JRA素質馬ドゥラヴェルデ渾身の「木村仕上げ」で重賞制覇に邁進!? 東京スポーツ杯2歳S(G3)で“敏腕調教師”の矜持が炸裂!?

18yasuda_fuchu23_sum
 23日(月・祝)に開催される東京スポーツ杯2歳S(G3)。過去の勝ち馬に、牡馬クラシック3冠を達成したコントレイル、18年のダービー馬ワグネリアン、14年の皐月賞(G1)を勝ったイスラボニータなど、G1馬がズラリと揃う。

 

 すっかり出世レースとして定着した東京スポーツ杯2歳Sには、今年も骨のあるメンバーが集結。なかでも有力視されているのが、ドゥラメンテ産駒のドゥラヴェルデ(牡2、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 

 前走の新馬戦(新潟1800m)では北村宏司騎手を背に、2着に3馬身差を付けて快勝。中団後方からレースを運ぶと、最後の直線では上がり最速33秒1の末脚で突き抜けた。

 

 その見事な勝ちっぷりに加えて、今回は鞍上に勝利請負人ことC.ルメール騎手を配することにも成功。有力な若駒たちが揃った登竜門的な1戦でも、人気を集める1頭として見られている。そして今回の1戦を前に同馬を管理する木村師が並々ならぬ意欲を見せていると話題だ。

 

 木村師は『netkeiba.com』のコラム『ノンフィクションファイル』に登場。詳細は本記事を確認していただきたいが、ドゥラヴェルデを初めて見た印象やこれまでの成長具合を語りつつ、「他の馬たちが早々にデビューしていく中、3か月ほど厩舎に置いて管理をさせていただくなど、オーナーサイドがすべてこちらに任せてくださいました」と、全権を委任されていたことを明かしている。

 

「この発言の裏を返せば、『すべてを任せてくれないところもある』と言ってるようにも考えられますね。最近は、特にノーザンファーム系列の馬に多いのですが、自前の外厩施設でほぼほぼ馬の状態を仕上げてしまい、厩舎での調教を軽んじる傾向もあります。これは調教師にとって面白いわけはなく、木村師も同様の思いを胸に抱いていたはず。ここが腕の見せ所とばかりに、気合いを入れて仕上げてくれると思います」(競馬誌ライター)

 

 木村師が手塩にかけたドゥラヴェルデ。今回は師の調教師としての意地とプライドも背負って走ることになるようだ。

 

「木村師は以前、管理する馬のローテーションを巡り、オーナーサイドと揉めたことがあるそうです。オーナーサイドはG1へ直行を希望していたのに対して、木村師ら陣営はトライアルに出走すべきと考えていたみたいですね。結局、トライアルに使うことになったものの、オーナーサイドは出走間隔が短くなることを嫌い、本番への出走に二の脚を踏みはじめたそう。その気配を感じ取った木村師は、是が非でも負けるわけにはいかないとその馬にハードな調教を課したそうです。しかしこれが裏目に出てしまい、馬体を大きく減らすなど体調が整わなかったことも影響して敗退。本番も回避することになったそうです。

 

 このときは結果こそ出なかったものの、木村師としては『初めからすべて任せてくれたら違っていたはず』という思いがあるのは当然でしょう。ドゥラヴェルデには、木村師の調教師としての能力の高さを証明するかのようなレースを見せてもらいたいですね」(競馬記者)

 

 “木村師仕上げ”のドゥラヴェルデの走りはいかに!?

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

ミリオンゴッド凱旋、都内も撤去、一部で「強行営業」のホールも

IMG_0044-420x280
11月16日の閉店後、『ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐』を撤去する東京都内のホール。

11月16日を以て、東京都内のパチンコホールが、高射幸性パチスロ機『ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐』(※以下『凱旋』)の撤去期限を迎えた。全国的にも半数以上の地域のホールが、既に同機を撤去している。今後は残った旧規則機と6号機での営業が強いられる。

2014年の秋に登場して以降、長らくホール営業を支えた『凱旋』が姿を消す。特に『バジリスク甲賀忍法帖~絆』『アナザーゴッドハーデス‐奪われたZEUSver.‐ 』撤去後のここ1年、残存する旧規則パチスロ機の象徴的な存在が『凱旋』だった。

