JRA武豊を惑わす「騎乗馬問題」ジャパンC(G1)「ちょっと待ったコール」でキーファーズ参戦!? “こだわり”が織りなす「三つ巴」に発展か

19oaks_takeyutaka02

秋のG1開催が幕を明け、その初戦となったスプリンターズS(G1)は、「鞍上問題」で揺れに揺れた。

 

 1番人気のグランアレグリアが、池添謙一騎手からC.ルメール騎手へ。3番人気のダノンスマッシュも三浦皇成騎手から川田将雅騎手へと乗り替わり。さらには、福永祐一騎手が騎乗を予定していたインディチャンプの出走回避により、ミスターメロディまでもが北村友一騎手から福永騎手に乗り替わるなど、乗り馬の取り合いは熾烈を極めた。



 そんな中、今度は「鞍上問題」ならぬ「騎乗馬問題」で、激しい戦いが繰り広げられている。

 

 その中心となる人物が「武豊騎手」だ。

 

 ご存じの通り、武豊騎手といえば、競馬を知らない人でも名前は知っているというぐらい有名な人物。馬主からの人気も高く、乗ってほしい騎手としては上位に挙げられるジョッキーであろう。

 

 今回、問題になっているのは、ジャパンC(G1)における武豊騎手の騎乗馬である。


19arima_wa-rudopuremia01


 今年の春、当初は武豊騎手の古馬G1パートナーは、ワールドプレミア(牡4歳、栗東友道康夫厩舎)の予定だった。しかし、目標にしていた天皇賞・春(G1)は、ワールドプレミアの体調不良を理由に回避する事となる。

 

 そこに、騎乗依頼として舞い込んだのがキセキ(牡6歳、栗東角居勝彦厩舎)だ。天皇賞・春こそ6着に敗れたものの、武豊騎手で続戦となった次の宝塚記念(G1)では2着に好走。その後、キセキは先週の京都大賞典(G2)へと駒を進めたが、武豊騎手が凱旋門賞(G1)による渡仏から帰国したばかり。「隔離期間」により騎乗できない状況であったため、「代打」で浜中俊騎手が騎乗した。

 

 浜中騎手は『中日新聞』に連載している自身のコラムに「(凱旋門賞への騎乗から)帰国後、(武)豊さんは2週間の隔離期間が必要となり、京都大賞典に乗れなくなったため、自分がキセキの代打を務めることになりました。乗り難しい馬というイメージですが、来週の追い切りにまたがる予定ですし、いい形でバトンタッチできるよう頑張りたいです」(9月26日付)と述べている。

 

 あくまでも「代打」である事を強調しており、この言葉からは武豊騎手に再度乗り替わる事が想定される。

 

 次走は天皇賞・秋を目標にしているキセキだが、凱旋門賞を使わなかった一昨年のローテーションからは、その後ジャパンCに出走する可能性も十分だ。

 

「もし2頭がバッティングしたら、ワールドプレミアを選択する可能性が高そうですね。デビューから全てのレースでコンビを組んでいますし、そもそもキセキへの騎乗はワールドプレミアの回避により舞い込んだものですから。ワールドプレミアのオーナーである大塚亮一さんは、武豊騎手の熱烈なファンで有名です。さすがに、ジャパンCでキセキへ騎乗という事はないと思うのですが……。

 

ただ、キセキのオーナーである石川達絵氏、角居勝彦調教師のコンビでは、3番人気に支持されたカンタービレ秋華賞(G1)で新コンビとなる武豊騎手に騎乗依頼を出しています。ここぞという場面で騎乗をお願いしている印象があるだけに、難しい選択になりそうですね」(競馬記者)

 

 確かに、カンタービレが出走したG1競走では、秋華賞が最も上位人気に推されたレース。そこで、武豊騎手に騎乗を依頼しているのだから、今回もないとは言い切れない部分がある。

 

 しかし、問題はこれだけではないのだ。



ここにきて、凱旋門賞武豊騎手が騎乗できなかったジャパン(牡4歳、愛・A.オブライエン厩舎)までもがジャパンC参戦を表明。武豊騎手を巡る「三つ巴」状態となっているのである。

 

 今年、武豊騎手を背に凱旋門賞に出走を予定していたジャパン。しかし、飼料に禁止薬物であるジルパテロールが混入していることが判明し、陽性反応が出たため出走を取り消しするという憂き目に遭っている。



スポニチアネックス』によると、ジャパンをクールモアグループと共同所有するキーファーズの松島正昭氏は、ジャパンC参戦について「オブライエン調教師は武豊ジョッキーに騎乗のオファーをかけてくれています」(10月13日付)と発言している。

 

 松島氏といえば、予てから「武豊騎手で凱旋門賞を勝つ事が目標」と公言している人物だ。ワールドプレミアの大塚氏と同じく、武豊騎手への“こだわり”は人一倍強い。

 

 ジャパンC参戦を表明した外国馬は直前で出走を回避する事もしばしばあるが、松島氏の共同所有馬だけに出走の可能性も十分にありそうだ。

 

 11月29日と、約1カ月半後に開催されるジャパンC

 

 武豊騎手の「騎乗馬問題」は、まだ終わりそうにない。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.