競馬

JRA素質馬ドゥラヴェルデ渾身の「木村仕上げ」で重賞制覇に邁進!? 東京スポーツ杯2歳S(G3)で“敏腕調教師”の矜持が炸裂!?

23日(月・祝)に開催される東京スポーツ杯2歳S(G3)。過去の勝ち馬に、牡馬クラシック3冠を達成したコントレイル、18年のダービー馬ワグネリアン、14年の皐月賞(G1)を勝ったイスラボニータなど、G1馬がズラリと揃う。 すっかり出世レースとして定着した…

JRA武豊ジャパンC「どの馬が東京2400mでベストかな?と思ったら」アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの中から選んだのは……

18日、大井競馬場で開催されたサンタアニタトロフィー(S3)の開催に伴い、JRA騎手の武豊、M.デムーロ、和田竜二によるトークショーが行われた。 例年7月に行われている大井競馬お馴染みのイベントだが、今年はこの時期に開催。新型コロナウイルスの影響によ…

JRA武豊「伏兵なりの戦い方を……」マイルCS(G1)“不人気”G1馬ラウダシオン「人気薄を狙え」炸裂で、シルクレーシングの序列大逆転か

多頭数出しは人気薄を狙え。 2018年のマイルCS(G1)は、サンデーレーシングが2番人気アエロリット、4番人気アルアイン、5番人気ステルヴィオの3頭出し。その結果、人気薄のステルヴィオが優勝した。 22日、阪神競馬場で行われるマイルCSは、G1馬8頭が出走す…

JRAマイルCS(G1)北村友一「私が無駄なことをせず」レシステンシア激走条件揃った…… 2歳女王の復活を裏付ける3つの理由

22日、阪神競馬場では秋のマイル王を決めるマイルCS(G1)が開催される。話題は8冠馬アーモンドアイ対3歳無敗3冠馬2頭の対決にジャパンCに持っていかれているが、マイルCSもG1馬8頭が揃う超豪華メンバーで争われる。 エリザベス女王杯(G1)をラッキーライラ…

JRAマイルCS(G1)サリオス2つの不安説「ダノンキングリーに酷似」&「530kgの壁」……唯一の救い阪神開催で「一刀両断」か

22日には、阪神競馬場で第37回マイルCS(G1)が開催される。人気の一角を占めそうなサリオス(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)は1年前のアノ馬と臨戦過程が酷似している。 デビューから3連勝を飾り、皐月賞(G1)で惜敗。日本ダービー(G1)でも一歩及ばず2着とい…

JRA福永祐一「ポテンシャルの高さでしょう」ご無沙汰モーリス産駒の大逆襲「マイル王」に俺はなる!? 本格化は4歳「春秋連覇」の共通点

23日、阪神競馬場で行われる秋明菊賞(1勝クラス)に、ピクシーナイト(牡2歳、栗東・音無秀孝厩舎)が出走を予定している。 鞍上は初戦に続いて福永祐一騎手。オーナーは、アーモンドアイを筆頭に今をときめくシルクレーシングだ。 福永騎手、音無調教師と…

JRAサリオス騎乗M.デムーロ「グランアレグリアだけじゃないよ!」マイルCS(G1)を現役騎手が大予想!? お世辞抜きの選択に本人も「自信があります!」

22日、阪神競馬場で行われるマイルCS(G1)に、サリオス(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)が出走を予定している。 前走まで手綱を握っていたC.ルメール騎手は、グランアレグリアに騎乗。今回は乗り替わりでM.デムーロ騎手が騎乗する。 サリオスはデビューから3連…

JRA「幻の秋華賞馬」レイパパレ、チャレンジC(G3)は危険な選択!? エイシンヒカリが沈んだ過去より、不安要素は「勝った場合」か……

17日、大原S(3勝クラス)を制したレイパパレ(牝3歳、栗東・高野友和厩舎)が12月5日のチャレンジC(G3)に向かうことが明らかになった。 デビューから無傷の3連勝で糸魚川特別(2勝クラス)を制したレイパパレ。秋華賞(G1)に登録を行ったが、4/6の抽選を…

JRA「蜜月関係」福永祐一来期クラシックも安泰!? 藤原英昭厩舎が全面バックアップ…… 所属の岩田望来には超えられない壁か

14日、阪神競馬場で行われたデイリー杯2歳S(G2)は、福永祐一騎手の1番人気レッドベルオーブが単勝1.3倍の支持に応えて優勝。2着ホウオウアマゾンとの叩き合いを制し、クビ差で凌ぎ切った。 勝ち時計の1分32秒4は2歳コースレコード。昨年の阪神JF(G1)で…

JRA「課題?福永やな」3冠ジョッキー福永祐一誕生の裏に名伯楽あり!? 「今でもマイルくらいで……」なんでも言い合える仲が成功の秘訣か

「色んな事を言い合える仲」が相乗効果を生み出しているのかもしれない。 14日、阪神競馬場で行われたデイリー杯2歳S(G2)はレッドベルオーブ(牡2歳、藤原英昭厩舎)が優勝。単勝オッズ1.3倍の1番人気に応えて、レコード勝ちを収めた。 世代トップクラスの…

レイルと2頭出しなら「3世代」オークス馬対決か…… 97年以来の実現で女の意地がぶつかり合う?

