JRAジャパンC(G1)アーモンドアイも警戒する「神枠」ゲットで“あの馬”が急浮上!? 驚異の「6年連続3着以内」主戦騎手からも「今までで一番いい」

19japancup_karenbu-kedo-ru02
 29日に東京競馬場で行われるジャパンC(G1)は、8冠女王アーモンドアイと2頭の無敗三冠馬コントレイル、デアリングタクトが激突するレースとして、すでに競馬の枠を超えた注目を集めている。

 

 その一方で「3強」の一角崩しに急浮上しているのが、カレンブーケドール(牝4歳、美浦国枝栄厩舎)だ。
19oaks_tumura01



 今回がラストランとなる同厩のアーモンドアイが大きな注目を浴びているが、昨年の2着馬を忘れてはならない。昨春のスイートピーS(L)以来、1年以上勝利から遠ざかっているが、美浦の坂路で行った最終追い切りでは4ハロン51.5秒、ラスト12.4秒と躍動。主戦の津村明秀騎手は「今までで一番いい」と自信を漲らせている。

 

 この動きには『デイリースポーツ』の取材に応えた国枝栄調教師も「そりゃあ断然、今年の方がいいよ」と2着だった昨年以上の状態であることを強調。メンバーは昨年よりも強くなるが、その分、カレンブーケドールのコンディションも急上昇している。

 

 そんな中26日、ジャパンCの枠順が発表され、カレンブーケドールが昨年に続く1枠1番を引き当てたのだから、いよいよ“色気”が出てくる。

 

 というのも、近年のジャパンCには1枠~3枠までの「内枠」が圧倒的に強いという明確な傾向があるからだ。特に「1枠1番」に至っては6年連続で馬券圏内(3着以内)をキープしているというから驚きだ。

 

「毎年前週から使用されるCコースへの移行が大きな理由の一つとなっていますが、特に先行力のある馬が1枠1番に入った場合は要注意ですね。

 

2018年のアーモンドアイ(1番人気1着)や2016年のキタサンブラック(1番人気1着)ら強い馬が1枠1番に入ったこともありますが、昨年のカレンブーケドール(5番人気2着)や2017年のシュヴァルグラン(5番人気1着)、2014年のジャスタウェイ(3番人気2着)といった一枚人気が落ちる馬でも、しっかり3着以内を確保しているだけに、今年のカレンブーケドールも大きなチャンスと言えそうです」(競馬記者)

 

 過去には、2011年にジャガーメイル14番人気の低評価を覆して3着に激走。ちなみに過去10年で1枠1番ながら馬券圏外(4着以下)だったのは、いずれも8番人気以下の人気薄だった。今年のカレンブーケドールは3強に次ぐ強豪と見られており、仮に1枠1番でなかったとしても一角崩しの有力候補に挙げられていた存在だ。

 

 一方で、3強にフォーカスすると2枠2番を引き当てたアーモンドアイが、コントレイル(4枠6番)、デアリングタクト(3枠5番)より、まずは一歩リードといったところか。「2番」も昨年のワグネリアン(2番人気3着)、2017年のレイデオロ(2番人気2着)、2011年のブエナビスタ(2番人気1着)など相性のいい枠。国枝厩舎は笑いが止まらないといったところだろう。

 

 競馬には「同厩舎の2頭出しは人気薄を買え」という格言のようなものがあるが、「神枠」を手にしたカレンブーケドールが3強崩しの筆頭に立ったと言えそうだ。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.