中年太郎の競馬ニュースまとめ

ギャンブル速報&ニュースまとめの中から競馬関連を抜粋した内容のみ投稿をしていきます!

JRA M.デムーロ「チグハグ」騎乗連発の謎が明らかに!? 後方から敗れたサリオス、逃げて大敗レインフロムヘヴン……。「重賞19連敗」ドゥラメンテコンビは過去の栄光か

demu-royasudaperushian
「M.デムーロ騎手×堀宣行厩舎」コンビはすでに過去の神話となったのかもしれない……。

 

 23日、東京競馬場で行われた東京スポーツ杯2歳S(G3)は1番人気ダノンザキッドが優勝。昨年コントレイルを輩出した出世レースを制し、クラシック候補に名乗りを挙げた。

 

 その一方、デムーロ騎手の4番人気レインフロムヘヴン(牡2歳、美浦堀宣行厩舎)は10頭立ての8着に沈んだ。

 

 レースはレインフロムヘヴンが単騎逃げの形に持ち込み、1000m通過は60秒4。後続との差があることを考えれば、絶妙なペース配分と呼べるだろう。だが、直線では内に進路を取り、ズルズルと後退して惨敗という結果に終わった。

 

 芝2000mのデビュー戦で逃げ切り勝ちを飾ったレインフロムヘヴン。ブリンカーからチークピーシズに替えた次走の百日草特別(1勝クラス)はスタートで出遅れて、道中ポジションを上げていくも2着。陣営はゲートのステップでモタれていたことを理由に、再度ブリンカーを着用して東京スポーツ杯2歳Sに挑むも、結果を出すことができなかった。

 

19yasuda_padokku_sariosu01

 

 堀厩舎とデムーロ騎手のコンビと言えば、前日のマイルCS(G1)で2番人気に推されながらも、馬券圏外に敗れたサリオスと同じである。

 

 マイルCSで外枠に入ったサリオスはスタートで出負けして、後方を追走。大外を回して、上がり最速の末脚を繰り出すも、前残りのレース展開に涙を飲む5着となった。

 

 この内容に元JRAジョッキーの安藤勝己氏は自身のTwitterで「悔やまれるのはサリオスの位置取り。自分から進んでくタイプやないで、掛からないんやから、あの枠引いたら押してポジション取らんと」と苦言を呈した。

 

 後方から届かなかった日曜日、逃げ粘れなかった月曜日。奇しくも、正反対の競馬でデムーロ騎手は2連敗を喫することとなった。

 

「行きたがるレインフロムヘヴンをデムーロ騎手は抑えようとしていましたが、御することができなかったようです。直線は馬場の悪いところを通っていますが、着差を考えればコース取りでそこまで結果は変わらなかったと思いますよ。

 

サリオスの騎乗については厳しい意見もありますが、レインフロムヘヴンはやむを得ないところもあります。ただ、ファンにとっては2日連続で疑いたくなるような騎乗に映ったかもしれませんが……。

 

堀厩舎、ドゥラメンテ産駒、デムーロ騎手ということでレインフロムヘヴンには期待したのですが、残念な結果でした。それでも気性面が成長すれば、一変するかもしれません」(競馬記者)

 

 レース後、デムーロ騎手は「競馬に行くとテンションが上がっていました。今日はブリンカーに戻しましたが、ずっとハミを噛んで抜かずに走っていました」とコメント。やはり、レインフロムヘヴンの精神面の幼さが敗因のようだ。

 

 今回ブリンカー着用で挑んだが、その効果は馬の視界を遮ることにより、レースに集中しやすくなるというもの。ゲートで問題のあったレインフロムヘヴンがスタートを無事に切っていることからも、その効果はあったようだ。ただ、あまりにも効きすぎて、レースに集中しすぎた結果の“暴走”だったのかもしれない。

 

 かつてドゥラメンテで競馬界を席巻した「デムーロ騎手×堀厩舎」のコンビ。実は、2017年の宝塚記念(G1)をサトノクラウンで制して以来、3年以上重賞勝ちから遠ざかっている。これで重賞連敗は19に更新されてしまった。

 

 今回はサリオス、レインフロムヘヴンと2日連続で人気を裏切る結果に終わったが、次こそは久々の重賞制覇を飾ることに期待したい。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.