中年太郎の競馬ニュースまとめ

ギャンブル速報&ニュースまとめの中から競馬関連を抜粋した内容のみ投稿をしていきます!

JRA天皇賞・秋(G1)コントレイル三冠達成で「仁義なき戦い」勃発!? 岩田康誠「イン強襲」でアノ馬の「大金星」再現なるか

19arima_suka-rettokara-01 (1)
 先週の菊花賞(G1)は、コントレイルがクラシック三冠を達成。天下の社台グループがノースヒルズに「完全敗北」した。

 

 舞台は東京競馬場に移り11月1日、天皇賞・秋(G1)が行われるが、ここでは立場が一変。

 

 史上最多G1勝利を狙うアーモンドアイ率いる社台グループに、ノースヒルズが立ち向かう立場となる。

 

 今回は社台グループの名を懸けた、まさに「仁義なき戦い」。

 

 ノースヒルズ軍団からは、カデナ(牡6歳、栗東中竹和也厩舎)とスカーレットカラー(牝5歳、栗東高橋亮厩舎)の2頭が、この戦いに挑もうとしている。

 

19tennnoushouaki_kadena02

 

netkeiba.com』の予想オッズでは、2頭ともに人気薄。ただ、2005年の天皇賞・秋では、ノースヒルズマネジメントヘヴンリーロマンスが14番人気で勝利。

 

 2着のゼンノロブロイが馬群の中を割ってきたのに対し、最内を突いての強襲。1番人気を破る大金星だった。

 

 当時はノースヒルズからヘヴンリーロマンス1頭でのチャレンジであったが、今回は2頭での出走。中でも注目はヘヴンリーロマンスと同じ、牝馬のスカーレットカラーだ。

 

 鞍上は前走に引き続き岩田康誠騎手。ヘヴンリーロマンスを彷彿とさせるイン強襲に期待がかかる。

 

 前走クイーンS(G3)に出走したスカーレットカラーは、最内後方からの競馬。直線では前が詰まったが、最後は外へ持ち出しながら3着まで追い込んだ。

 

netkeiba.com』の『トレセン発秘話』によると、前走で馬群を割りながら猛追してきた事に対し「“普通あんなんできる!? ダビスタやん”って言われましたよ」と厩務員がレース後に言われたそうだが、確かにそれぐらいインパクトのある末脚だったといえるだろう。

 

 近走は大体470~480kg台で出走しているスカーレットカラーだが、陣営は「今は500kgくらいありますよ」と同記事で回答。それでいながら「今までにないくらい調子がいい」というから驚きだ。

 

19arima_suka-rettokara-02



ヘヴンリーロマンス天皇賞・秋を制した時が510kgと大きい馬でした。スカーレットカラーは、牝馬の大型馬でオーナーも同じ。あの時のヘヴンリーロマンスを思わせますね。

 

外枠不利と言われる東京2000m戦。先週の菊花賞では1人、インを通った岩田騎手でしたが、その借りを天皇賞・秋で返してほしいですね」(競馬記者)

 

 確かにスカーレットカラーも阪神牝馬S(G2)で2着した際が490㎏。牝馬の大型馬という意味ではヘヴンリーロマンスを連想させる。

 

 クラシックでは桜花賞(G1)8着と、勝利したアーモンドアイから0.7秒離されてゴールしたスカーレットカラー。しかし、古馬となって府中牝馬S(G2)を制するなど、ここにきてメキメキと力をつけてきた。

 

 アーモンドアイ世代の牝馬、遅れてきた最後の大物。

 

 ヘヴンリーロマンスを彷彿とさせるスカーレットカラーに、あの時の再現が期待される。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.