これまで『凱旋』21台を設置し、営業していた都内ホール店長は「稼働の地盤を支えてくれた機種。撤去が近づくにつれて、お客様から“いつまで打てるのか?”という問い合わせも多数あり、多くのパチスロファンを楽しませてくれた機種だった」と回顧。『凱旋』撤去後は、同店のパチスロコーナーの母体を支えるジャグラーシリーズを増台し、『凱旋』が設置されていたメイン動線には『マイジャグラーIV』を設置した。

『凱旋』亡き後のパチスロ営業はどうなるのか。あるコンサルタントは「『押忍!番長3』もしくは『ジャグラー系』を主力機として考えるホールが多いのでは」と予測する。

ただし同氏は、これらの機種と『凱旋』では、決定的に異なる点があると指摘する。「『番長3』や『ジャグラー系』は高設定に期待して遊技する人が多い。つまり『番長3』や『ジャグラー系』で集客を図るには、『凱旋』以上に、高設定を投入できるかがポイントとなる。強い店と弱い店、あるいは信用のある店と信用のない店での格差が今まで以上に広がりやすい」。

現行機種において稼働、売上、粗利の面において、『凱旋』に匹敵する機種は存在しない。そのため、別のコンサルタントは「『凱旋』の穴埋めは1機種では不可能だ。上述した2機種や、今年の数少ない6号機のヒット機種である『SLOTバジリスク甲賀忍法帖~絆2』あたりで、集客を死守する必要がある」と話す。

コンサルタントは、大事なポイントとして「各ホールは来店客に対し、『次はこの機種でがんばります』と意思表示を明確に示しておくこと」を挙げた。「来店客の目的意識をしっかりと作ってあげることが狙いです。つまり主力機のバトンタッチをする準備が必要」。

先述の都内ホール店長は、今後の営業方針について「『ジャグラー』シリーズ、『番長3』、『SLOT魔法少女まどか☆マギカ2』が稼働の主体となってくると思う。しかし、6号機でも『バジリスク絆2』や『モンキーターン4』など自力要素が豊富にある機種や、4号機時代を彷彿とさせる『吉宗3』も魅力ある機種だと思う。これらの機種にいかに価値を創造できるかがポイントと考えている」と話した。

来年早々には、低ベース機の登場が予定されているなど、暗い話題ばかりではない。しかし、多くのホールにとって、我慢の展開が続くパチスロ営業となりそうだ。

『凱旋』設置強行のホールも・・・

『凱旋』の撤去に関しては、もう一つ、見逃せない問題がある。撤去期限を迎えた地域において、ごく一部のホールが同機の設置を続けていることだ。実際、東京都内においても、撤去期限後も『凱旋』を外さずに営業を続けるホールが存在している。

「数少ないとは思いますが、全国的に見て、『凱旋』の営業を続けているホールが幾つかあります。怖いのは、その競合店の動向です。客が奪われるなど悪い影響が続けば、さすがに競合店も黙っていないはず。そうなると、なし崩し的に業界の秩序が崩壊する可能性があります」(ホール関係者)。

2021年1月11日には、『沖ドキ!』を筆頭に、旧規則機の幾つかが撤去期限を迎える。問題の拡大は避けたいところだ。

古結宏「回り足がいい」予選トップ通過に照準/福岡

202011190000694-w1300_0
<福岡ボート>◇2日目◇19日

古結宏(43=兵庫)が得点率で2位に付けた。2日目は1、2着。2Rでは3コースからまくり差しを決めた。

「回り足がいいし、直線もまずまず。バランスが取れている」とレース足を中心に引き出している。予選ラストの3日目は9R2枠の1走。結果を残せば、予選トップ通過も見えてくる。

