パチンコ「時速3万発」に偽りなし!?「ハイスペックの大量出玉時代」へ突入!! 【谷村ひとしパチンコ実戦記】

s_tanimurahitoshi_0531
全面自粛解除でホールも営業に力が入ります。

 

 心配された客足もジワジワ増えはじめ、中には、自粛前よりお客さんの増えたホールもあって、つくづくパチンコの根強いファンの多さを感じてしまいます。ただし、いまいち海コーナーのお年寄りというか女性客が減ったかなぁと感じるレベルです。

 

 早くも復活戦で連勝しているドンキホーテですが、またまたオスイチ14連1万5千発を出したのは、『Pリング呪いの七日間2』です。

 

 復活第2戦の『P大工の源さん~超韋駄天』の時速3万6千発に偽りじゃないと読者の方から実戦レポートが届きました。

 

 1時間で3万5千発と、時給14万円の新台が、正真正銘ホールに登場しました!源さんがフルに1時間連チャンするのも約93%の成せる技で、不思議じゃありません。

 

 『P10カウントチャージ絶狼』は約77%の継続率なので、15分か長くても30分レベルの連チャンで1万発前後が圧倒的に多く、1時間当りっぱなしも、設置台数が10台以上のホールなら、たまに出没する印象です。

 

 2020年は長時間打てないパチンコファンのために、ハイスピードハイスペックの大量出玉時代になりました。

 

 まだまだ序の口と言える冒険スペックが控えています。

 

 2020年の目玉、“遊タイム”の普及には、まだまだ時間がかかりそうですが、可能性としてはスペックが少なくとも10種類以上出していて、どれも夢いっぱいです。

 

 ボクが復活第3戦で打った『Pリング呪いの七日間2』も“遊タイム”天井システムを看板に背負ってしまい予想した程人気が出ていない印象です。

 

 あくまでも885回転で天井に到達して、時短1214回もつくことを、お得と感じてない方も多く、逆に885回まで回さないと当たらないのではと、疑心暗鬼に陥っている方もいて、いつもの新台より客足が遠ざかってるイメージです。



何も悩む必要はありません。前作の『呪いの七日間』と同じように打てばいいと宣言しておきましょう!遊タイム狙いで、わざわざハマリ台を探したりしなくても、STタイプのリングは、ST抜け即ヤメ台に迷わず座ります。以前と同じ立ち回りです。

 

 8回出で75回転の台に座って139回転目、赤文字プルプルの電話連続予告からの“きっとくる!”の赤台詞からボタン連打で、呪いの増殖演出です。

 

“貞子終焉~蘇る恐怖~”貞子が倒れたTVの画面からはい出てくる信頼度約60%の最恐リーチで、最後ボタンでハズレたと思ったら、ひと呼吸おいて液晶がヒビ割れ貞子の手役モノが、いつもの高速で落ちて大当りです。ギャアアアア~~!!

 

 しかし、今回のリングの目玉は、台枠右の新デバイスの“貞ジョグ”に、貞子の左手がガンと落ちて、こちらの役モノのほうが過去最高の恐さです!受話器や井戸の手レベルではありません。

 

 この貞ジョグがより多く作動するようでないといけません。ボタンより貞ジョグです。ステップUPも浅川の手帳SU予告だと貞子で約50%、DANGER柄は、約86%の激アツなので、呪いのカメラやリングボタンで、金やDANGER柄出現を待ちましょう。

 

 保留はすっかりおなじみのツボです。リングの保留は透視用の紙で封印された壺から出るメッセージにも注目です。

 

 何と言っても液晶画面上の貞子の手がいきなり落ちる呪いの衝撃予告は、片手でも約30%、両手なら約68%と、まさにお座り一発のサインと言えます。当たれば100%ST74回突入です。
tanimurahitoshi_0308
 26回までは、貞子接近モードで、即当りチャンスゾーンです。27回から67回は呪いの連鎖で“みちづれ”は、キャンプファイヤーの女子高生を呪うデジャヴパニックで、“脱出”はペンションから脱出ですが、ボクは“まちぶせ”を選択しました。

 ドライブで人影を見つけて、貞子が出現したら大当りで、これが一番面白く連チャンしてくれます。
 
貞ジョグをグリグリ動かして貞子を探します。このモードはおススメです!貞ジョグを握るボクの右手に貞子の手がガン!と落ちてきます。この貞ジョグがレインボーになってるのが好調サインで、ひと目でわかります。

 STラストは泣きの7回“最後のあがき”。あきらめずに赤心電図や赤セリフで逆転手落ちを期待できて、74回は短いようでロングSTタイプより、はるかにリングに向いています。

 “遊タイム”は、ライダーがホールデビューしてからが本番なのです。