JRA藤田菜七子「同着1位」「初勝利」でビックリ。クリンチャーに先着したばかりの人気馬が衝撃の引退……

keiba200216

「オヌシナニモノだ。オヌシナニモノがゴールイン」

 

 8日、福島最終レースを制したオヌシナニモノ。一風変わった馬名が実況されるとどこかホッコリした気持ちになるファンも多いのではないだろうか。

 

 過去には2007年の若駒S(OP)をモチが優勝した際には、「モチ粘っている」という名実況も誕生した。珍馬名は競馬を楽しむ醍醐味のひとつである。

 

 そんな中、現代の珍馬名代表が引退することとなった。

 

 10日、4日付でビックリシタナモー(牡6歳、栗東音無秀孝厩舎)が競走馬登録を抹消されたことが明らかになった。

 

 オーナーは珍しい馬名をつけることで有名な小田切有一氏。モチも同オーナーの所有馬で、G1馬オレハマッテルゼを所有したことでも知られている。“俺は待ってるぜ”と“俺はまってるぜ”をかけた競馬ファンの心理を絶妙についたネーミングセンスは流石だ。

 

 通算56戦5勝のビックリシタナモーが、最初にファンをびっくりさせたのはデビュー4戦目の未勝利戦だ。

 

 これまで芝レースで11着、7着、12着と一度も掲示板にすら入っていないため、13番人気の低評価だったが、初の1200mがマッチして2着に好走。実況に「ビックリシタナモーが2着」とその名を高らかに叫ばれた。1着が1番人気だったが、馬連万馬券が飛び出し、馬名と同じく驚いたファンも多かったことだろう。

 

 その後は主戦場をダートに移し、通算10戦目にして待望の初勝利。このときは2番人気に推されていたため、それほど驚くものではなかった。


19supuringu_fujitananako05


 しかし、昇級後は1勝クラスの壁にぶつかり13連敗を喫する。この泥沼から脱却する転機となったのが藤田菜七子騎手との出会いだ。

 

 初コンビを組んだレースを大外一気で豪快に差し切り勝ち。同コンビで挑んだ昇級初戦はアタマ差の2着に惜敗したが、クラスにめどを立てる内容だった。

 

 2018年1月、コンビ3戦目は2勝クラス(中山ダート1200m)に挑む。これまで同様に末脚にかけるビックリシタナモー。大外から猛然と追い込むも、早めに抜け出したタガノヴィッターも食い下がる。結局、2頭が並んだところがゴールだった。約10分に渡る写真判定の末、「1位同着」で確定。これが藤田騎手にとって2018年の初勝利となった。

 

 昨年9月には松若風馬騎手の手綱で3勝クラスを突破し、ビックリシタナモーはオープン入りを果たす。それからは多くのメインレースに出走し、多くのファンに知られる存在となった。



そして最後にファンをビックリさせたのは、結果的にラストランとなった先月の太秦S(OP)。オープン入り後は一度も馬券に絡むことが出来ておらず、10番人気の低評価だった。だが、目の覚めるような末脚で2着を確保し、多くのファンを驚かせた。同レースで、後のみやこS(G3)勝ち馬クリンチャーに先着したのは勲章と呼べるだろう。

 

「突然の引退にびっくりしましたね。ビックリシタナモーはケガで引退というわけではないので、心配する必要はないようです。インパクトのある名前だったので、引退は寂しく感じます。今後は乗馬に転身予定とのことなので、第2の馬生も無事に過ごしてほしいですね」(競馬記者)

 

 記録よりも記憶に残る名馬となったビックリシタナモー。競馬ファンの間で語り継がれる1頭だろう。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.