JRA 6億円ホース・アドマイヤビルゴの“弟分”がデビュー前に「骨折」。近藤オーナー最後の「高額落札馬」に脚部不安は宿命か……

19ho-pufuru_kontoreiru03

 今週末から中央競馬では東京、京都、新潟の3場開催が始まる。京都開催では無敗の3冠をかけてデアリングタクトが秋華賞(G1)、コントレイルが菊花賞(G1)に挑戦。また、東京開催では天皇賞・秋(G1)はアーモンドアイが史上初の芝G1・8勝をかけて出走するなど、楽しみなレースが目白押しだ。

 

 その一方で、2歳新馬戦からも目が離せない。



 過去に10月デビューから羽ばたいた馬はキズナエピファネイアサトノクラウンレイデオロなど挙げればキリがない。2008年10月26日の京都5Rは、後のG1馬が3頭出走した「伝説の新馬戦」として語り継がれているほどだ。

 

 例に漏れず、今年も多くの注目馬が10月にデビューを予定している。その中でも、ザレストノーウェア(牡2歳、栗東友道康夫厩舎)が注目の的だった。

 

 昨年のセレクトセールにて最高額の3億6000万円で落札されたザレストノーウェア。全姉にG1・2勝のミッキークイーンを持つ良血馬だ。ディープインパクト産駒としては、2歳世代の中でもトップ級の評価を受けている存在である。


adomaiyabirugo-01


 同馬を落札したのは、アドマイヤの冠名で知られる故・近藤利一さん。17年のセレクトセールにて5億8000万円で落札したアドマイヤビルゴが今も話題となっている。同じ落札者、友道厩舎所属という点で、ザレストノーウェアはアドマイヤビルゴの“弟分”とも呼べるだろう。

 

 昨年12月に近藤オーナーが他界したため、名義は妻の近藤旬子オーナーに引き継がれた。だが、今年に入ってザレストノーウェアは大塚亮一オーナーに名義変更。そのため、馬名はアドマイヤの冠名がついていないのだ。

 

 ちなみに馬名は「Eclipsefirst, therestnowhere」が由来。英国の名馬エクリプスから生まれたことわざで、日本語に訳すと、「唯一抜きん出て、並ぶ者なし」という意味だ。馬名からも期待の高さが窺えるだろう。

 

 そんな注目を集めるザレストノーウェアは、菊花賞当日の新馬戦でデビューを予定していた。同レースは18年にワールドプレミア、08年にアンライバルドが制したレースだけに、友道厩舎にとって縁起のいいレース。前者は翌年の菊花賞を勝ち、後者は伝説の新馬戦の勝ち馬として皐月賞馬に輝いた。このことからも、ザレストノーウェアにかかる期待の大きさが伝わるはずだ。

 

 しかし、デビュー戦に向けて調整されていたザレストノーウェアは、左後肢を骨折。放牧に出されることになり、デビューは延期となってしまった。



「今回、骨折でデビューが延期になりましたが、全治3か月の見込みなので、年明けにはデビューできそうです。まだまだクラシックに間に合うはずなので、元気な姿で復帰することを願っています。

 

大塚オーナーへの名義変更も、近藤オーナーが生前から懇意にしていたということが背景にはあったようです。ワールドプレミアと同じ『大塚オーナー×友道調教師』のタッグということで、大きいところを獲る期待が高まりますね」(競馬記者)



 ただ、不安になるのが姉の骨折である。1歳上の全姉リズムオブラヴもデビュー前に骨折し、3歳5月でようやくデビューを迎え、7月の未勝利戦でなんとか勝ち上がった。また、2歳上の半姉オーロトラジェは骨折で引退している。血統的に脚部不安がありそうなのは、気になるところだ……。

 

 近藤オーナーにとって最後の高額落札馬であるザレストノーウェア。競馬界を牽引した大物オーナーの忘れ形見が無事に復帰を果たし、ターフを駆ける日を楽しみに待ちたい。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.