JRA藤田菜七子「初G1制覇」見えた!? コパノキッキング東京盃(G2)「もったいない」出遅れ3着も「仁義なき争い」便乗の布石

18sapporo_sapporoda-to

7日、大井競馬場交流重賞東京盃(G2)が行われ、1番人気ジャスティンが優勝を飾った。東京スプリント(G3)に続く重賞2勝目となり、JBCスプリント(G1)の優先出走権を獲得。本番と同じ舞台を快勝したことで、G1制覇を大きく引き寄せたと言えるだろう。

 

 その一方、昨年の勝ち馬で3番人気のコパノキッキング(セン5歳、栗東村山明厩舎)は3着に敗れた。



 ゲートを立ち上がるような形でスタートを切ったコパノキッキング。10番手の位置取りで競馬を進め、最後の直線は大外から末脚を伸ばして先行馬を交わそうとするも、届かず3着に敗れた。


19february_fujitananako06


 藤田菜七子騎手は「ゲートの中で動いてしまって、上に出るようなスタートになってしまった。それがもったいなかった」と振り返った。しかし、それに続けて「次も同じ舞台なので、いいイメージをつかむことができた」と最大目標であるJBCスプリントに向けて、手応えを感じている様子だった。

 

 昨年のJBCスプリントは果敢な先行策で、残り400mで早くも先頭に立ったコパノキッキング。そのまま押し切り勝ちに思われたが、ゴール寸前でブルドッグボスの強襲に屈し2着に敗れた。

 

 レース後、初G1制覇を逃した藤田騎手は「チャンスのある馬に乗せていただいて、勝てなかったのは悔しい。そのひと言です」と感情を露わにした。そのリベンジに燃える今年こそは、なんとしても悲願のタイトルを手に入れたいはずだ。

 

 東京盃は3着に敗れたとはいえ、コパノキッキングの上がり3ハロンは36秒1で、メンバー最速タイの2着ブルドッグボスとわずか0秒1差だった。ここ1年、先行抜け出しの競馬をしてきたコパノキッキングにとって、後方からの競馬で結果を残したことは収穫があったと言えるだろう。

 

 その理由は今年のJBCスプリントならではのものと言えそうだ。



「次走もコパノキッキングと藤田騎手のコンビ継続が決定しています。負けはしましたが、本番に向けての試走という意味ではいいレースだったと思います。

 

JBCスプリントに出走を予定している馬はジャスティン、マテラスカイ、モズスーパーフレア、セイウンコウセイと快速馬が揃っています。間違いなくハイペースになるので、先行馬にとって厳しいレース展開になることが予想されます。



そのため、東京盃を控える競馬で結果を残せたことは間違いなくプラス。初のG1タイトルに大きく前進したように感じますね」(競馬記者)

 

 ダート適性は未知数だが、セントウルS(G2)で前半3ハロンを33秒0で逃げたセイウンコウセイ、スプリンターズS(G1)でそれを上回る32秒8の速い流れを生み出したモズスーパーフレアも出走するとなれば、JBCスプリント東京盃よりも流れが激化するはず。コパノキッキングがその流れを味方につけることも十分にあり得るだろう。

 

「今日は溜めた分、伸びてくれた」

 

 東京盃はスタートで後手を踏んで3着のコパノキッキングだが、JBCスプリントを見据えた上ではむしろ好内容だったのかもしれない。

 

 藤田騎手にとって、悲願のG1制覇に大きく前進する前哨戦だったのではないだろうか。



Copyright © Business Journal All Rights Reserved.