JRA武豊「伏兵なりの戦い方を……」マイルCS(G1)“不人気”G1馬ラウダシオン「人気薄を狙え」炸裂で、シルクレーシングの序列大逆転か

19yasuda_sariosu01

 多頭数出しは人気薄を狙え。

 

 2018年のマイルCS(G1)は、サンデーレーシングが2番人気アエロリット、4番人気アルアイン、5番人気ステルヴィオの3頭出し。その結果、人気薄のステルヴィオが優勝した。

 

 22日、阪神競馬場で行われるマイルCSは、G1馬8頭が出走することで注目を集めている。そのうち3頭を送り込むのは、シルクレーシングだ。

 

 1番人気濃厚と見られているグランアレグリアに次ぐ2番人気が予想されるサリオス。これまで負けた相手はコントレイルのみ。阪神マイルコースは昨年の朝日杯FS(G1)を制した舞台であり、好走に期待がかかる1頭だ。また、昨年の春秋マイル王インディチャンプは、当初予定していたスプリンターズS(G1)を回避するというアクシデントがあったものの、マイル戦では安定した走りを見せるだろう。

19asahihai_raudashion



 そして、この中で最も人気薄が予想されるのが武豊騎手とのコンビで挑むラウダシオン(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。

 

 今年のNHKマイルC(G1)を9番人気の伏兵ながら優勝したラウダシオン。秋始動戦の富士S(G2)は古馬初対戦ながら2着に好走している。十分に期待できそうな戦績だが、人気を落とす要因となりそうなのが、昨年の朝日杯FSで敗れていることだろう。同じ阪神マイルコースで実績がないのは割引材料と呼べるかもしれない。

 

 だが、この結果は度外視してもいいはずだ。

 

「2歳時のラウダシオンは中団から競馬を進めるレーススタイルでした。朝日杯FSも8番手からレースを進めて、見せ場なく8着に敗れました。しかし、3歳初戦のクロッカスS(L)を逃げ切り勝ち。それからはスピード活かす先行策で、連対率100%の結果を残しています。

 

前走の富士Sはプラス16キロと馬体も成長していますし、2歳時とは全く別物と考えたほうがいいと思いますよ」(競馬記者)

 

 富士Sは2着に敗れたものの、背負った斤量は56キロ。勝ち馬である古馬と同じ斤量だったことを考えれば、大健闘と呼べるだろう。

 

 実際、これまでに富士Sで55キロ以上を背負った3歳馬は[0-2-2-22/26]で、1頭も勝っていない。56キロで2着に好走したのはラウダシオン1頭だけである。

 

 また、マイルCS阪神開催ということも追い風となりそうだ。

 

 父リアルインパクトは京都開催のマイルCSに3度出走し、いずれも馬券圏外に敗れている。その一方、阪神C(G2)は3戦2勝の好成績のため、血統的には阪神開催がプラスに働くのではないだろうか。また、現在の阪神芝コースは時計が出やすい馬場となっていることも、スピード自慢の同馬にとって歓迎だ。

 

 そして、鞍上も虎視眈々と下剋上を目論んでいる。

 

19asahihai_takeyutaka01



 18日、TCK(東京シティ競馬)主催のオンライントークショーに出演した武豊騎手はラウダシオンで挑むマイルCSについて、「メンバーはめちゃくちゃ強いですけど、チャンスはあると思っています」とコメント。また、自身のホームページの日記でも「伏兵なりの戦い方を考えています」と意気込みを語った。

 

 先週、年間100勝を達成したレジェンドが、次は今年のG1初勝利となるだろうか。

 

 豪華メンバーによって争われる今年のマイルCSシルクレーシングの人気薄ラウダシオンが波乱を起こすかもしれない。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.