藤田菜七子コパノキッキングとマテラスカイが激突! JRAダート強豪が集結したJBCスプリント(G1)前哨戦が熱い!!【東京盃(G2)展望】

kopanokikkingu3243

 10月7日(水)に大井競馬場で、JBCスプリント(G1)の前哨戦・東京盃(G2)が行われる。今年はJBCスプリント大井競馬場で開催されることもあり、トライアル的な意味合いが強いため、重要度は例年以上だ。

 

 毎年、JRAからもダートスプリントを主戦場とする一線級の猛者が出走しているが、今年最も注目を集めているのは、昨年の優勝コンビである藤田菜七子騎手とコパノキッキング(セ5、栗東村山明厩舎)だろう。



 昨年、東京盃制覇後は、勢いそのままJBCスプリントへ向かい、勝ち馬とクビ差2着と好走。続くカペラS(G3)ではしっかりと勝利を収め、菜七子騎手はうれしいJRA重賞初勝利をゲットした。

 

 だが今年は根岸S(G3)をO.マーフィー騎手で2着、東京スプリント競走(G3)は菜七子騎手とのコンビで5着。さらに前走の佐賀競馬場で行われたサマーチャンピオン(G3)も武豊騎手を背に3着。いずれも1番人気に支持されていたが、勝利を掴みそこねている。

 

 昨年、飛躍のきっかけとした東京盃で結果を残し、再び波に乗ることができるか。

 

 

0705materasukai_tsura

 マテラスカイ/『競馬つらつら』より

 ディフェンディング・チャンピオンの前に立ちふさがるのが、C.ルメール騎手とマテラスカイ(牡6、栗東森秀行厩舎)だ。

 

 昨年は3月のドバイゴールデンシャヒーン(G1)での2着以外は振るわなかった。だが今年はサウジアC、北海道スプリントカップ(G3)でともに2着と徐々に調子を取り戻していた。

 

 そして、前走のクラスターC(G3)では逃げ馬を見る形の2番手で進むと最後の直線で交わして優勝。これまでは逃げ一辺倒だったマテラスカイが控えて勝利したため、『戦法に幅が出た』と再評価する声も上がっていた。

 

 ここでも当然期待される存在だったが、主戦の武豊騎手が凱旋門賞(仏G1)挑戦で不在のため、ルメール騎手にスイッチ。この乗り替わりがどのような影響をもたらすのかが注目されている。

 

 ジャスティン(牡4、栗東矢作芳人厩舎)も主戦の乗り替わりで東京盃を迎える。

 

 昨年から坂井瑠星騎手とコンビを結成し、今年は東京スプリントを勝利するなど好成績を残してきた。だが、坂井騎手が斜行で10月3日から11日までの騎乗停止処分。無念の乗り替わりとなった。

 

 坂井騎手の代わりとして、今回は戸崎圭太騎手に白羽の矢が立った。戸崎騎手は大井競馬に所属していたため、今回の舞台は得意にしている。ジャスティンにはテン乗りとなるが、それを補って余りある走りを見せてくれるはずだ。



ヤマニンアンプリメ(牝6、栗東長谷川浩大厩舎)も侮ると怖い存在だ。

 

 昨年は武豊騎手を背にJBCレディスクラシック(G1)を制覇。その後はプロキオンS(G3)で3着など結果を出していたが、前走のサマーチャンピオンでは武豊騎手がコパノキッキングを選択したため、川田将雅騎手に乗り替わりとなっていた。



 コンビ結成初戦は4着に終わったものの、ここで入ったのは砂の重い最内1番枠。道中ではコパノキッキングに被されて外に出す機会を失い、終始砂の深いところを走ることになってしまい、本来の実力を発揮できなかったのも敗因のひとつだった。

 

 前走は枠に泣いただけにこの走りだけで見切るのは早計だろう。秋の大一番に向けて、巻き返しに燃えているのは間違いない。

 

 これら以外にもかきつばた記念(G3)を逃げて快勝したラプタス、昨年のJBCスプリントの勝ち馬ブルドッグボス、3着だったトロヴァオ、3連勝中のサブノジュニアなどもスタンバイ。上位進出を狙っている。

 

 今年、JBCスプリントに向けて弾みを付けるのはどの馬になるのだろうか? 発走は7日(水)20時10分を予定している。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.