元JRA細江純子さん、コントレイルに「辛口ジャッジ」!? 「正直、菊花賞の方が……」ジャパンC(G1)陣営「良化強調」も、最終追い切りは……

19ho-pufuru_kontoreiru01-1
 25日、ジャパンC(G1)に出走するコントレイル(牡3歳、栗東矢作芳人厩舎)の最終追い切りが行われた。

 

 栗東・坂路コースで単走にて行い、4ハロン53秒3、ラスト12秒2をマーク。今週末に控えるドリームマッチへの最終調整を軽快な足捌きで終えた。

 

 菊花賞(G1)で史上3頭目となる無敗の3冠を達成したコントレイル。レース後は、大山ヒルズで英気を養った。放牧先を訪れた矢作調教師は状態を確認し、問題ないことから当初の予定通りジャパンCへの参戦が決定した。

 

 帰厩後、コントレイルはダノンファラオ、バスラットレオンと3頭併せで1週前追い切りを行うも、まさかの遅れをとる結果。この動きに矢作調教師は満足いかない様子だった。
19oaks_fukunaga01



 だが、最終追い切りの動きに手綱を取った福永祐一騎手は「驚くぐらい良化している」と手応えを感じ、矢作調教師も「今日の動きは素晴らしかったと思います。馬体の張りなどに少し物足りなさを感じていたが、1週間で良くなりました」とコメント。不安を払拭する内容だったと言えるだろう。

 

 一時は不安にも感じられた状態面は良化の一途をたどり、世紀の一戦へ万全の状態で出走できそうだ。

 

 しかし、これに異を唱える声もある。

 

「たしかに動き自体は良くなっていますが、最終追い切りの全体時計は新馬戦の次に遅いタイムです。強く追っていないということもありますが、激闘の菊花賞後ということも影響している可能性があるかもしれません。今年のレースの中で、最も不安がある内容とも捉えられます」(競馬記者)

 

 実際に、デビューから7戦、コントレイルが記録した最終追い切りのタイム(すべて栗東・坂路コース)は以下の通りだ。

 

新馬戦 53.7-12.0
ホープフルS 52.1-12.3
皐月賞 52.9-12.4
日本ダービー 52.6-12.4
神戸新聞杯 51.6-12.5
菊花賞 52.5-12.9
ジャパンC 53.3-12.2

 

 今回、終いのラップはしっかりと伸びているが、全体時計の比較ではもうひとつの内容かもしれない。陣営は良化を強調しているが、単純な数字の比較だけでは不安要素とも言えるだろう。

 

 また、元ジョッキーの細江純子氏も馬体について指摘している。

 

19yasuda_padokku_hosoe01
詳細については本サイトをご確認いただきたいのだが、『netkeiba.com』のコラム『プロが指南するパドック診断』でコントレイルについてこう述べている。

 

「決して悪いというわけではないのですが、正直、菊花賞の方がデキがよかったように思えます。というのも全体的な筋肉量が少し落ちているように見え、細く映ります」

 

 対象の馬体が19日に撮影されたもの。そのため、矢作調教師が馬体の張りに物足りなさを感じていたころのものであるが、やはり1週前の状態は良くなかったということは間違いなさそうだ。

 

 つまり、1週前の段階では“赤信号”とも呼べる状態面であったと考えられ、これがどこまで良化したかが鍵となりそうだ。

 

 果たして、最終追い切りで見せた動きは“青信号”なのか、それとも“黄色信号”なのか……。追い切り内容の捉え方、当日のパドックがコントレイルの取捨に大きく影響するだろう。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.