリタブライアンだが、実は秋初戦の京都新聞杯(G2)では2着に敗れ、単勝1.0倍を裏切った経緯がある。

 

 当時、その最大の敗因と言われたのが日本ダービー後の「夏の過ごし方」だった。
北海道の早田牧場新冠支場で生を受けたナリタブライアンだったが、陣営が夏の拠点として選んだのは、函館・札幌競馬場の厩舎だった。避暑的な意味合いはもちろんのこと、それ以上に陣営が懸念したのが、放牧によって馬体が緩み過ぎることだ。

 

 通常、出走予定のない馬が両競馬場の馬房を借りることは不可能だったが、JRAナリタブライアンの功績を考慮し、特例を許可して実現した。



 コントレイルのような無敗ではなかったものの、後にトレードマークとなるシャドーロールを装着してからは6連勝。三冠制覇へ周囲の期待はもちろんのこと、簡単に負けていい存在ではなかったからこそ、陣営は“手元”に置くことに拘ったのだ。

 

 しかし、その采配が裏目に出る。異例の長さの在厩にナリタブライアンが大きく体調を崩したのだ。まともな調教もできないまま陣営は一時、菊花賞を断念することも考えたが、なんとか始動戦となった京都新聞杯へ。最後の直線で一度は先頭に立つも、最後はスターマンの強襲を許し、連勝は6でストップしている。

 

 実は、これと似たようなことが2005年にナリタブライアン以来の三冠馬ディープインパクトにも起こっている。

 

 圧倒的な強さで日本ダービーを快勝したディープインパクトだったが、陣営は放牧に出さずに札幌の厩舎で調整することを選択。結果的には、長期の在厩で体調を維持する困難を乗り越え、見事始動戦の神戸新聞杯を快勝したディープインパクトだったがレース後、不安から解放された市川明彦厩務員は泣いていたという。三冠に対するプレッシャーと在厩調整の難しさを物語ったエピソードだ。

 

 だが、そんな春の二冠馬ならではの事情は、2011年にディープインパクト以来の三冠を達成するオルフェーヴルの時代にガラリと一変している。

 

 陣営が夏の拠点として選んだのは、ノーザンファームしがらき。日本競馬をリードする社台グループが英知を集結させ、2010年に誕生した外厩施設だ。

 

 東西のトレセン顔負けの調教施設が完備されており、「放牧」と「調整」を同時に実現させる昔のホースマンからすれば夢のような施設。滋賀県栗東トレセンから、車で約30分という近郊であれば、陣営からすれば手元に置いているも同然だろう。

 

 また、管理する池江泰寿調教師が「北海道での放牧では、戻ってきた時に気温差で体調を崩すかもしれない」と考慮した判断も的を射ていた。結果的にオルフェーヴルは始動戦の神戸新聞杯を難なく快勝し、菊花賞でもその強さを見せつけている。

 

 そんなオルフェーヴルの偉業から約10年。コントレイルが夏を過ごしたのも当然、ノースヒルズが誇る外厩施設・大山ヒルズだ。

 

「大山(ヒルズ)の方で非常にいい夏を過ごすことができましたし、乗っていてもそれを実感できています」

 

 そう『サンスポ』の取材に答えた福永騎手。史上8頭目の三冠制覇へ、陣営にとって「夏の過ごし方」という最大のヤマ場を極めて順調に乗り越えたといっていいだろう。