JRA秋華賞(G1)デアリングタクトの同僚「痛恨」の抽選突破!? キャリア2度目のG1騎乗目前で”地雷”を踏んでしまった若手騎手

keiba200223_4

 結果的に、痛恨極まる騎乗停止となってしまったようだ。

 

 15日、今週末に京都競馬場で行われる秋華賞(G1)の出走メンバーが確定。デビュー戦から加藤祥太騎手が騎乗し続けているミスニューヨーク(牝3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)は、見事4/6の抽選を突破した。



 前走の紫苑S(G3)は、レース後に加藤騎手が「動きたいときに動けませんでした」と振り返る不完全燃焼。古馬を相手に完勝した2走前の松島特別(1000万下)のように、好位追走から早め進出の競馬を狙ったが3、4コーナーで周囲を囲まれてしまい、動くに動けず……。

 

 結局、最後の直線で馬群を縫うように脚を伸ばしたが、5着まで追い上げるのが精一杯だった。

 

 だが、それでも勝ったマルターズディオサからは0.3秒差。優先出走権確保の3着シーズンズギフトまで0.1秒差と紙一重だった通り、決して力負けではないはず。抽選突破の身とはいえ、本番でも楽しみな存在だ。

 

 しかし、待望の大舞台に主戦騎手の姿はない。加藤騎手が4日のポートアイランドS(L)で騎乗停止処分を受けたからだ。

 

 その結果、ミスニューヨークは長岡禎仁騎手に乗り替わり。「杉山厩舎×長岡騎手」といえば今年のフェブラリーS(G1)において最低人気のケイティブレイブで2着、今夏の小倉記念(G3)では10番人気アールスターで優勝するなど、今年ブレイクした穴コンビだ。それだけにミスニューヨークにも、穴党から熱い視線が注がれている。

 

 だが、これが約3年ぶり、キャリア2度目のG1騎乗になるはずだった加藤騎手からすれば、相棒の抽選突破は複雑な心情に違いない。

 

 無論、騎乗停止だけに本人に責任があると述べざるを得ないが、一方で「同情」の余地もあるという。



「実は加藤騎手の騎乗停止の原因となったラセットは、JRAの決裁委からも目を付けられている“常習犯”で……。過去には藤岡佑介騎手もこの馬に乗って騎乗停止になっているように、ムチを入れられて苦しくなると、どうしても大きくヨレてしまう癖があって、これまで何度も審議の対象になっています。

 

加藤騎手も今年の4月にこの馬とのコンビで戒告を受けており、癖のある馬だということは重々理解していたと思うんですが……」(競馬記者)



 

 

 ポートアイランドSの当日は、ここ3戦騎乗していた秋山真一郎騎手がスプリンターズS(G1)に騎乗するために中山へ。結果的に、その前に騎乗経験のある加藤騎手にお鉢が回ってきたわけだが、思わぬ“落とし穴”にはまってしまった格好だ。

 

「これからも乗せ続けていただくためにも、結果を出さないといけないと思っているので、期待に応えられるように頑張ります」

 

これは紫苑Sへ挑戦する直前、『netkeiba.com』の連載企画『今週のFace』に登場した加藤騎手がインタビューの最後に残した言葉だ。この記事だけを見てもミスニューヨークに対する思い入れが伝わってくるだけに、今回は本当に残念な騎乗停止となってしまった。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.