大谷健太が得点率トップに「雪が降るかも」/江戸川

202011190000670-w1300_0
<江戸川ボート:ルーキーシリーズ第22戦>◇3日目◇19日

大谷健太(32=埼玉)が、5戦4勝の活躍で得点率トップに立った。

「こんな成績は初めて。雪が降るかもしれません(笑い)」と終始ご機嫌だった。相棒の48号機は複勝率が30・4%しかないが、それ以上の足に仕上げてきた。「伸びだけじゃなくて出足も悪くなかった。全体的にいいです。波は好きじゃないですけど、スタートに集中して、(準優の)内枠を目指して頑張ります」と気合十分。予選1位通過を目指して走る。

JRA武豊ジャパンC「どの馬が東京2400mでベストかな?と思ったら」アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの中から選んだのは……

19oaks_takeyutaka02

 18日、大井競馬場で開催されたサンタアニタトロフィー(S3)の開催に伴い、JRA騎手の武豊、M.デムーロ和田竜二によるトークショーが行われた。

 

 例年7月に行われている大井競馬お馴染みのイベントだが、今年はこの時期に開催。新型コロナウイルスの影響により、トークショーライブ配信で行われることとなった。

 

 3年連続で同じ3名ということもあって、今年も息の合ったトークを繰り広げる“レギュラー陣”。姉妹提携が結ばれている米サンタアニタパーク競馬場や、先月の凱旋門賞(仏G1)などが話題に挙がった中、特に注目されたのが29日に東京競馬場で開催されるジャパンC(G1)の見解だった。

 

 史上最多となる芝G1・8勝目を挙げたアーモンドアイに、無敗の三冠を成し遂げたコントレイル、デアリングタクトが挑む今年のジャパンCは、紛れもなく競馬史に残る一戦だ。すでに競馬ファンやメディアを中心に、大きな注目を集め始めている。

 

 それだけに「(アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの)3強の内、どの馬に騎乗してみたいですか?」という質問に対して、武豊騎手は「これ、結構難しくないですか? 難しいというより、影響がありすぎるんじゃないですか(笑)」と、思わずツッコミ。

 

「では、どの馬が強そうですか?」という幾分やんわりとした質問にも「みんな強い」と具体的な名前は挙がらなかった。「予想するのももったいない。あれこれ言わんでも、ただただ見たいっていうレース」というのは和田騎手の言葉だ。

 

 そんな中、「うーん……」と唸った後に、“あの馬”の名前を挙げたのが武豊騎手だった。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.
19ho-pufuru_kontoreiru05
武豊騎手は「3頭で『どの馬が東京の2400mがベストなのかな?』と思ったら、コントレイルのような気はしますけどね」と発言。今週のマイルCS(G1)でも有力視されているサリオスを3馬身ちぎった日本ダービー(G1)の印象が強く残っているようだ。

 

「今年は現地のファンの前でするトークショーと違って、ネット上でのライブ配信ということもあって、トークの内容はかなり控えめでしたね。お酒の量が足りなかったのかもしれません(笑)。

 

東京・芝2400mの持ち時計といえば、やはり一昨年のジャパンC(G1)で世界レコードを記録したアーモンドアイに一日の長がありますが、今年も春はヴィクトリアマイル(G1)、安田記念(G1)と進んだように、基本的には2000m以下がいい馬。

 

デアリングタクトもコントレイルの日本ダービーとも0.3秒しか変わらない優秀な時計でオークス(G1)を勝っていますが、武豊騎手の印象に残っているのはコントレイルの日本ダービーのようですね。その直後には『知らんけど(笑)』と、とぼけていましたが」(競馬記者)

 

 武豊騎手が挙げたコントレイルに対して、デムーロ騎手が「何回も一緒に走ったけど、ただただ強い」と言えば、和田騎手も「全然、敵う感じがしなかった」とクラシック三冠レースでの戦いを振り返っている。

 

 ただ、「ワールドプレミアもいるんで」と自身が騎乗する昨年の菊花賞馬の名を挙げることも忘れなかった武豊騎手。「乗るからには大金星を挙げたいという気持ちはありますよ」と番狂わせを誓っていた。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

JRA武豊「伏兵なりの戦い方を……」マイルCS(G1)“不人気”G1馬ラウダシオン「人気薄を狙え」炸裂で、シルクレーシングの序列大逆転か

19yasuda_sariosu01

 多頭数出しは人気薄を狙え。

 

