JRA松田国英「人を殺したわけじゃないけど……」ダートの怪物が引退に追い込まれた“不治の病”が「期待の新星」にも。定年まで4か月の名伯楽に再び試練が……

19saujiarabia_fuchuda-to01

 4日、ダートの新星・ハギノアレグリアス(牡3歳、栗東松田国英厩舎)が両前肢に屈腱炎を発症したことが明らかになった。

 

 松田調教師は「症状の面積は小さいようなので、復帰はできそう」とコメント。復帰時期は未定だが、引退という最悪の事態は避けられそうだ。

 

 3連勝で白川郷S(3勝クラス)を制し、オープン入りを決めたハギノアレグリアス。同レースで記録した1分56秒3は、中京ダート1900m(重馬場)のレコードタイムとわずか0秒4差の好時計だった。当日の馬場状態が良だったことを考えれば、それ以上のパフォーマンスとも言えるだろう。2着のキーフラッシュとは1馬身半差だったが、3着馬はさらにそこから7馬身離されたことがそれを物語っている。

 

 現在、ダートの有力馬を多く管理する松田厩舎。ダートで新境地を切り開いたG1馬・タイムフライヤー、3歳牝馬のハギノリュクスといった注目馬もいる。その中でも、ハギノアレグリアスは3歳牡馬のダート勢力図を塗り替える存在と期待されていただけに、無念の戦線離脱となった。

 

 過去に松田厩舎が輩出したダートの大物といえば、クロフネが思い出される。

 

 2001年、日本ダービー(G1)が外国産馬にも開放されることになった。それに合わせて、初年度からマル外がダービーを席巻する期待を込めて命名されたのが「クロフネ」だ。

 

 毎日杯(G3)、NHKマイルC(G1)と連勝し、迎えたダービーでは2番人気に支持される。当時、フランスに滞在していた武豊騎手がクロフネの騎乗にあわせて、帰国したことも話題となった。しかし、レースは最後の直線で伸びあぐねて5着に敗れた。

 

 秋の目標はこの年から外国産馬に2頭の出走枠が解放された天皇賞・秋(G1)に設定。しかし、この2枠にアグネスデジタルメイショウドトウが入ったことで、クロフネの出走は叶わなかった。

 

 だが、これが伝説の幕開けとなった。

 

 翌年のフェブラリーS(G1)に参戦する予定のあったクロフネは、天皇賞・秋の前日に行われる武蔵野S(G3)で初ダートに挑む。このレースで2着のイーグルカフェに9馬身差をつける圧勝。さらに勝ち時計は従来のレコードを1秒2更新する驚愕の走破タイムだった。この走りに、武豊騎手は「他の馬とは次元が違うというか、レベルが違いすぎた」とコメントを残した。

 

 衝撃のダートデビューを飾ったクロフネは、次走のジャパンカップダート(G1)でも7馬身差の勝利。こちらもレコードを1秒3更新する大激走だ。

 

 まさにダート界に敵なし状態のクロフネ有馬記念(G1)の人気投票では、陣営が出走回避を明言しているにもかかわらず、2位に選出されるほどの人気だった。

 

だが、年末に右前肢に屈腱炎を発症し、そのまま引退……。

 

 この故障について、松田調教師は「人を殺したわけじゃないけど、私の中ではそれと同じくらい、『大変なことをしてしまった』という思いが強かった」と、管理する立場としての苦しい心境を吐露した。

 

 クロフネと同じく、屈腱炎を発症したハギノアレグリアス。松田調教師に再び、“不治の病”が襲い掛かることになった。来年2月で定年となる松田調教師に、競馬の神様は最後まで試練を与えたのかもしれない。

 

 ハギノアレグリアスの早期復帰、松田調教師が有終の美を飾れることを願うばかりだ。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.