22日は阪神競馬場でG1馬8頭が激突するマイルCS(G1)が行われ、翌週の29日には東京競馬場で8冠馬アーモンドアイと無敗の3冠馬2頭という世紀のドリームマッチが実現。競馬ファンにとって手に汗握るビッグレースが続く。 史上最高レベルの呼び声高いジャパンC…

JRA武豊を背に「15冠」ベビーが御出まし! 母凱旋門賞馬×G1・10勝の「世界的良血馬」が全兄のリベンジに燃える!!

G1・6勝ブエナビスタを母に持つブエナベントゥーラ(父モーリス)、アパパネ×ディープインパクトの12冠ベビー・アカイトリノムスメなど、今年も絵に描いたような良血馬がデビューを飾り、競馬ファンからの視線を集めた。 11月も半ばになったため、そんな超良…

JRAジャパンC(G1)コントレイル3強「脱落」の危機!? 格下相手の“完敗”に矢作師「ちょっと不満」…… 暗雲漂うルドルフ、ディープ無敗3冠馬のジンクス

世紀の一戦は万全の態勢で出走できるのだろうか。 2頭の無敗3冠馬が誕生した2020年の競馬界。記録づくしとなった1年の総決算とも呼べそうなのが、29日に東京競馬場で行われるジャパンC(G1)だ。 無敗の3冠馬コントレイル、デアリングタクトの対決でさえ、注…

JRA福永祐一からの「プレゼント」!? マイルCS(G1)戸崎圭太「悔やまれます……」人気薄でも「好走必須」……2014年を彷彿とさせる状況にチャンスあり!?

22日、阪神競馬場で行われるマイルCS(G1)に、ヴァンドギャルド(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)が出走を予定している。 前走は福永祐一騎手が騎乗したヴァンドギャルドだが、マイルCSでは同騎手がインディチャンプへ騎乗。乗り替わりで騎乗を任されたのは戸…

JRAマイルCS(G1)グランアレグリアに確勝ムード!? 「史上最多」1番人気が驚異の12勝! 実質「WIN4」で難易度急落か

22日、阪神競馬場で行われるマイルCS(G1)は、春の安田記念(G1)でアーモンドアイを破ったグランアレグリア(牝4、美浦・藤沢和雄厩舎)の1番人気が濃厚と見られている。 先週のエリザベス女王杯(G1)を1番人気ラッキーライラックが制して連覇を達成。今…

JRAマイルCS(G1)北村友一「どん底」今年3度目の騎乗停止。度重なる「悲劇」も、2つの“偶然”がコンビ復活レシステンシアに強烈アシストか

不運に泣いた今年の悔しさを晴らすことができるだろうか。 22日、阪神競馬場で秋のマイル王決定戦・マイルCS(G1)が開催される。今年の安田記念(G1)、スプリンターズS(G1)の勝ち馬グランアレグリア、昨年の春秋マイル王インディチャンプ、昨年の朝日杯F…

JRAマイルCS(G1)筋骨隆々グランアレグリアに立ちはだかる「2つの壁」。スプリンターズS(G1)圧勝劇は“危険サイン”!?

22日には、阪神競馬場でマイルCS(G1)が開催される。G1馬8頭が集結した秋のマイル王決定戦の主役を担うのはグランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)で間違いないだろう。 17日現在、『netkeiba.com』の予想オッズでは1.5倍という断然人気に支持され…

JRA武豊「こんなに強い馬はいませんでした」2001年のクリスマスに溶けた夢……C.ルメールを背に「あの怪物」がついに「新天地」へ! 再び舞い落ちた白い“希望”

「あの怪物」がついに「新天地」へ――。 21日、阪神競馬場で行われるもちの木賞(1勝クラス)に、バニシングポイント(牡2歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が出走を予定している。 8月2日の新馬戦(札幌・芝2000m)は7馬身差の圧勝劇。米国産の良血馬が、後続をまっ…

JRAマイルCS(G1)サリオス「偽」マイラー疑惑が再燃!? コントレイル、アーモンドアイから逃亡説避けられず…… 姉の「裏切り」に迷走する距離適性

22日、阪神競馬場では秋のマイル王を決めるマイルCS(G1)が開催される。 アーモンドアイ参戦によりコントレイル、デアリングタクトといった無敗の3冠馬2頭との対決で、ジャパンC(G1)に話題を持っていかれ気味ではあるがこちらにも超豪華メンバーが揃って…

JRA藤沢和雄まさかの「距離誤認」疑惑!? マイルCS(G1)グランアレグリア「使うところ間違えた」来年のビッグタイトル言及の裏事情とは

22日、阪神競馬場でマイルCS(G1)が開催される。翌週に世紀の一戦となるジャパンC(G1)を控えるが、G1馬8頭が集結する今週末のビッグレースも大きな注目を集めるだろう。 その中でも、1番人気が予想されるのがグランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎…