 2018年のマイルCS(G1)は、サンデーレーシングが2番人気アエロリット、4番人気アルアイン、5番人気ステルヴィオの3頭出し。その結果、人気薄のステルヴィオが優勝した。

 

 22日、阪神競馬場で行われるマイルCSは、G1馬8頭が出走することで注目を集めている。そのうち3頭を送り込むのは、シルクレーシングだ。

 

 1番人気濃厚と見られているグランアレグリアに次ぐ2番人気が予想されるサリオス。これまで負けた相手はコントレイルのみ。阪神マイルコースは昨年の朝日杯FS(G1)を制した舞台であり、好走に期待がかかる1頭だ。また、昨年の春秋マイル王インディチャンプは、当初予定していたスプリンターズS(G1)を回避するというアクシデントがあったものの、マイル戦では安定した走りを見せるだろう。

19asahihai_raudashion



 そして、この中で最も人気薄が予想されるのが武豊騎手とのコンビで挑むラウダシオン(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。

 

 今年のNHKマイルC(G1)を9番人気の伏兵ながら優勝したラウダシオン。秋始動戦の富士S(G2)は古馬初対戦ながら2着に好走している。十分に期待できそうな戦績だが、人気を落とす要因となりそうなのが、昨年の朝日杯FSで敗れていることだろう。同じ阪神マイルコースで実績がないのは割引材料と呼べるかもしれない。

 

 だが、この結果は度外視してもいいはずだ。

 

「2歳時のラウダシオンは中団から競馬を進めるレーススタイルでした。朝日杯FSも8番手からレースを進めて、見せ場なく8着に敗れました。しかし、3歳初戦のクロッカスS(L)を逃げ切り勝ち。それからはスピード活かす先行策で、連対率100%の結果を残しています。

 

前走の富士Sはプラス16キロと馬体も成長していますし、2歳時とは全く別物と考えたほうがいいと思いますよ」(競馬記者)

 

 富士Sは2着に敗れたものの、背負った斤量は56キロ。勝ち馬である古馬と同じ斤量だったことを考えれば、大健闘と呼べるだろう。

 

 実際、これまでに富士Sで55キロ以上を背負った3歳馬は[0-2-2-22/26]で、1頭も勝っていない。56キロで2着に好走したのはラウダシオン1頭だけである。

 

 また、マイルCS阪神開催ということも追い風となりそうだ。

 

 父リアルインパクトは京都開催のマイルCSに3度出走し、いずれも馬券圏外に敗れている。その一方、阪神C(G2)は3戦2勝の好成績のため、血統的には阪神開催がプラスに働くのではないだろうか。また、現在の阪神芝コースは時計が出やすい馬場となっていることも、スピード自慢の同馬にとって歓迎だ。

 

 そして、鞍上も虎視眈々と下剋上を目論んでいる。

 

19asahihai_takeyutaka01



 18日、TCK(東京シティ競馬)主催のオンライントークショーに出演した武豊騎手はラウダシオンで挑むマイルCSについて、「メンバーはめちゃくちゃ強いですけど、チャンスはあると思っています」とコメント。また、自身のホームページの日記でも「伏兵なりの戦い方を考えています」と意気込みを語った。

 

 先週、年間100勝を達成したレジェンドが、次は今年のG1初勝利となるだろうか。

 

 豪華メンバーによって争われる今年のマイルCSシルクレーシングの人気薄ラウダシオンが波乱を起こすかもしれない。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

JRAマイルCS(G1)北村友一「私が無駄なことをせず」レシステンシア激走条件揃った…… 2歳女王の復活を裏付ける3つの理由

19oosaka_kitamurayuuichi02

 22日、阪神競馬場では秋のマイル王を決めるマイルCS(G1)が開催される。話題は8冠馬アーモンドアイ対3歳無敗3冠馬2頭の対決にジャパンCに持っていかれているが、マイルCSもG1馬8頭が揃う超豪華メンバーで争われる。

 

