JRA毎日王冠(G2)サリオスは「過剰人気」!? 重賞2勝の固め打ちC.ルメールと新コンビで、オッズは「危険水域」突入か

18yasuda_guranareguria03-sam

 4日、中山競馬場で行われたスプリンターズS(G1)はグランアレグリアが2連勝でG1・3勝目を挙げた。直線で14頭をごぼう抜きにする圧巻のパフォーマンスは、短距離界No.1を印象付けるものだった。

 

 その一方、同日の中山10R・茨城新聞杯(2勝クラス・芝1800m)はウインカーネリアン(牡3歳、美浦鹿戸雄一厩舎)が優勝。皐月賞(G1)で4着に入った実力を発揮し、今後に弾みをつける結果となった。



 逃げてレースの主導権を握ったウインカーネリアン。1000mの通過タイムが60秒7と、マイペースに落とし込むことに成功した。4コーナーでグレイテストに並びかけられるも、直線は二の脚を繰り出し、もうひと伸びを見せて押し切り勝ち。2着馬に1馬身半差の勝利だったが、着差以上に強い内容と言えるだろう。

 

 三浦皇成騎手は「ゲートの中でうるさかったのですが、調教で癖をつかんでいたので、良いタイミングでスタートを切れました。ゲートに課題がありますが、力のある馬です」と能力を評価した。


19yasuda_sariosu01


 今年の牡馬クラシック組が古馬混合戦を快勝したことで、より注目を集めるのは今週末の毎日王冠(G2)に出走するサリオスだ。

 

 皐月賞で2着、日本ダービー(G1)で2着と、サリオスがこれまで負けた相手はコントレイルのみ。“3歳牡馬No.2”が古馬の一線級相手にどんなレースを見せるか、多くのファンは楽しみにしているはずだ。

 

 今回は新コンビのC.ルメール騎手を鞍上に迎え、確勝を期していること間違いない。先週末は土日で重賞2勝を挙げた名手とのコンビ結成も、注目度を上げている要因となっている。

 

 だが、今年の牡馬クラシック組が低レベルという意見があることを忘れてはならない。

 

「実は、皐月賞日本ダービーの出走馬で古馬混合の芝レースを勝ったのはウインカーネリアンが初めてです。これまでに他の馬が5頭出走するも、いずれも人気を裏切って敗れています。

 

ウインカーネリアンがついに勝ちましたが、中山芝1800mは最も得意としている条件です。しかし、前走は札幌芝2000mで1番人気ながら5着に敗れています。皐月賞4着の実績馬なので、得意条件の2勝クラスは勝って当然。依然として、世代レベルが低い印象は拭いきれませんね」(競馬記者)

 

 皐月賞15着のラインベックがダートに転向して結果を残しているが、今年のクラシック組は芝レースで苦戦を強いられている。



●牡馬クラシック組の古馬混合戦(芝レースのみ)成績
札幌記念(G2) 9着(4番人気)
アメリカンシード 皐月賞12着
→1勝クラス 9着(1番人気)
・キメラヴェリテ 皐月賞15着
鳴尾記念(G3) 15着(6番人気)
・テンピン 皐月賞18着
→1勝クラス 12着(7番人気)、7着(4番人気)
・ワーケア 日本ダービー8着
新潟記念(G3) 10着(1番人気)
・ウインカーネリアン 皐月賞4着、日本ダービー17着
→2勝クラス 5着(1番人気)、1着(3番人気)

 

 ウインカーネリアンがようやく勝利することができたが、他馬はことごとく人気を裏切ってきていることがわかる。特に、重賞では新潟記念のワーケアに代表されるように、全く結果を残すことができていない。



「これまで古馬の壁に跳ね返されたメンバーと比較すると、サリオスの実力は頭ひとつ抜けています。しかし、ブラックホールとワーケアがあまりにも負けすぎということは気になります。

 

ダービーでサリオスとの着差はそれぞれ0秒4と0秒5でしたが、次走は勝ち馬から1秒0差、0秒7差で敗れています。単純比較できるものではありませんが、不安になる要素ですね。

 

毎日王冠でサリオスは圧倒的1番人気が予想されますが、終わってみれば過剰人気だったということがあってもおかしくないかもしれません」(別の記者)

 

 サリオスの他にも、日本ダービーで4着のサトノインプレッサ毎日王冠に出走を予定している。ここで2頭とも不甲斐ない走りをするようであれば、3歳牡馬に低レベルのレッテルが貼られることを避けられないだろう。

 

 3歳牡馬クラシック組にとって、毎日王冠は正念場の1戦となりそうだ。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.