JRA武豊「不在」の中、“全弟”厩舎からキタサンブラック全弟がデビュー。初戦から名コンビならずも、鞍上は兄弟ゆかりのアノ騎手

keiba200216

18日、京都競馬場秋華賞(G1)が開催される。史上初となる無敗の牝馬3冠がかかるデアリングタクトに多くのファンが熱い視線を送ることだろう。

 

 先週の開催から指定席限定で競馬場への観客入場が再開。抽選でプラチナチケットをゲットしたファンは現地で歴史的なレースを観戦することができるため、週末が待ち遠しいはずだ。



 そんな当日は、メインレースと同じ舞台で行われる新馬戦からも目が離せない。

 

 京都5Rの新馬戦(芝2000m)に出走予定のネクサスハート(牡2歳、栗東武幸四郎厩舎)が注目を集めることになるだろう。


17arima_kitasan04


 父ブラックタイド、母シュガーハートと聞けば、ピンと来るファンも多いはず。全兄はG1・7勝、生涯獲得賞金は歴代1位のキタサンブラックだ。偉大な兄が初めてG1を勝った京都競馬場でネクサスハートが初陣を迎える。

 

 今開催終了後に京都競馬場は改修工事に入るため、次に開催が行われるのは2023年。兄の思い出の地で幸先のいいスタートを切りたいところだ。

 

「510キロ前後の雄大な馬体はキタサンブラックを彷彿とさせますね。1週前追い切りの段階では、目立った時計を出しているわけではありませんが、陣営は『体は大きいけど、脚さばきは軽い』と話しています。2000mという距離もこなせると思いますよ。期待の良血馬なので、初戦から期待したいですね」(競馬記者)

 

 キタサンブラックといえば、武豊騎手とのコンビで一世を風靡。また、ネクサスハートと同じ「DMMドリームクラブ×武幸四郎厩舎」の全兄エブリワンブラックも、デビューから10戦すべてで同騎手が手綱を取っている。この血統はレジェンドなしに語れないと言っても、過言ではないだろう。

 

 だが、ネクサスハートのデビュー戦の鞍上は違う。武豊騎手は4日に行われた凱旋門賞(G1)に参戦するために渡仏。すでに帰国しているが現在は自主隔離期間で、今週末は騎乗することができないからだ。



18kyodou_tanabe03
そこで今回騎乗するのは田辺裕信騎手だ。



 12日に行われた南部杯(G1)をアルクトスでレコード勝ちを収めた田辺騎手。秋華賞紫苑S(G3)の勝ち馬マルターズディオサが出走するため、当日は京都競馬場での騎乗となる。勢いのある関東のエースジョッキーを鞍上に迎えられることは、ネクサスハートにとって幸運と言えるだろう。

 

 また、今年の2歳戦で武豊騎手が10勝しているのに対して、田辺騎手は11勝とこれを上回る成績を残している。さらに、ネクサスハートの半弟にあたるショウナンバッハにも騎乗経験があり、同コンビで2勝挙げていることも心強い。キタサンブラックの全弟の背中を預けるには、持って来いのジョッキーだ。

 

 武豊騎手とのコンビを楽しみにしていたファンにとっては残念かもしれないが、田辺騎手が期待の良血馬の能力を最大限に引き出してくれるはずだ。

 

 レジェンド不在の淀でデビューするネクサスハートの走りに注目したい。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.