 エリザベス女王杯(G1)をラッキーライラックで制したC.ルメール騎手が手綱を取るグランアレグリア、昨年の春秋マイル王インディチャンプ、3歳NO.2の呼び声高いサリオスなどの強豪が出走を予定しているハイレベルの一戦だ。

 

 また、京都競馬場改修工事の関係で例年の京都ではなく、今年は阪神競馬場での開催となる。一筋縄ではいかないメンバー構成だが、このコース替わりが大きな味方になりそうなのがレシステンシア(牝3、栗東・松下武士厩舎)である。

 

 短距離志向の強いダイワメジャー産駒ということもあり、マイルを主戦場としているレシステンシア。その最大の武器はやはりスピードとその持続力だろう。昨年の阪神JF(G1)は2着馬に5馬身差でレコード勝ちと、最高のパフォーマンスを披露した。

 

 その反面、”溜め逃げ”したレースでは”バテないが切れない”という弱点も露呈している。チューリップ賞(G2)3着もNHKマイルC(G1)2着も、いずれもすぐ後ろでマークしていた馬に差されている。

 

 桜花賞(G1)はハイペースで2着に敗れたとはいえ、相手が後の無敗三冠馬デアリングタクトだっただけに相手が悪かった。これまでの好走パターンから、後続を離して逃げた方が持ち味を活かせると見た方がよさそうだ。

 

 コンビを組んだ騎手が、敗戦後に出したレース後のコメントからも敗因が見え隠れする。チューリップ賞では北村友一騎手が「直線で加速はしていますが、今日はもうひと伸びが足りませんでした」と振り返り、NHKマイルCでコンビを組んだC.ルメール騎手も「直線で加速しているのですが、勝ち馬のトップスピードが上でした」と回顧している。

 

 共通点は、”加速しているが切れ負け”してしまったということである。そして、切れがない替わりにスピードの持続力があるという武器を最大限に活かせそうなのが、阪神競馬場での開催だろう。

 

 レコード圧勝した阪神JFは前半600mを33秒7の超ハイペースで、後続を千切り捨てた。勝ちタイムの1分32秒7は、翌週に行われた朝日杯F(G1)を勝利したサリオスの1分33秒0を上回る。上がり3ハロンの時計でも、サリオスの35秒4より速い35秒2をマークした。逃げた馬に最速で上がられたら、後続に成す術がなかったのは当然である。

 

「現在の馬場状態も好材料となりそうです。奇しくもレッドベルオーブが先週のデイリー杯2歳S(G2)を、レシステンシアのレコードを0秒3更新して勝利。スピードを活かすには大歓迎となる絶好の舞台となりそうです。

 

さらに、北村友騎手に再び手綱が戻ることも強調できるでしょう。本人はリベンジする気十分だったものの、チューリップ賞を最後にコンビ解消となりました。

 

桜花賞武豊騎手に、NHKマイルCルメール騎手に乗り替わりとなったため、再びチャンスが回ってきたここは勝負度合いが強いと考えられます」(競馬記者)

 

戦前の意気込みとして北村友騎手が「私が無駄なことをせず馬のリズムで走らせてあげた方がこの馬は最後まで頑張ってくれる」とコメントしていることから、無理に押さえず、自分のレースに徹する可能性が高そうだ。

 

19satsuki_fujiokayusuke02



「メンバー的にハナを主張すると見られていますが、逃げ脚質のベステンダンクは気になります。8歳馬とはいえ、今年のマイラーズC(G2)でインディチャンプの2着に入った実力の持ち主です。

 

そして不気味なのが鞍上の藤岡佑介騎手の存在です。ビアンフェに騎乗したスプリンターズS(G1)では、暴走に近いハイペースを演出しただけに、すんなりとハナを譲ってくれるかどうかはわかりません」(別記者)

 

 一方、北村友騎手が強い決意で自分のレースを展開すれば、ハイペース歓迎のレシステンシアにとっては”吉”と出る可能性も十分にありそうだ。

 

 阪神開催、絶好の馬場、北村友騎手とのコンビ再結成。反撃の狼煙を上げるには十分な理由が揃ったといえる。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.