JRA福永祐一「結果だけが100点ではありませんでした」マイルCS(G1)「今年こそは……」で20年!? インディチャンプで「初挑戦」目覚めぬ「悪夢」に思うのは……

22日、阪神競馬場で行われるマイルCS(G1)に、インディチャンプ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が出走を予定している。 鞍上は福永祐一騎手。いまやクラシック三冠ジョッキーとなり、押しも押されもせぬトップジョッキーだ。ただ、マイルCSはこれまでに2着が…

JRA武豊アドマイヤビルゴ重賞制覇カウントダウン!? 有馬記念(G1)電撃参戦の前例も…… ワールドプレミアの動向にも注目

21日、阪神競馬場で行われるアンドロメダS(L)に、アドマイヤビルゴ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が出走を予定している。 アドマイヤ軍団で一世を風靡した故・近藤利一さんが、過去の確執を水に流して武豊騎手に託した忘れ形見とも言われる期待馬だ。同馬は2…

JRAグランアレグリアはアーモンドアイ以上!? マイルCS(G1)C.ルメールに“ムード”の呪縛。「偉業達成」へ向け「17度目」の挑戦

22日、阪神競馬場で行われるマイルCS(G1)に、グランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が出走を予定している。 グランアレグリアは2歳戦開幕週のデビュー戦を単勝1.8倍の圧倒的支持に応え快勝。勝ちタイムの1.33.6は、従来の2歳新馬レコードであった…

JRAラッキーライラック「弘法筆を選ばず」で「史上初」!? 有馬記念(G1)視野で、ウオッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナ越え「大偉業」の可能性も

「弘法筆を選ばず」 本当の名人は、道具の善し悪しなど問題にしないという意味のことわざである。これは競馬界においても同様のことが言えるかもしれない。 15日、阪神競馬場で行われたエリザベス女王杯(G1)はC.ルメール騎手のラッキーライラック(牝5歳、…

JRA苦境M.デムーロに「総裁」が救いの手!? 阪神JF(G1)ユーバーレーベンでリベンジの「好機」! 結果次第で『マイネル軍団』主戦騎手の座も?

暮れに開催される2歳女王決定戦・阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)。今年は新馬戦、サフラン賞(1勝クラス)と連勝したサトノレイナス、無傷の3連勝でファンタジーS(G3)を制したメイケイエール、サウジアラビアRC(G3)2着のインフィナイト、九州産馬の星…

JRAジャパンC(G1)「史上最高」アーモンドアイ参戦もまさかの低レベル!? コントレイル、デアリングタクトでもない…… 下馬評1番人気はあの馬

22日、阪神競馬場では秋のマイル王決定戦・マイルCS(G1)が開催される。 春の安田記念(G1)で、8冠馬アーモンドアイに土をつけたグランアレグリア、無敗の3冠馬コントレイルに次ぐ3歳NO.2の評価を受けているサリオス、その他にも昨年の春秋マイル王インデ…

JRA池添謙一「意識して乗りに来た」エリザベス女王杯(G1)の裏で作戦勝ち! G1より福島記念(G3)を優先した理由とは

15日、阪神競馬場で行われたエリザベス女王杯(G1)は、C.ルメール騎手の1番人気ラッキーライラックが人気に応えて優勝。17年のデビューから4勝目となるG1の勲章を手に入れ、昨年に続く連覇を達成した。 欧州の名手C.スミヨン騎手と挑んだ1年前は、後方待機…

元JRAジョッキー・安藤勝己氏「◎ノームコア」横山典弘「奇策」へ苦言!? エリザベス女王杯(G1)「あの形で行かされると……」の言葉にファンからも賛同の声

15日、第45回エリザベス女王杯(G1)が阪神競馬場で行われ、C.ルメール騎手の騎乗したラッキーライラックが優勝。1番人気に応え、同レース連覇を達成した。 このエリザベス女王杯については、元JRAジョッキー・安藤勝己氏が自身のYouTubeチャンネル「アンカ…

JRAまたして返り討ちM.デムーロ……。マイルCS(G1)サリオスで「倍返し」チャンス到来もリベンジは困難!? C.ルメールとの「決定的な差」とは

15日、阪神競馬場で行われたエリザベス女王杯(G1)は1番人気ラッキーライラックが優勝。同レース連覇はメジロドーベル、アドマイヤグルーヴ、スノーフェアリーに次ぐ史上4頭目の快挙である。 これまで内で脚を溜める競馬で結果を残してきたラッキーライラッ…

JRA C.ルメール「距離延びてよさそう」アドマイヤザーゲ究極切れ勝負制した! 兄ロジユニヴァース以来の大物にクラシックの予感

15日、阪神競馬場で行われた黄菊賞(1勝クラス・芝2000m)は、C.ルメール騎手の2番人気アドマイヤザーゲ(牡2、栗東・友道康夫厩舎)が優勝。単勝1.4倍に支持された1番人気川田将雅騎手のクインズラベンダーはクビ差の2着と敗れた。 ただただその強さに驚く…